大理の代名詞的存在・崇聖寺三塔 雲南省旅行18

大理古城を満喫した後は、大理のアイコン的観光地として世界中の観光客を惹き付ける大理崇聖寺三塔へと移動する。

三塔は古城からも歩いて行ける範囲にあるけれど、ヘタレな自分は古城西門から三塔専線という公共バスにて移動。着くなり駐車場に停まるミニバンや観光バスの多さに早くも驚かされた。なんたって国家AAAAA級の景区ですからね。実際のところA*5の格付がどれくらい凄いか分かりませんが、権威主義的社会に生きる中国人観光客の皆様が「おおー、A5!」と感嘆の声を漏らしていたので、きっとレストランで言うところのミシュラン3つ星といったくらい凄いランクなんだと思う。

流石は国家AAAAA級、入場料も121元(≒2,100円)と非常に高額。これなら駐車場から遠目で塔を眺るだけでも十分かなーとヘタレな思いが頭をよぎったが、せっかくなのでやはり中に入って間近から見上げさせて頂くことに。


微信決済だと99元と割引が効いた為に微信にて決済をし、さっそく「塔工リア」へと走ってく。「工」と「エ」確かに似てる。実に惜しい。

崇聖寺三塔はその名の通り、対称形を成すように配置された三つの塔から構成される仏塔群のことを指す。高さ69m、方形16層の中央の塔は南詔時代の9世紀に建てられ、八角形10層の南北2塔は大理国時代の12世紀になって相次いで建てられたそうだ。当地を支配する王朝が移り変わる中で塔の敷地内にあった唐代の古刹・崇聖寺は清の咸豊の時代に燃え尽き、僧侶たちも散り散りとなった。しかし、三塔だけは数度にわたる地震などの天災や戦乱を乗り越え今でも巍然とそびえ立っているのである。

その強さの秘訣は…雲南の地を支配し三塔を建てた南詔・大理国による特別な建築技法が用いられたことから未だに倒れることなく峻立しているとのことなんだが、なんでも、この二王朝は中国史において王陵が見つかっていない唯一の古代王朝であり、伝説によると崇聖寺三塔は地下宮殿へ行く入口であるが為に特別な建築技法が用いられたのだと。信じる信じないはあなた次第です。
ひだり みぎ
そんな三塔のフォーメーションであるが、三塔並列ではなく、主塔が前(洱海側)に、残りの二塔が後ろ(蒼山)に建つトライアングル構成で鼎立する形となっている。いずれも最近の補修時に煉瓦の上から白泥の化粧を塗り固めたのであろう、とても良い状態が保たれている。

ひだり みぎ
蒼山の足元に広がる聚影池の水面に投影された優雅で調和の取れた御姿は更に美しい。

ひだり みぎ
真正面が洱海で、背後は蒼山というパワースポットで。中央の塔から山の方に向かう中心軸に沿って建物が連なっている。


こんな感じで、①の三塔から一番山側の奥にある望海楼まで一直線に建造物が並んでいる。端から端までは片道2Km弱あるので、歩いてみて回るのはだいぶしんどいので、今回は⑦の崇聖寺山門をゴールとして目指すことに。


ひだり みぎ
三塔の背後にある第一の建物の上部からは三塔と洱海の海岸沿いに広がる白族の村落の姿が見渡せる。


更に背後へと蒼山に向かっての参拝道は続く。



第二の建物は観音堂。

観音堂の奥には再現された崇聖寺への山門が見える。中央の塔と同時期に建てられ大理国の王室の菩提寺でもあったが清の時代に破壊されてしまい、2005年になって再建されたそうだ。ようは三塔以外は全部レプリカってことになる。
ひだり みぎ
更に中央塔からの中軸線に護法殿・弥勒殿・十一面観音殿・大雄宝殿・阿嵯耶観音閣・山海大観石牌坊・望海楼といった建物が蒼山方面に向かって順次建てられており、中軸の両側の次軸線沿いにも経書交換処・方丈堂・高僧接待所・精進料理堂・羅漢堂・千仏廓・祖師殿・仏教研究院が建っているそうだが…時間も体力も無いのでここまで来て引き返すことに。

崇聖寺三塔ってAAAAA級観光地だし大理の代名詞的観光地だけど…天気が悪く霞んでいたこともあってか、なんかちょっと微妙だったな。

【崇聖寺三塔】

入場料:121元
開放時間:07:00-18:30



Booking.com

Related posts(関連記事):

大理の霊峰・蒼山景区でハイキング 雲南省旅行21
天龍八部影視城での観光を終え、お次は影視城からシャトルバスに乗って蒼山へのロープウェー乗り場へ。 蒼山は洱海西岸にそびえ立つ南北約42km・東西約25kmの規模で南北を横断する雲嶺山脈南端の主峰で、最高峰である標高4,122mの馬竜峰を筆頭に3000m級の峰が19も連なる大きな山である。なんでも、蒼山に積もる美しい雪は洱海の月と共に大理を代表する絶景とされていて、山の中腹にある遊歩道を歩いて...
銀河ホテル
今回の上海滞在時は中山西路の銀河宾馆(ギャラクシーホテル)に宿泊。『ドラゴン』 や『発財』、『やめて』と並んで『銀河』も中国人がやたらと好きな単語の一つです。 紅橋空港まで車で15分と、フライト前日の宿泊先としては最適な立地条件にあります。 さすがギャラクシー!ホテル内部は銀河で輝く星が如くピカピカ輝いています。 ホテル内レストランもピッカピカ。必要以上に煌びやかな電燈を用い...
フォーポインツバイシェラトン 深セン 宿泊記
これも去年の話でグッダグダな時系列になってるけど、この日は夜も23:30を過ぎてグデングデンな状態で香港空港着。そのままエアポートホテルのベッドに飛び込みたかったけど、翌朝の深センでの用事に備えて香港空港から皇崗経由で深センに入り、イミグレ近くのフォーポインツ深センに泊まることにした。深センフォーポは24時間オープンの皇崗イミグレから車で10分、福田(落馬洲)のイミグレまでは歩いて10分と、香港か...
シェラトン東莞ホテル宿泊記/Sheraton Dongguan Hotel
今年も飲み会の季節がやってきた。今週は飲み飲み飲みと酒の席が続いており、今日もアウェーの地・東莞で忘年会に参加するためにシェラトン東莞ホテルに宿泊することに。既に肝臓が悲鳴を上げているが、追い打ちをかけるように来週はベトナムとタイで忘年会ラッシュ。そろそろ肝臓の悲鳴が聞こえてきそうだが、当地での飲みの席では容赦無い。次から次へと一気飲みの「干杯」を求められ、楽しむというよりはどちらが多く飲めるかの...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。