羽田-香港 JALプレミアムエコノミー搭乗記 JL029

この日の香港への移動は久しぶりのJALプレミアムエコノミー。

なんか最近やたらとプレエコ推しなのか、すっごい頻繁にプレエコセールが開催されているんだわ。東南アジア方面への短期滞在ならダイナミックパッケージのC席を買った方が絶対にお得だと思うけど。


2017年1月現在も8種類のセールが絶賛開催中。(JAL公式ページ参照)
[table id=93 /]

JALのプレエコシートはJAL SKY PREMIUMとJAL SKY SHELL SEATの二種類で、今回はスカイシェルシートの世話になることに。

スカイシェルはB777-200ER型機のうちスカイスイート仕様への改修が済んでいない旧機材のみで見られる絶滅危惧種。今や香港便での運用も無くなり、成田⇔ホノルル・中部⇔ホノルル線のみ(2017年2月現在)となってしまっているようだ。

プレミアムと自称するだけあってシートはエコクラスよりちょっとマシだし、ハード面以外でも種々のメリットがある。
・プレエコ専用チェックインカウンターの利用
[table id=94 /]
・空港ラウンジの利用
・プライオリティバッゲージサービス
当日アップグレードサービスによるプレエコ利用者は上記サービス対象外。
*JAL公式ページ参照。
どれもこれもJGC以上の方には無用。


さて、この日は元大学ラガーマンの体育会系な出張同行者と合流し、タッグを組んでFラウンジへと向かう。前泊したJALシティホテル羽田で朝食を摂らなかったし、今日は機内食がエコ飯だったので、二人で朝から一緒にラウンジで全力投球。体育会系のノリで冷製パンプキンスープを水が如くがぶ飲みさせてもらう。


胃袋がはち切れる限界まで腹を膨らませてから整形前のB777-200ERが待つ搭乗ゲートへと向かう。

おぉー、機内に乗り込んでみると、プレエコ利用者の少ないこと少ないこと。まぁそうだよな。短距離路線ならエコでも十分だもん。
ひだり みぎ

ただ、シェル型シートなので後ろの人を気にせずに席を倒せるのは大きな魅力だし、エコのシートピッチ約79cmに対してプレエコは約97cmと若干広く、フットレストだけでなくレッグレストも設置されている点などもプレエコ座席のメリットと言えるだろう。

ひだり みぎ
シート以外にも、ヘッドフォンがノイズキャンセリング式だったり、機内食にドライ納豆やシャンパン等が出されたり、長距離路線だとカップ麺などの間食サービスが提供されるところにエコとの違いが見て取れる。

ただ、乞食お待ちかねの機内食はエコとの差別化無しで、釧路ザンギの玉子そぼろ丼・ほうれん草とひじきの胡麻和え・フレッシュサラダ・ハーゲンダッツという普通のラインナップ。

後は、エコノミークラスに先駆けて機内食サービスが展開されるので、機内食を選びっぱぐれる恐れはないし、食後のトイレの順番取りに有利といった小さなメリットがある。

優先チェックイン・ラウンジ利用・プライオリティバゲージサービスなんかはJGC以上だと全くもって有難味の無いサービスなので、やっぱりプレエコの価値は低いと判断せざるを得ない。長距離路線での当日有償アップグレードくらいでしか使い道はないかな。

Related posts(関連記事):

久しぶりのジャンボのアッパー B747-400(B74K)CX543 羽田ー香港
本日はいつものCX羽田便のいつものB747-400(B74K)でいつもの通り香港へ移動する。今年はこの便で10往復以上しているが全くもってインボラが発生していないので、この日も全くもって期待せずにチェックインカウンターへと向かう。インボラに対する夢も希望も捨て、無心、無欲、完全なる無の境地。ビジネスクラスへの一切の妄念・欲望・煩悩から解脱された悟りの精神でチェックインに臨む…すると、「本日、満席と...
ファーストキャビン羽田ターミナル1 宿泊記
プレエコにインボラ頂いたJL026便で香港から羽田に到着、翌朝08:05羽田発名古屋行きのJL201に備えて羽田空港内のファーストキャビンで一夜を過ごすことに。 ファーストキャビンは飛行機のファーストクラスをイメージしたカプセルホテル。成田と違って羽田は空港内外に宿泊オプションが多数あるのでどこに泊まるか悩んだが、ここはネタの為にファーストキャビンを試してみることにした。 飛行機のキャ...
羽田のキャセイラウンジデビュー
今日はいつものCX543にて香港へと移動。12月9日にキャセイの新ラウンジが羽田にオープンしたので早めに空港入りしたかったが、昨晩の深酒が祟りまさかの二度寝三度寝そして四度寝…荷造りは昨日の内に済ませておいていたので、身支度だけして急ぎバスにて空港へ向かう。到着後チェックインカウンターへ直行すると、「オーバーブッキング故にゲートにてアップグレードの可能性有り。ビジネスの場合は通路側でなくても問題な...
JAL-中国東方航空 路線限定ボーナスマイルキャンペーン
はい、今日も誰得情報配信のお時間がやって参りました。本日のお題はみんな大好き中国東方航空(!?)のボーナスマイルキャンペーンであります。東方航空はスカイチーム所属だけど、地味にJALとも提携してて、東方航空便でもJALマイルが貯まるんです。 積算率: 因みに…西安へはJALマイルの特典航空券で飛べたりもします。東京から西安往復「中国悠久の歴史に思いを馳せる旅」で21,000マイル。快適...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。