大連開発区から日露戦争の最激戦区・旅順へ

今日は早起きして朝一のバスで旅順へと向かう。

日露戦争の最激戦地として歴史の教科書に登場する旅順は、海外情報に詳しくなくとも名前だけは聞いたことがあるという方も多いと思う。旅順は遼東半島の最南端に位置し、現在は大連市旅順口区として大連市の中の一行政区となっている。総面積506km²、人口約26万人で、大連市中心部からは約45キロの地方都市だ。太古から天然の良港として知られていた旅順は小さな漁村として歴史を歩んでいくが、1878年に清の北洋艦隊の根拠地となったことでその静かで穏やかな歴史が一変。日清戦争で清が敗れた後から日露による争奪戦の的となり、激しい戦火に晒されるという惨事に見舞われる。日露戦争後は日本の、終戦後はソ連軍による統治を経て1955年には中国へ返還されました。中国返還後は人民解放軍の軍港都市として軍事上の関係で外国人の訪問を禁止されていましたが、2009年12月には軍事施設以外の訪問可能地大幅拡大という解釈で外国人の訪問規制が大幅に緩和され今に至ります。こういった歴史の街なので、観光スポットの殆どが日露戦争関連だ。最大の激戦区となった203高地、戦争終結が宣言された水師営会見所、堡塁に監獄など…小生はミーハーですので、坂の上の雲で読んだ203高地をどうしても我が目で見てみたいと思い、半日という限られた時間で旅順を周ることにした。

DSC_2132
大連開発区バスターミナルから旅順まではバスで約80分、運賃は19元だった。朝一なのに人民の皆さまはハイテンション。ギャーギャーワーワー騒がしい!!

DSC_2133
駅舎の様子。規模は小さいが遼寧省各地へ向けてのバスが出ているようだ。朝飯として肉まんやら揚げパンやらを思い思いのまま食べてバスの出発を待つ人民たち。旅情が漂います。

【大連開発区⇒旅順のバス運賃・時刻表】

出発地点到着地点出発時刻距離運賃
市开区汽6:3071キロ¥19元
市开区汽7:3071キロ¥19元
市开区汽9:2071キロ¥19元
市开区汽10:2071キロ¥19元
市开区汽13:1071キロ¥19元
市开区汽14:1071キロ¥19元
市开区汽16:1071キロ¥19元
市开区汽17:1071キロ¥19元

大連市内からはバスや列車で旅順まで向かう事ができる。

◎バス利用
・黒石礁バスターミナル
06:30~19:00 15分間隔 6元 約35分

・大連駅北広場
05:30~19:40 5元’各駅)・7元(直通)約1時間

◎列車利用
大連←→旅順
快速 大連 15:00 ⇒ 旅順 16:03
快速 旅順 09:26 ⇒ 大連 10:29

DSC_2136
06:30開発区発のバスに乗り込む。乗車後は車窓風景を楽しみたかったが、ついつい転寝をかましてしまう。

DSC_2145
目を覚まして外に目をやると、なんとまあ普通に馬がお隣の車線を走っててぶったまげた。。

DSC_2146
道中は殆ど寝てしまい、気づいたらあっという間に旅順バスターミナルに到着。

DSC_2433
バスターミナル内部。ドーム型屋根で非常に開放的な設計になっている。

DSC_2432
おっ!!?

DSC_2431
え~~。どうしてそんな恰好なの!?無防備すぎるだろうwww

気を取り直して市内探索へ出てみることに。
DSC_2245

DSC_2340

DSC_2336
ロシアによる統治の影響だろうか、街並みはどことなくヨーロッパの街並みを彷彿とさせる。

DSC_2417
おっ?これはなんだ?

DSC_2411
旅順萬忠墓記念館…これはもしや…

DSC_2412
エントランスにいきなり真っ赤な『旅順大虐殺』の文字が!!そして下には『沈痛悼念在旅順大虐殺中殉難的同胞』書かれている。こりゃあ愛国主義基地の一つか!?

DSC_2414
きたーーー!やっぱり!!!

DSC_2416
博物館の最後は『Never Forget!!』と力強い一言で結んでいます。こりゃあ


Related posts(関連記事):

カシュガル班超記念公園 
果てしない無限の砂の中を駱駝の隊商の列が往き、勇ましく逞しい騎馬隊が旗を掲げて疾駆…。地上の万物を焼き焦がすような強烈な日差し、湖を凍てつかせる程の酷寒…。厳しい自然の中で繁栄と滅亡が繰り返され、今日でも所々で古代西域諸国の城跡や町跡が残るロマン満点の中国西域地帯。そんな西域ロマンに憑りつかれ、後世を西域運営に捧げた男が今から2000年も前に存在した。後漢時代を生きた軍人・班超だ。 歴史関連...
普陀寺
ホテルのチェックインを済ませ、26番バスの終点駅である『普陀寺』を拝観してくる事に。 別に私自身は仏教を信仰している訳ではないが、純粋に中国大陸の仏教寺院の雰囲気を一度味わってみたいとかねがね思っていたからである。 市街を抜け、途中からは道も舗装されていないような小道を土煙を上げながらガタガタと激しい振動と共に走り行くバス。市街からバスに揺られること約40分、何とも辺鄙な田舎風景の中に...
カシュガルのバザールで防寒具を調達する
中国の中の異国、カシュガル。 辺りに立ち込めるワイルドな羊肉と強烈な香辛料の匂い、どこからともなく聞こえてくる楽し気な民俗音楽、町を行き交うエキゾチックな顔立ちのトルコ系の人々にロバ、そして各所に配備された武装治安維持隊。複雑な事情を抱えた実に異国情緒に溢れる町である。 残念極まりない内容で痛く失望させられたカシュガル地区博物館より、寧ろカシュガルの町を歩いていた方がウイグルの生活の息吹が感...
地上の楽園 ナパ海(納怕海)雲南省旅行3
シャングリラ古城を見て回り、続いては古城の入り口からバスで10キロ弱程離れた納怕海(ナパ海)へと向かうことに。 海抜3,200m超の地点に広がるナパ海の総面積は31平方キロ。ザ・桃源郷といった広大で風光明媚な大自然の中、湿地帯ではヤクや豚がのんびりと牧草を食み、湖畔では国連が定める絶滅種の一つ・オグロヅルやガンといった鳥類が餌を漁ったり遊び戯れたりする動物の楽園が広がっているらしい。 ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。