大連開発区から日露戦争の最激戦区・旅順へ

今日は早起きして朝一のバスで旅順へと向かう。

日露戦争の最激戦地として歴史の教科書に登場する旅順は、海外情報に詳しくなくとも名前だけは聞いたことがあるという方も多いと思う。旅順は遼東半島の最南端に位置し、現在は大連市旅順口区として大連市の中の一行政区となっている。総面積506km²、人口約26万人で、大連市中心部からは約45キロの地方都市だ。太古から天然の良港として知られていた旅順は小さな漁村として歴史を歩んでいくが、1878年に清の北洋艦隊の根拠地となったことでその静かで穏やかな歴史が一変。日清戦争で清が敗れた後から日露による争奪戦の的となり、激しい戦火に晒されるという惨事に見舞われる。日露戦争後は日本の、終戦後はソ連軍による統治を経て1955年には中国へ返還されました。中国返還後は人民解放軍の軍港都市として軍事上の関係で外国人の訪問を禁止されていましたが、2009年12月には軍事施設以外の訪問可能地大幅拡大という解釈で外国人の訪問規制が大幅に緩和され今に至ります。こういった歴史の街なので、観光スポットの殆どが日露戦争関連だ。最大の激戦区となった203高地、戦争終結が宣言された水師営会見所、堡塁に監獄など…小生はミーハーですので、坂の上の雲で読んだ203高地をどうしても我が目で見てみたいと思い、半日という限られた時間で旅順を周ることにした。

DSC_2132
大連開発区バスターミナルから旅順まではバスで約80分、運賃は19元だった。朝一なのに人民の皆さまはハイテンション。ギャーギャーワーワー騒がしい!!

DSC_2133
駅舎の様子。規模は小さいが遼寧省各地へ向けてのバスが出ているようだ。朝飯として肉まんやら揚げパンやらを思い思いのまま食べてバスの出発を待つ人民たち。旅情が漂います。

【大連開発区⇒旅順のバス運賃・時刻表】

出発地点到着地点出発時刻距離運賃
市开区汽6:3071キロ¥19元
市开区汽7:3071キロ¥19元
市开区汽9:2071キロ¥19元
市开区汽10:2071キロ¥19元
市开区汽13:1071キロ¥19元
市开区汽14:1071キロ¥19元
市开区汽16:1071キロ¥19元
市开区汽17:1071キロ¥19元

大連市内からはバスや列車で旅順まで向かう事ができる。

◎バス利用
・黒石礁バスターミナル
06:30~19:00 15分間隔 6元 約35分

・大連駅北広場
05:30~19:40 5元’各駅)・7元(直通)約1時間

◎列車利用
大連←→旅順
快速 大連 15:00 ⇒ 旅順 16:03
快速 旅順 09:26 ⇒ 大連 10:29

DSC_2136
06:30開発区発のバスに乗り込む。乗車後は車窓風景を楽しみたかったが、ついつい転寝をかましてしまう。

DSC_2145
目を覚まして外に目をやると、なんとまあ普通に馬がお隣の車線を走っててぶったまげた。。

DSC_2146
道中は殆ど寝てしまい、気づいたらあっという間に旅順バスターミナルに到着。

DSC_2433
バスターミナル内部。ドーム型屋根で非常に開放的な設計になっている。

DSC_2432
おっ!!?

DSC_2431
え~~。どうしてそんな恰好なの!?無防備すぎるだろうwww

気を取り直して市内探索へ出てみることに。
DSC_2245

DSC_2340

DSC_2336
ロシアによる統治の影響だろうか、街並みはどことなくヨーロッパの街並みを彷彿とさせる。

DSC_2417
おっ?これはなんだ?

DSC_2411
旅順萬忠墓記念館…これはもしや…

DSC_2412
エントランスにいきなり真っ赤な『旅順大虐殺』の文字が!!そして下には『沈痛悼念在旅順大虐殺中殉難的同胞』書かれている。こりゃあ愛国主義基地の一つか!?

DSC_2414
きたーーー!やっぱり!!!

DSC_2416
博物館の最後は『Never Forget!!』と力強い一言で結んでいます。こりゃあ


Related posts(関連記事):

シェラトンウルムチ クラブフロア宿泊記
ハミからトルファン経由でウルムチまで鉄道で移動した前回エントリーからの流れで、新疆時間03:30にシェラトンウルムチに到着した。場末感満載のB級ホテルしかないような辺鄙な田舎町を巡り歩いた末に辿り着くシェラトン…ロビーに入った時に感じる温もり・安心感は筆舌に尽くし難いものがある。 32階建てで372の客室を誇る大型ホテル。世界で一番海から離れた都市と言われていて、シルクロード上の辺境の町とい...
中国のスーパーマーケットで見る中国広東省の物価感
今日は朝一で近くのスーパーに行ってきました。中山市にはジャスコを始め、カルフールやウォルマートも進出してきていますが、今日行ってきたのは華潤超市(別名Vanguard)という香港系のスーパーマーケットチェーン店です。超市はモロに英語の直訳で、超=Super 市=market、スーパーマーケットの意です。 結構な規模で、生鮮品を含む食料品全般・衣類・寝具から簡単な家電製品まで、日常生活の上...
インターコンチネンタル上海NECC 宿泊記
本日泊まるはインターコンチネンタル上海NECC。え?NEC?いえ、日本電気株式会社ではなく、NECC=ナショナル・エキシビション・コンベンション・センター即ち国家会展中心のこと。故にインターコンチネンタル上海NECCの中国語名は国家会展中心上海洲際酒店と堪らなく格好良い字面になる。「今日どこ泊まってるの?」⇒「国家会展中心上海洲際酒店っすわ」…なんかただただこれを言いたいが為だけに泊まりたくなるじ...
ビザ無しで行けるチベット文化圏・シャングリラへ 雲南省旅行1
2017年の国慶節は社畜にしては珍しく9日間もの休暇を賜ることができたので、ここぞとばかりに雲嶺の南の地・雲南へと遠出することに。ミャンマー・ラオス・ベトナムと国境を接し、横断山脈がチベット高原へと続く雲南省は中国の秘境中の中。先ずは広州から雲南省西北の山間に佇む迪慶チベット族自治州の中心地・香格里拉(シャングリラ)まで飛んだ後、麗江⇒大理⇒昆明とバスで雲南省の茶馬古道を下っていこうかと。なんだか...