世界のVIP御用達の名店・NAM PHUONG(ナムフーン)

ハノイ出張のプロジェクトも無事に完了し、肩の荷が下りたところで世界のVIP御用達の名店との誉れ高きNAM PHUONG(ナムフーン)という有名レストランに行ってみることに。


・住所:19 Pho Phan Chu Trinh, French Quarter, Hanoi, Vietnam
・電話:(04) 824 0926
・営業時間:10:00-14:00、17:00-22:00


仏領時代の邸宅だった白亜の建物が高級感を醸し出している。大使館も多く建ち並ぶ閑静な一帯にありますので、さぞかしお高いのでは!と入店を躊躇わすには十分に上品な雰囲気だ。

店名の『Nam Phoung(ナムフーン)』は、ベトナムの最後の皇帝であるバオダイ帝と結婚なさったナムフーン皇后が由来となっているのだろう。

ダラットのバオダイ帝別荘にて撮影。こちらのレストランと同様に品格のある女性だ。今日このレストラン行きを決めたのも、ナムフーン皇后の名を冠したお店なら間違いないだろうという直感が働いての事だった。


要予約とのことだったので予約をしていくと、中華官僚もビックリの金ぴか屏風がセットされたテーブルに通された。何だか肩の凝る席だなー。テーブルに置かれた青磁器と合わせて、どことなく中国文化の香りが漂うんだよなー。


店内は各テーブルにオイルランプが灯ったりとムード満点。洗練された落ち着いた雰囲気で、まあまぁ悪くないが、強いて言うならば、オーナーと見られる男性はちょっとオカマっぽいのが気になるところ。

事前に入手していた情報に拠ると、毎晩19:00~21:00に2階席で民族楽器の生演奏が披露されるとのことだったので、図々しくも二階席に移れないか聞いてみると、めちゃくちゃ嫌そうな態度丸出しでOKされる。その顔はOKという顔ではないと思うが…嫌なら嫌でいいが、プロなら顔に出さないよう少しは努力しましょうよ。

ひだり みぎ
二階への階段横の壁には世界各国の要人とオカマ店長が写った写真がこれ見よがしにズラリと飾られている。小泉純一郎氏、北川大臣、安倍総理、タイのインラック氏など、各国政界の大物と一緒に絵に写るオカマ氏。


安部現総理大臣とも満面の笑みでガチリと固い握手を交わしている。

DSC_3299
二階ではやぱりベトナム民族楽器の演奏が行われていた。この日の客層は、私の他に3名の日本人グループと6名の日本人グループのみ、日本人率100%。演者もそういった事情を鑑みてか、「上を向いて歩こう」や「」など、やけに日本歌謡のオンパレードとなっていた。あなたたち、ベトナム人お姉さんの皮を被った日本人のおっさんなんじゃないの?と思わせるほどの渋い選曲が永遠と続く。本日の客層を見て機転を利かせてくれたのであろうが、正直このムードのレストランではベトナムの伝統民謡を聞きたかった。折角の上品で洗練されたベトナム料理のお店で昴はちょっとなぁ。

ひだり みぎ
席に着き、渡されたメニューは2種類。ずばり、「MENU」と「SPECIAL MENU」だ。やっぱり先ずはスペシャルメニューを見ちゃいます。安倍総理などが舌鼓を打った特別コースメニューなのかと思ったら、ただの厳選されたアラカルトメニュー(写真上の右)だった。お値段はVND350,000(≒1,400円)~と、店の格式にしては思ったほどお高くない。ただ、余りスペシャル感を感じなかったので、スペシャルメニューはそっと閉じ、テーブルの脇へと置く。


デザートメニュービールは一律VND50,000。寿司みたいにシャリにココナッツの実が乗っているメニューがある…

ビールの値段はピンキリだ。ハノイビールがVND40,000、サイゴンビールが同50,000、韓国のハイトビールが60,000などは安めだが、キリンとサントリーがそれぞれ140,000、160,000と高値が付けられている。日本人は足元を見られているのかと勘ぐってしまうほどの偏ったプライシング。それならばサイゴンビールでいいですとも。ええ。

お料理のほうはオーソドックスなベトナム料理が並ぶ通常メニューから3品をオーダー。

ひだり みぎ
揚げ春巻き(左、VND150,000)とサラダ3種盛(右、VND240,000)。北部(ハノイ)・中部(フエ)・南部(サイゴン)各地で食されるサラダの盛り合わせ。人参細工で作られた鶏の頭がパイナップルに思いっきりぶっ刺さっているが、これはベトナム人シェフの悪趣味と考えるべきなのか、洒落た遊び心と評すべきなのか評価が分かれるところだろうが…ああ、写真を見ててようやく気付いたが、パイナップルの房が鶏の尾で、春巻きが鶏の羽になっているってこと?あぁ、こりゃ悪趣味決定だ。

DSC_3300
海老のココナッツジュース蒸し(VND90,000)。あっさり味で個人的には今日一番のヒット。


パンプキンとココナッツのカスタードプリン。(VND50,000)

これにビール2杯を加え、サービスチャージ込みでVND1,000,000(約4,000円)。3品食べても腹6分目程度。洒落た雰囲気で上品な味わいのベトナム料理を食べれるのは確かだが、正直コスパは余り良くなかったなぁ。食べたりないんで外の屋台でフォーでも食べますわ。

Related posts(関連記事):

シェラトンサイゴン ホテル&タワーズ クラブフロア宿泊記
ソフィテル、Mギャラリー、プルマン、ノボテル、ibisと、アコー系列のホテルが充実しているホーチミン。今回の出張では新規開業したばかりのMギャラリーを試したかったところだが、やはりここでも見事にシェラトン無料宿泊キャンペーンに釣られてしまい、シェラトンサイゴンホテル&タワーズに宿泊することに。プロモーションとかに流され易い自分の性格は一生治らない不治の病だと思う。 シェラトンサイゴンは...
パークハイアットサイゴン宿泊記/Park Hyatt Saigon
喧噪の街ホーチミン市をタクシーで走り抜け、本日の宿泊先であるパークハイアットサイゴンへと到着した。今回はホーチミン市に計4泊。土日はパークハイアットで一年間の疲れを癒す為のリフレッシュステイ、月火はサイゴンのランドマーク的存在のカラベルホテルに滞在することにした。本音を言えばパークハイアットに4連泊したかったのだが、お財布事情がそれを許さない。パークハイアット東京が1泊6万も7万もすることを思えば...
しつこいぞ!ホーチミンのバイクタクシー
ベトナムの観光地には必ず屯しているセオムと呼ばれるバイクタクシーのドライバー達。昼下がりにドンコイ通りを歩こうものなら『友達!』『今、暇?』『アナタ、どこ行く?』『チョロン(中華街)いいね!』『オッパッピー!』などなど、タドタドシイ日本語で30メートル毎くらいの高頻度でドライバーからのアツいラブコールがかかることでしょう。狙った獲物は逃さないぞ!とばかりに優柔不断にしていると中には10分以上もシツ...
どこか寂れた遊園地・ダムセン公園
中華街から歩く事20分、ようやくダムセン公園に到着しました。ここもお客さんからおススメされた観光スポットで、ジモティ達の憩いの場だそうです。 地味~な色に塗られた竹の傘に、南国フルーツっぽいロゴ。何となくベトナムらしい門構えで期待が持てます。中は『遊園地』兼『植物園』兼『動物園』になっているらしい。 チケットを購入し、園内に入場。 誰も並んでないんだから真っすぐに進ませてくれれば...