シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヒトとモノが溢れる庶民派巨大マーケット MBKセンター


世界でも有数の国際都市・バンコクには、世界中からの観光客を飲み込むかのように巨大なショッピングセンターが繁華街を中心に幾つも乱立しているが、そのの中でも庶民や観光客から最も支持を集めているのはMBKであろう。AKBでもJKTでもない。MBKだ。地上7階、売り場面積約9,000㎡、2,000軒以上のテナントがひしめく巨大なモール・MBKは、例えて言うなら巨大ドンキホーテ。民芸品有り、衣類有り、菓子類有り、電化製品有り、フードコート有り…様々な種類のチープな個人商店が雑然と並ぶ中、掘り出し物を見つけたりマーケット感覚で値切ってみたり、オリジナルをオーダーしてみたりとアミューズメントパーク気分で買い物が楽しめる。屋外マーケットと値段も然程変わらぬし、こちらはスコールの心配もなく冷房も利いていて快適に買い物を満喫する事ができるので、おススメの買い物スポットである。立地条件も良いしね。

DSC_1479
日本でSIMロックを解除していたiphoneがアップルマークの画面のまま動かなくなってしまったので、修理+再脱獄をしてもらいにMBKへ行くことに。


場所はサイアム地区の一等地、バンコク市内を走る高架鉄道シーロム線の終点であるナショナルスタジアム駅から直結しています。


ショッピングセンター内外部の様子。

DSC_1480
大体のフロア構成はこのようになっている。
1階~3階 衣類/雑貨/アクセサリーなど
4階 電化製品、携帯、海賊版DVDなど
5階 家具など
6階 衣類、雑貨、アクセサリー、フードコートなど
7階 映画館、ゲームセンターなど

高級デパートではなく、お財布にやさしい庶民派モールだ。チープでキッシュな土産物が並んだり、採寸後8時間にオーダースーツが完成する超特急テイラーなんて店もあり、買い物好きにはたまならい。

DSC_1490
携帯などの電化製品関係の個人商店は4階に集約されている。ワンフロアと言ってもMBKの建物はとにかく巨大であり、右も左も前も後ろも歩けど歩けど携帯電話や電化製品ばかりが目に飛び込んでくるという、電脳オタク・携帯オタクが泣いて喜ぶ聖地なのだ。以前にご紹介した同じ携帯電話専門ビルである香港の先達廣場は狭いビルに携帯電話を密集させているので”密度の高さ”で圧倒されるが、こちらは行けども行けども携帯電話だらけという”規模の大きさ”で圧倒してくれる。新品専門店でもタイの正規品のみを売る店、並行輸入品を売る店、両方を売る店、中古品専門店など、1店1店吟味したらこのフロアだけで半日は費やされる規模だ。

DSC_1483
携帯やパソコンなどのハードだけでなく、ケースやストラップ、SIMカード、各種コードや周辺機器も充実。グッチやシャネルのパチ物や、スターバックスやマクドナルドのパロディー品、目が痛くなるド派手な蛍光色ケースなどなど何でもござれ。お気に入りが見つからなければオリジナルを発注する事も可能だ。100本くらいのソフトが入ったDSのマジコン(1000バーツ)、officeのコピー(200バーツ)、海賊版DVD(100バーツ)なども売られていて、とにかく賑やかだ。

IMG_2462
目当てののSIMロック解除だが、UnlockやJailbreakと書かれた看板を掲げる店がうようよある。何店かと交渉にあたり、修理+脱獄で400バーツ(約1200円)という最安値を提示してくれたこちらのお店で脱獄をお願いすることに。日本は5000円だったし、中国でジェイルブレイクした時も100元(約1600円)だったので、ぼったくり価格ではないのだろう。1時間後に完成するとのことだったので、他のフロアの雑貨マーケットを見て回ることに。

DSC_1481
パロディものなど、各種Tシャツは驚きの99バーツ(約300円)~。

DSC_1503
マリファナリーフをあしらったアディダスならぬAddict Tシャツに、後背位で○行為中の牛のイラストつく「バッドブル」Tシャツなど、オリジナリティーに溢れたパロディー系Tシャツが並んでいると、見ているだけでも楽しめる。

DSC_1482

DSC_1487

ひだり みぎ

ひだり みぎ

ひだり みぎ

ひだり みぎ

IMG_7340

IMG_7339
微笑みの国タイだけあって、マネキンもこれ以上ない悦びの表情。

土産物探索をしていたらあっという間に1時間半が経過。どうせ1時間じゃできないだろうから1時間半の時間を彼らに与えたわけなんだが、携帯屋に戻ると、まだ出来ていないとのこと。『他の仕事で忙しくなった。』が彼らの言い訳だからどうしようもない。抗議しても直ってないものは直ってないので、10分後には出来上がるとの確約を得て上層階のフードコートへ向かうことに。

WP_20131219_030
賑わってるなー。タイ人8割、白人観光客1割、その他アジア系観光客1割といった客層の割合だ。

WP_20131219_025
●バンコクのフードコードの利用方法
1.各店舗で注文するのではなく、「Cash counter」で好きな金額を払い、支払い分がチャージされたプリペイドカードを入手。
2.好きな店で好きな物を注文。注文時にカードを渡し、料金分がカードから引かれる。レシートには残額も表示される。
3.金額が余れば「Refund counter」までカードを持っていき、残金を払い戻してもらう。

WP_20131219_027
フードコートにはこのように壁に沿って各国料理やタイの屋台料理が並んでいる。

ひだり みぎ
料理サンプルが並んでいたり、実際の料理を指差して盛ってもらうスタイルなので、言葉が分からずとも問題無く好きな物を注文する事ができる。屋台はちょっと…という人でも安心・清潔で問題無く食べることができるだろう。

今日は夜に客先との会食が控えていたので食事をせずに、iphoneを引き取ってから真っすぐにホテルへと帰還。次回はこちらのフードコートで供される各国料理のご紹介ができればと思っております。

【MBK情報】
・名称:MBKセンター(正式名称=マーブンクロンセンター)
・住所:444, MBK Center, Phayathai Road, Wangmai, Patumwan, Bangkok
・電話:+66 (0)2620-9000
・オープン時間:10:00~22:00

Related posts (関連記事):

一風も二風も変わったタイの寺院 プラタート・ルアン・ローン
カンペーン・ヤイ遺跡の見物に時間を費やし過ぎて乗車予定だったシーサケートへ戻る鉄道の時間を逃してしまったので、シーサケートまで戻りをロットゥーに変更。シーサケートに戻った後はいよいよ本日の〆、一風も二...
電脳城パンティップ・プラザとプラティナムファッションモール
遅めの昼食にピンクのカオマンガイを食べよう!ということでタクシーで遥々プラトゥーナムにやってきたものの、まさかの売り切れで撃沈。このままプラトゥーナムで何もせずにホテルに戻るというのも勿体無いので、近...
古代の漆喰芸術が残るワット・ナーン・パヤー
シーサッチャナーライ遺跡公園での〆は城壁内の南端にあるワット・ナーン・パヤー。ガイドブックには「全体に傷みが激しく、ラテライトのブロックを積み重ねた7つあったといわれる礼拝堂も今は1つしか残っていない...
スコータイ芸術の最高芸術が…残らない ワット・トラパン・トーン・ラーン
次なる目的地は城壁東部のワット・トラパン・トーン・ラーン(Wat Traphang Tong Lang)。初日に城壁内の似たような名前の寺院を見ているが、向こうはワット・トラパン・トーンで、こちらはワ...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする