スワンナプーム国際空港のエバー航空ビジネスクラスラウンジが凄かった

この日はタイ国際航空でバンコクから香港へとひとっ飛び。二時間ちょいの空の旅を満喫して参ります。

ひだり みぎ
空港に着いてチェックイン。TGのビジネスクラスだとチェックイン後にそのまま専用の保安検査場と出国検査場を使ってサクッと制限エリアに移動できるのがありがたい。

*タイ国際航空の公式ウェブサイトから画像を拝借。

このようにカウンターAでチェックインをした後、直ぐに専用レーンを使って出国してラウンジへと流れ込める。素晴らしい動線っす。

ひだり みぎ
ということでこの日はTGの素晴らしい動線に乗り、空港に着いてからものの5分で出国完了。出国後は適当に土産物を買い漁りながらコンコースEのタイ国際航空Royal Silkラウンジへと歩いてく。


免税店ではスナックを中心に適当に買い漁ったのだが、その中で今回のヒットはこちら。King Power Recipeによるトムヤンクン味のスティックビスケット。自分用には買わなかったのが悔やまれるのだが、酒の肴にピッタリとの好評を得た。流石キングパワーは伊達じゃない。

で、だ。重い買い物袋を引っ提げてラウンジに来てみたら、どこの人気食堂だよというくらいの大繁盛ぶりで、空席を探すのも難しい状況になっていた。


絶望的な混雑状況でミールも食い散らかされた後の残飯しかなく、仕方なく唯一手付かずの状況で残されていた不人気なタイスイーツをパクつくことに。色がヤバいんで皆さん敬遠して手を付けなかったのかと思われるが、これはこれで見た目に反して美味かった。癖になる美味さ。

ただ、やはり混雑し過ぎてて狭苦しかったので、同じくスターアライアンス系列のエバー航空のラウンジへと引越しすることに。ちょうど出発ゲートがEVAラウンジのあるコンコースFだったし。

EVA Air Lounge

コンコースF3階にあるエバー航空ラウンジ。ピアノブラックとギラギラネオンのエントランスは台北のフラッグシップラウンジと同じで、どこのクラブですか?という感じ。コーポレートカラーんグリーンの気配を一切感じさせないチャラさっす。
ひだり みぎ
内部も内部でエントランスに引けを取らない強烈なゴージャスギラギラ感が…。銀河世界でもモチーフにしているのだろうか、凄く独特な世界観が表現されている。ここまできたらいっそのことテクノミュージックでも流してほしいね。


よくもまあ第三国の空港にこんな気合の入った自前ラウンジを運営してるわな、と思ってエバー航空公式サイトのフライトルートマップを調べてみたら、バンコクからアムステルダム、ロンドン、ウィーンに自社便を飛ばしてるんですね。台北から飛んできて、バンコクを中継地点としてヨーロッパに長距離便を飛ばす。だもんでバンコクも台北の本丸ラウンジ並に気合を入れているようだ。

そんなこんなでギランギランした受付にて入室手続きを済ませ、ワープ空間に突入しそうな光のゲートを通ってラウンジ内へ。

ひだり みぎ
ひだり みぎ
キティジェットとかぐでたまジェットとか、そっち系なのかと思ってたけど、桃園国際空港のエバー航空ラウンジと同じギランギランの雰囲気をバンコクでも再現してる。凄い。

ひだり みぎ

マッサージチェア付きのプライベートな仮眠コーナーも。これだけ洒落で居心地良い空間なのに、利用客が殆どいないというのもまた素晴らしい。

ひだり みぎ
ひだり みぎ
ひだり みぎ
ミールもタイ料理を中心に充実。定番のタイカレーを始め、トムヤンクン、パッタイ、ソムタムなどタイを代表するフードから、中華系キャリアらしく点心類、ピザ、サラダ、フルーツなど幅広いラインナップが取り揃えられている。バンコクを本拠地とするTGより充実してるとかどういうことだ。

ひだり みぎ

デザートにはタイの代表的スイーツであるカオニャオマムアンやアイスまで。しかもアイスはスウェンセンズだけでなくマグナムまで用意するという気前の良さ。気に入ったぞエバー航空。


ドリンクもココナッツの実に入った天然ココナッツジュース、ハイネケンの生ビール、各種スピリッツと揃っている。そして何よりグラスを氷漬けで冷やすという配慮ね。チャラいだけじゃないっすよ。チャラくても中身はしっかりとした優等生。

空いているということを考えれば、数あるスワンナプーム国際空港のラウンジの中でも居心地は一番じゃないかな。

Related posts(関連記事):

荒廃しきったスコータイ最古の遺跡 ワット・プラ・パーイ・ルアン
続いては城壁北部のもう一つの見所、ワット・シーチュムから更に奥に進んだところにあるワット・プラ・パーイ・ルアンへと移動。 快調に遺跡群の中を走っていると、ワット・プラ・パーイ・ルアンに入る手前の料金所で呼び止められ、スコータイ遺跡北部への入域料として100バーツを徴収される。城壁の中央・西・北に入る度に料金が発生するのはまぁ仕方ないとはいえ、3箇所の通しチケットを用意できんものかね。係員の手...
田舎町ピサヌロークの夜
夜、特にあてもなくピサヌロークの町を探索してみることにする。 先ずは町で一番賑やかであろう鉄道駅前へとペダルを漕ぐ。昼間の殺人的な暑さが嘘のように過ごし易く、チャリで走っていると薄ら寒く感じる程に気温が落ちている。20℃切ってるくらいじゃなかろうか。 町に出てみると電飾が派手に飾られてキレイなのだが、おかげでそこらじゅうから虫が光に誘われ集ってしまっていて、足を止めた瞬間に虫の標的と...
癒しの家・クンペーン・レジデンスと象
アユタヤ歴史公園の中心地まで戻ってきた。ワット・プラ・ラームの道路を挟んだ向かい側に建つ風情ある建物がクンペーン・レジデンスだ。タイの有名な叙事物語『クンシャンとクンペーン』の描写を基に再現されたアユタヤ時代の伝統家屋である。 寝っころがりたくなるような美しく管理された芝生。 内部も見学可能とのことなので、靴を脱ぎ、梯子を登って2階へと向かう。バリアフリーなんて概念はここには無...
鉄道でバンコクからピサヌロークへ 109号立ち席
前日のクリスマス日帰り上海出張が2015年の仕事納めだったので、早速26日午前便でバンコクへと飛ぶことに。 今回の年末年始旅行の目的地はピサヌロークとスコータイというタイが誇る古都。バンコク入りしたその足で鉄道でピッサヌロークへ北上する。 飛行機はキャセイのA330、着席してから降機までノンストップで死んだように寝てたのでフライトに関する記憶は一切無し。ランディングの振動で起きるまで寝っぱ...