シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

麗江から大理へ鉄道で移動 雲南省旅行15


3泊した麗江を離れる時がやってきた。次なる目的地は麗江から160キロ南、標高2,000メートルまで下った先に広がるペー族(白族)自治州の大理。チベット族のシャングリラ、ナシ族の麗江ときて、いよいよペー族の文化圏に突入だ。

移動は鉄道で。バスだと山間部を迂回する為に4時間かかるところ、トンネルで山脈を突っ切って走る鉄道だと最短2時間で着くということなので。

麗江-大理間は2009年10月に鉄道が結ばれ、先に開通していた大理-昆明間の路線と合わせて麗江-昆明間を一晩(最短8時間ちょい)で移動できるようになった。今後は更に麗江からシャングリラまで鉄道区間を延伸させる計画があるようだ。

運賃はごっつい安く、麗江古城で飲んだコーヒー一杯の値段以下の僅か34元(≒600円)。



座席クラスは初めて見る「硬卧代硬座」。文字から判断するに、寝台席を硬座席といて開放しているのだろう。寝台席といえば4人用コンパートメント。これが貸切れるというのであれば、飛行機でいうところのエコノミークラス利用客へのビジネスクラス席開放くらいの幸運だ。


今回お世話になるのは16:00麗江駅出発のK9630。途中停車駅が他便と比べて少し多いのか、麗江までは2時間31分の旅となる。

便名麗江発大理着
K610408:5410:49
K962010:1211:58
K610810:3912:20
K612810:5812:55
K963016:0018:31
K961820:4022:30
K961421:2523:18
K968422:0323:44

参考までに、この日の麗江⇒大理の鉄道の時刻表を張っておく。

出発時刻30分前の15:30に改札手続きが始まり、他の乗客ともども一斉にホームで待機していた鉄道に乗り込むことになる。これがもう本当に嫌でね。他の人より少し早くホームに着いたところで出発時刻は皆と一緒なのに、他人を蹴散らしてでも我先にとホームに急ぐせっかちな人民様ばかり。


ひだり みぎ
人民様に揉みくちゃにされながら指定された座席へと向かうと、やはり自分の座席は寝台席だった。これはラッキー!寝台席を独り占めだ!…という訳ではなく、喜び勇んだのも束の間ぞくぞくと他の乗客も乗り込んできて、左右の下段ベッドに3人ずつ向き合って座る羽目に…寝台ベッドをボックスシートとして使うとか斬新すぎるわ。因みに中段・上段ベッドは荷物置き場代わり。

ひだり みぎ

そんなギュウギュウ詰めで乗客が押し込まれた鉄道はゆっくりと走りだし、トンネルを通って山脈を突っ切っていく。たまーに山間に開けたなにも無い小さな盆地に停まっては乗客数名が降りていくのだが、殆どは麗江―大理区間の利用客のようであり、満席状態の寝台ベッドで大理まで移動することとなった。


18:08、進行方向右手にでっかい湖が現われた。こいつは氷河期時代の浸食によって形成された南北41.5Km・東西3-9Kmという巨大な洱海(ジ海)。形が耳の形に似ているということで洱海と呼ばれているそうだ。さんずいに耳とか、なんとも分かり易い漢字を作ったものだわ。

lake
どうでしょう、耳に見えますでしょうか?この清んだ水をたたえる耳型湖と4,000m級の美しい神峰が連なる蒼山とが織りなす桃源郷的風景が大理の町が持つ一番の魅力らしい。


ひだり みぎ
湖を過ぎるとやがて白壁が特徴的な建築群が美しい市街地へと入り、定刻より若干早い18:27にペー族の町・大理の鉄道駅へと到着した。

Related posts (関連記事):

深センで世界一周!
≪深セン人の一日≫を見て回った後は地下鉄に20分程乗り、世界の窓駅へ。 ●世界の窓とは? ・東武ワールドスクエアの中国版で、世界中から選りすぐられた有名建築物のミニアチュア版が目白押しとな...
アヘン戦争博物館・海戦博物館
今日は中国の広東省東莞市の虎門鎮に関して。ここは清国と大英帝国によるアヘン戦争の舞台となった場所で、中国人旅行者の間でもアヘン戦争に因んだ観光スポット(=愛国主義教育基地)が多数あることで有名です。 ...
満州時代の街並みが色濃く残る歴史都市・大連
遼東半島の南端にあり、『北海の真珠』『北方の香港』とも称される美しき港町・大連。19世紀末に帝政ロシアの租借地となり、1904年の日露戦争以降は日本がロシアの都市計画を引き継いだ。現在の大連駅から東側...
宿泊記 アロフト東莞ダイナミックタウン Aloft Dongguan Dynamic Town【東莞じゃない】
昨日はホテル名に「深セン」とあるのに東莞との市境にあって不便極まりないコートヤード深セン宝安をご紹介しましたが、今度はその逆パターン。ホテル名に東莞とあるのに深センにほど近い辺鄙なところにあるホテルを...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする