タイ国際航空 B777-300(77R) ビジネスクラス搭乗記 バンコク⇒香港

この日はタイ国際航空便にてバンコクから香港へと移動。エバー航空のギランギランしたクラブみたいなラウンジを満喫し倒してから出発ゲートへと向かう。


ゲートの案内を見て気付いたのだが、今回乗るTG628便は香港を経由して韓国まで行くらしい。香港以遠にも飛ぶとは知らなかったんで、間違ってソウル行きの便を取ってしまったかと一瞬焦ったわ。確かにバンコク⇒香港便にしては韓国人の割合が多いっちゃ多い。というか大半が韓国人。ビジネスマンだけではなく旅行者とみられるラフな格好をした韓国人の若者も結構いるが、タイのTシャツとかに何気なく描かれた旭日旗風の柄を見て韓国人排除政策だ!!とヒステリックに騒ぎたてるような輩がいなくて助かった。

ひだり みぎ
搭乗はゲートからバスで。沖止め機材への搭乗は間近で飛行機を拝めて良い面もあるけれど、くっそ暑かったり雨降ったりする日はほんと勘弁して頂きたい。優先搭乗をビジネスクラスの特典として謳っている以上、せめてホームのバンコクから出発する時くらいはビジネスクラス専用のバスを出してくれないものかね。優先搭乗ってバスへの優先搭乗のことを指してる訳じゃないんだろうから。


ひだり みぎ
機内に乗り込んでみると、中距離フライト用B777-300のがっかりシートが待っていた。座席も草臥れてるし、配列も2-3-2でシート幅はプレエコ並み。これでもまぁ空いてて隣席がいなければ全然オーケーなんですけどね。この日は韓国行きということもあってかコリアンビジネスマンと白人様でド満席ときた。

ひだり みぎ
足元のスペースは広々し過ぎというくらい広々してるけど。こんなに離れてちゃ逆にシートポケットに手が届かなくて不便じゃないか?ダルシムみたいに手が自由自在に伸びれば良いんだろうけど。



ワシの窓側席は広すぎず狭すぎず、ちょうど良い感じに足元スペースにゆとりがある。

ひだり みぎ
ただ、ちょうどシート横には窓が無いので、窓の外の景色を見る為にはちょっと前に身を乗り出す必要が。B773の16列目の窓側席、要注意です。

ひだり みぎ
紫の世界。色使いは好きなんですけどね。やっぱり数世代前の機材となると座席の快適性という面ではちょっと…

ひだり みぎ
ド満席の為に客室乗務員さんの対応にも余裕がなく…慌ただしくサーブされたヴーヴ・クリコをパパパッと飲み干して間もなく離陸。

食事も凄く慌ただしかった。パパパッと配膳されて、じっくりと味わう間もなくパパパッと食べパパパッと回収されていった。

メインはまたしても失敗。ラウンジでカレーを食べたのでタイカレーの選択肢を避けてしまったのだが、やっぱりTG利用時は大人しくタイ料理を選ぶのが唯一の正解だな。


デザートは竜眼入りのカラフル寒天。こいつはツルっと食べれて美味かった。


なんかあまり印象に残らないフライトだったな。とりあえずTGのB773(77R)はハズレ機材ということで。

やっぱり香港⇔バンコクの移動はエミレーツがナンバーワンっすわ。


Related posts(関連記事):

JAL 名古屋-バンコク線 ダブルFLY ON ポイントキャンペーンで行くタイ旅行
今年はJALのダイヤモンドステータスを獲得するとネットで公言してしまった為、JALのFOPキャンペーの収集に必死なポンズです。 JALの公式サイトに拠ると様々なキャンペーンが行われているようだが、その中で小生が利用できそうなのは標記にある「名古屋(中部)-バンコク線 おかげさまで就航1周年記念 ビジネスクラス ダブルFLY ON ポイントキャンペーン(JAL公式ページに飛びます)」か。ついこ...
国宝級のお宝が眠る!?ジムトンプソンの家
ジムトンプソンは、その余りにも普通すぎる名前(日本で言えば田中一郎さんクラス?)とは裏腹に、タイシルクを世界に広めたことで『シルク王』とも称される超有名な故人です。多分聞いたこともある方も多いかと思いますが、タイシルクの高級ブランド“ジムトンプソン”(何のひねりも無い名前ですね)の創業者です。トンプソンさんは第2次世界大戦の終了間際に、アメリカCIAの前身であるOSSと呼ばれる機関のバンコク支局長...
ワット・チェディ・チェットテーオ
シー・サッチャナーライの遺跡は城壁内外の広範囲に点在しているので全ての遺跡を見て回るにはトゥクトゥクやバイクが必要となってくるが、城壁内は遺跡が集中してるのでギリギリ歩いても周れそうな規模感である。 一応20バーツで園内バスに乗って楽することもできるけど、遺跡内の雰囲気を楽しむ為に自分の足で歩いて見て回ることに。 幹が太く背の高い大木が遺跡感を醸し出す。 枯葉で覆わ...
サ・カンペーン・ヤイ遺跡
次の目的地はサ・カンペーン・ヤイ遺跡。シー・サケートの隣町ウトゥムポン・ピサイに残るバプーオンスタイルのクメール遺跡だ。11世紀にシヴァ神に捧げる為のヒンドゥー神殿として建てられたが、上座部仏教がインドシナ半島に広がりをみせた13世紀には仏教寺院として改築された。先に見たカンペーン・ノーイ遺跡を建造したクメールの最強王ジャヤーヴァルマン7世がヒンドゥー教ではなく仏教を信仰し始めたことにも恐らく関係...