シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

麗江のお勧めレストラン 雲雪麗之阿順厨房 雲南省旅行14


今回の茶馬古道の要所巡りの楽しみの一つが季節の茸と山菜をふんだんに使った雲南料理。ホテル飯だけでは勿体ないので、コンシェルジュに伺ったホテル近くのお勧めレストランに一人突撃することに。

ひだり みぎ
場所は麗江古城最南端。インターコンチネンタルの東側出入り口に近い落ち着いた佇まいの場所にある。麗江古城の中心から南側のホテルからだと移動が楽だけど、大水車がある古城北側からだと2キロ弱の距離があるので歩いて往復するのは大変かも。


こちらの味のある木造建築物がお勧め頂いたご当地レストラン、その名も雲雪麗之阿順厨房。調べたらトリップアドバイザーでも評判の郷土料理屋だった。


雲南省の小物がデコレーションとして数多く飾られた店内。たいそうな有名店だそうで予約が必要とも言われたが、夕食前という半端な時間帯だったからかこの日は利用客は疎らで、数組のカップルがデートで箸をつついているを楽しんでいる程度。

ひだり みぎ
メニューを見ると、やはり雲南料理屋らしく茸や季節の山菜を使ったメニューが中心。煮たり炒めたりスープになって出てきたりと、色々な形で季節の茸が味わえる。値段も中国にしては若干高いかな程度だし、ここは腹いっぱい楽しませてもらうことができそうだ。


メニューを見ても各品の分量がいまいち分からなかったので、親切な服務員のお姉さんと相談しながらオーダーを進め、取り急ぎ注文第一弾として野生松茸チキンスープ(28元)・松茸炒め(78元)・麗江夏日モクテル(15元)をぶっこんだ。というか高山土豆を頼もうとしたところで「これ以上は一人じゃ食べきれんですわい!」と服務員によるストップがかかってしまった。この彼女、注文する料理の栄養価や味のバランスなんかも考えてアドバイスもしてくれ、さながら雲南料理コンサルタントのようだった。松茸炒めは薄味でといった細かなリクエストにも応じてくれるなど、ほんと親切。


注文第一弾の中では松茸チキンスープのコスパが一番高かったかな。28元でこんなにも具沢山だとは嬉しい誤算。これと松茸炒めでいくらでもご飯がススム君だわ。


ただ、まだ胃袋が満足していなかったので、服務員に勧められるままに1095日かけて自然の風で乾燥させたヤクの脚肉(三年風干雲腿)を追加発注。ジャーキーメーカーなる調理器具が世に出回る今日では自然乾燥というだけでも今や珍しいと思うのだが、1095日も乾燥させるとか突っ込みどころが多すぎて注文を躊躇ったんだけど、どうもここの看板メニューとのことで親愛なる服務員のオバサンが言うもので…。


ようはビーフジャーキーならぬヤク肉ジャーキーということなんだろうけど、寄生虫は大丈夫だろうかとか癖が強すぎるのではと心配が尽きなかったが、ちょっと硬くてしょっぱすぎたくらいで意外とビールがススム君。でも一番美味かったのはメロンというね。それくらい付け合わせで出てきたメロンが抜群に旨かった。

最後にメロンが全部もってっちゃったけど、この日頼んだ料理はどれも美味くて大満足ですわ。これだけ食べて白米とシャングリラビール1瓶込みで178元という良心的な値段だし。300元払ってインターコンチネンタルのラウンジ付けるよりは、ここで腹いっぱい食べた方が満足度は高いかもしれん。

麗江古城の南側に泊まられる皆様には文句なしにお勧めです。

【雲雪麗之阿順厨房】

雲南省麗江市古城区七一街興文巷95号
+86 888 511 1196

Related posts (関連記事):

白玉塔と海軍兵器博物館
旅順バスターミナルから九三路を歩いて白玉山の頂上まで登った。地図では分からなかったが白玉山は予想以上に険しい坂道の難所だし、東北の夏を完全にナメていた。日本で言えば仙台くらいの緯度になるのでてっきり初...
ウイグルの偉人 ユースフ・ハーッス・ハージブの墓
カシュガルの朝は…遅い。 この日も10:00を過ぎてから漸く外が明るくなり始めたといった具合である。そりゃあそうだ。中国東端の黒竜江省からカシュガルまでアメリカの西海岸-東海岸以上の距離があるのに、...
西遊記のモデル・玄奘三蔵ゆかりの地 大慈恩寺(大雁塔)
この日朝一で向かうは宿泊先のウェスティンと目と鼻の先に位置する慈恩寺内に立つ大雁塔。西遊記の原典とされる大唐西域記を著した玄奘三蔵がインドから持ち帰った仏典・仏像を保存する為に建てられた七層の塔である...
上海虹橋ー広州 中国南方航空A330(33W)ビジネスクラス搭乗記
この日も上海虹橋から広州へとサクッと2時間の空の旅。もちろん利用キャリアは吾輩の愛するw中国南方航空である。 とりあえず事前にモバイルチェックインし、機材が全席通路アクセスの座席を積むアタリ機材...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする