青の都ことサマルカンドの象徴 レギスタン広場

サンクトペテルブルク⇒モスクワ⇒ビシュケク⇒アルマトイ⇒タシュケント⇒ブハラと巡り、ようやく辿り着いた今回の旅行の最終目的地・サマルカンド。

サマルカンドの宿で荷を下ろしてちょこっと買い出しの為に外の通りに出たら、いきなりこんな幻想的な建物が目の前に出現。パネっすサマルカンド。


これがサマルカンド、いや、ウズベキスタン、いや、中央アジアの代名詞的存在であるレギスタン広場。中央アジア随一の大都市サマルカンドの政治・経済・文化の中心であり、シルクロードを行き交う東西の交易商人により常に活気に満ち溢れていたそうだ。

水を買ってホテルに帰る際にはライトアップが消えていたので、翌朝、リベンジ。

やばす。夜の幻想的なのもいいけれど、昼のエキゾチックな姿も様になる。

古来からシルクロードの要衝として栄えながら、13世紀になりモンゴル軍の襲来によって廃墟と化したサマルカンド。この地を甦えらせたのが、一代で大帝国を築き上げたウズベキスタンの国民的大英雄ティムールおじさんである。サマルカンドを首都に定めたティムールは世界一の都市建設を目指して遠征先から芸術家や技術者を連れ帰り、町の建設に携わらせた。結果、東の中国の陶磁器と西のペルシャの顔料がサマルカンドの地で融合、サマルカンドブルーと呼ばれる鮮やかな青色タイルを多用して築かれた“青の都サマルカンド”が生まれたそうな。

ちょこっとだけ近づいてみると、3つの異なるメドレセ(イスラム神学校)がコの字形に並んでいるのが分かる。

向かって左側にウルグベク・メドレセ、右側にシェルドル・メドレセ、中央にティリャーコリー・メドレセが並んでいるが、これらは同時期に造られたわけではないようだ。

ウルグベク・メドレセ

はじめに、1420年にティムールの孫で、ティムール朝第四代君主となったウルグベクがウルグベク・メドレセを造営。

ウルグベクが一線級の天文学者としても活躍していたからか、星を連想させる模様で彩られていて上品な門構えとなっている。


ひだり みぎ
中には寮の部屋なのか教室なのか、多くの小部屋が設けられた建物があるのだが…それぞれ装飾が凄すぎて圧倒される。

ターコイズブルーと複雑な幾何学模様が織りなす壮麗なモザイク壁画はただただ圧巻。一個一個の建物のユニークなデザインで彩られているし、細部までしっかりと作りこまれてる。

設計通りに作る現場の技術力もそうだけど、こんなとてつもない幾何学模様の集合体を考え付く創造性に寧ろ驚かされるわ。一カ所一カ所をズームインしても見事だし、ズームアウトして全体として見ても調和がとれているし。宗教性云々は別にして、アートとして純粋に美しくて惹き込まれてしまう。


中には当時の学内の様子を表現した絵画なんかも展示されたりと、簡単な資料館機能も備えています。

続いて、残り二つのメドレセも見ていきましょう。
ティラカリ・メドレセとシェルドル・メドレセは17世紀のシャイバーン朝時代に造られたとの記録が残るらしい。サマルカンド=ティムール朝時代の古都と考えていたけど、意外とそうでもないんすね。

ティラカリ・メドレセ


ティラカリ・メドレセもやばい。


何がやばいって、外のモザイクタイルの精緻な模様だけでなく、中にある礼拝堂にあるの中の装飾がやばいんす。


星や植物、解読不明なアラビア文字などをモチーフとした幾何学模様でびっしりと彩られた礼拝堂内部。メドレセ名にあるティラカリとは「金箔を貼られた」という意味らしく、その名の通り、サマルカンドブルーとゴールドが織りなすまばゆい光の世界が特徴となっている。ほんと、アートとしての完成度が高すぎる。


5kgもの金箔を使って建造された“金箔を貼られた”メドレセではあるが、単に金箔で覆い尽くすだけではなく、装飾で芸術性を高めているのが素晴らしい。中国とかだと金を塗りたくって終わりでしょうから。


これ、一見するとドーム屋根のようではあるけれど実は平面になっていて、遠近法を使って丸く見えるようにしているのだと。ずっと見ていると吸い込まれるような感覚になります。

シェルドル・メドレセ


最後にシェルドル・メドレセへ。


ここは門構えの装飾が特徴的で、偶像崇拝を禁ずるイスラム教ではタブーな動物と人間の顔が最上部に描かれている。


支配者が自分の権力を誇示する目的で描かせたと言われているのだが…正面に描かれた人の顔を載せたライオンは威厳があるというかはどこかコミカルなタッチ。ブハラにもシャイバーニー朝の大臣が建てたメドレセに人の顔が描かれてたけど、シャイバーニー朝はイスラムのタブー破りによる集団だったのだろうか。


ちな、ブハラのメドレセに描かれたおっさんはこちら。やっぱりこちらも東洋人でムハンマドという訳でもなさそうだけど、誰なんだろう。


中は他のメドレセと同じ趣きで、中庭とそれを囲む個室で成り立っている。

ひだり みぎ

青だけでなく緑も多用されていて、他のメドレセと比べれば若干カラフルな印象かな。強いて違いを挙げるとすれば。


ひだり みぎ
ドーム屋根も尖塔も装飾びっしりで、ただただ圧巻。

良い目の保養になりましたわ。見応えという点ではやっぱりサマルカンドは中央アジアで一番っす。

【レギスタン広場】

所在地:Registon ko’chasi, Samarqand
電話:+998 66 235 38 26



Booking.com

Related posts(関連記事):

ブハラ2日目 王の宮殿と死者の都
ブハラでは初日から思いっきり飛ばして旧市街地の見所を全制覇。 そして2日目。この日は町の郊外にある“ブハラ王の夏の離宮”ことスィトライ・マヒ・ホサ宮殿と“死者の都”ことチョルバクルという観光地を周ってからサマルカンドへと向かうことに。 ローカルバスを乗り継いでも行けるみたいだけど、観光に充てられる時間を最大化したかったので、そこらへんに屯していた野生のウズベク爺さん数人と交渉。...
宿泊記 ブハラでのお勧め宿 Kukaldosh Boutique Hotel
ブハラでの宿はbooking.comで予約したKukaldosh Boutique Hotel(クカルドシュブティックホテル)という個人経営の宿に泊まることに。 元々はキャラバンホテルという宿の予約を取ってたんですけど、ブハラへの移動数日前にオーバーブッキングになり泊めれないので他の宿をあたってくれと一方的な通告を受けまして。自社サイトからコミッションを払わずに済む予約が入ったからbooki...
ブハラから高速鉄道アフラシャブ号でサマルカンドへ
本日は、ウズベキスタンが誇る高速鉄道アフラシャブ号でブハラからサマルカンドへと移動する。 ブハラの鉄道駅は旧市街地から離れているのでタクシーで移動。 ちな、ブハラからどれくらい離れてるって、ブハラ駅と言いつつ実際はカガンと言う別の町にあるくらい離れてる。 観光地が密集する所謂“ブハラ”の町は旧市街地。一方、鉄道駅や空港は旧ソ連時代に新ブハラとして築かれたカガンという町に位置すると...
サマルカンドの見所を一日で周ってみる
東西文化が混ざり合うシルクロードの十字路・サマルカンドにやってきた。 これがまた、地図で見た感じよりも実際は遥かに大きな都市で… ブハラと比べると町の規模が大きく、見所も広範に散らばっているようだが、果たして僅か1日で町の見所を全て見て回れるのか。老体に鞭打ち朝から晩までぶっ通しで頑張って歩き倒してきました。 やっぱりサマルカンドといえばレギスタン広場。ということでレギスタン広場から...