搭乗記 ロイヤルヨルダン航空 ベイルート⇒アンマン ミドルイースト航空ラウンジ

この日はレバノンのベイルートからヨルダンのアンマンへと飛ぶ。

レバノン市街地のホテルから空港へはホテルが手配したタクシーで。

04:50発のフライトの為、眠い目をこすりながら02:55にホテル発。往路のようにタクシーの運ちゃんの後出し的な値上げ要求をされることもなく運転手と別れて真夜中の空港へ。

ベイルートのラフィク・ハリリ国際空港はミドルイースト航空の本丸ということもあって空港内の壁一面MEA MEA MEAとミドルイースト航空のロゴだらけ。ロゴのレバノン杉がクリスマスツリーみたいでシーズン感たっぷりです。
ひだり みぎ

今回飛ぶベイルート⇒ヨルダンの飛行距離はたかだか148マイルで、東京-名古屋区間より短い超短距離フライト。MEAもデイリーで3発飛ばしているみたいですが、ワンワールド厨の自分のチョイスは勿論ロイヤルヨルダンで。

以前に香港⇔バンコクの以遠区間でお世話になったRJ。海賊船風の真っ黒い機体がワイは好き。


ガラガラのカウンターでパパっとチェックインを済ませてラウンジへ。

おっ、カタール航空ラウンジもあるやんけ!と思い乗り込むも、QRラウンジは自社便搭乗客専用。ワンワールドエメラルドの印籠が効力が発揮されず入室を拒否られる。

ミドルイースト航空 Cedar Lounge

ということでセカンドチョイスのMEAラウンジへ来たのだが、これがもう凄かった。良い意味で期待を裏切ってくれました。
ひだり みぎ
3,000㎡超で450もの座席が用意された大型ラウンジ。規模もさることながら、中東とは思えぬ垢抜けたスタイリッシュさに度肝を抜かれやした。


中央のホールのド真ん中にはレバノンの国章や国旗にもあしらわれている杉の木が。なんかもうスケール感が違います。

ひだり みぎ

そしてラウンジ内に散りばめられたこのアートコレクションの数々。バールベック遺跡での出土品とか、左官壁アートなんかとは比べものにならない考古学的価値を持った展示品が普通に置かれててビビる大木。

ひだり みぎ

ミドルイースト航空なんてお堅いイスラム圏の弱小航空会社風な名称と、ビシッと決めたスタイリッシュなラウンジとのギャップがやばい。ほんと、ミドルイースト航空のラウンジなんて、全くもって期待してなかったすからね。


お酒も勿論振舞われるし、シャンパングラスにもレバノン杉がワンポイントであしらわれてたりとセンスの良さが光ってます。禁酒なんてくそくらえ!

ひだり みぎ

ただ、ミールは朝食仕様だからかホットミールは殆ど無く、全体的にショボめ。


ホットミールはカレーと春巻だけで美味しくもなさそうだったけど、何故だかマンゴーがぷりっぷりしててめちゃくちゃ美味い。MEAラウンジのマンゴー、是非ご賞味あれ。

フライト


胃袋を満たしてからゲートへと向かうと、既にラストコールで既に皆さん搭乗を終えているのかゲートには乗客が誰もいなかった…

ひだり みぎ
と思ったら、単純にガラガラなだけだった。ビジ席は12席あって吾輩のみ、エコ席の方も数える程しか乗客がいなくて笑っちゃうのを通り越して心配になるレベル。CAさんは、完全オフシーズンな上にこの時間帯のフライトなんでこんなもんですよーってサラっと言ってましたが…

ひだり みぎ

目覚まし代わりの特濃アラビックコーヒー。メガシャキガムの1000倍効くね。カフェインの錠剤なんかも可愛く思えるくらい強烈な一杯で、眠気など一瞬で吹っ飛びました。


眠気も吹っ飛んだところで定時通りのテイクオフ。


そして離陸直後に特濃コーヒーをもう一杯。早朝5時前発の超短距離便でこれだけ食べさせてくれるロイヤルヨルダン航空に胃袋が歓喜。羽田-名古屋間より短いフライトだと聞いていたのでビールでパンを流し込むように大急ぎでガン食いします。


ところが、なかなか高度が下がらないなーと思って地図見たらイスラエル上空絶拒コースを飛んでてめっちゃ遠回りしてた。羽田から名古屋に直で飛ばずに富山・大阪をグルーっと周ってから名古屋に行くような見事な三角飛びが披露されて困惑するワイ。ドーハからベイルートに飛んだ時もサウジアラビア・バーレーン・イラク・シリアの上空の迂回コースを飛ばされたり、ほんと中東情勢複雑すぎ。


そうこうしてるうちに朝陽まで昇ってきたし。ただでさえ数えるくらいの乗客しか乗せてない大赤字フライトなのに、こんなに大回りする羽目になりRJも涙目ですわ。

結局、ベイルートを発ち2時間半後の06:20にアンマンに到着した。

アラビア語のスターバックス、イェイ!

Related posts(関連記事):

搭乗記 S7航空 A321Neo 国内線ビジネスクラス ノボシビルスク⇒ウラジオストク
怒涛のS7航空3連発、第二弾はロシア国内線区間でノボシビルスクから極東ウラジオストクへ。 TAS-OVB S7 3298 16:20-21:10(2.5h、1,128mile) OVB-VVO S7 3279 23:10-0750(5.4h、2,316mile)☚いまココ VVO-NRT S7 565 13:25-14:40 (2.15h、685mile) こうして改めてみてみると、ウラジ...
上海虹橋ー広州 南方航空777-300ER ビジネスクラス 搭乗記2
さーて、この日もいつもの上海虹橋から広州への移動。この路線は春秋航空・中国東方航空・上海航空・海南航空・中国国際航空・吉祥航空も飛ばす基幹路線だけど、我が選択は毎度毎度の中国南方航空。そろそろ南方航空ネタも飽きられる頃だとは思うが、南方航空ゴールド(スターアライアンスエリートプラス)取得まで暫しお付き合い頂ければ。 車で空港にアプローチしている最中、中国南方航空人民日報特別塗装機がテイク...
CZ374 中国南方航空A321 ビジネスクラス ホーチミンシティ―広州
帰りももちろん南方航空。南方航空では珍しい直前のシップチェンジで、機材は往路のB737-800ではなくA321になりましたと。関西⇔広州や名古屋⇔広州でも飛んでるやつだ。まぁ同じナローボディー機で大差はないだろうが、念のために南方航空の公式サイトで拾った情報で両機材の比較をしてこう。 航空機型式: B737-800 現在の保有機数 53 予定保有機数 48 ...
搭乗記 シンガポール航空 SQ001 B777-300ERファーストクラス 香港⇒シンガポール
黄金週間を迎えてひっそりと出国、ユーラシア大陸最西端へ。 今回のテーマは美味いや美味いやウマイヤ朝ということで、かつてウマイヤ王朝の勢力下にあったイベリア半島と北アフリカで美味いものを食い倒してきます。 先ずは香港からSIN-DXB-IST-BCNと小刻みにフライトを乗り継ぎポルトガルへ。 本日一発目のフライトは香港発のSQ1便。 初めてのSQファーストクラスを前に、空港に...