中国・広州で見つけたサイゼリヤに入ってみた

広州市を歩いていて、なんとまあ、あのコスパ最強イタリアンチェーンのサイゼリヤを発見!!!何度も目を擦って確認したが、ロゴもスペルも間違いない!本物だ!!!イタリア料理のチェーン店と言えば中国では『必勝客』でお馴染みのピザハットだが、サイゼリヤも地味に2003年に中国は上海に進出していて、現在では大都市を中心に既に中国で合計150店舗を展開、3年後には400店体制にするという勢いらしい。

中学生の時はドリンクバーとミラノ風ドリア、ディアボラ風ハンバーグにどれだけお世話になったことか…中国でも低価格を武器に中国の若者たちのハートと胃袋をしっかりと掴み、飛ぶ鳥を落とす勢いで成長を続けるサイゼリヤ、その実力のほどを検証すべく実食しなければ。

IMG_5755

IMG_5758
噂に違わぬ繁盛ぶりで、店の外まで行列ができている。私は一人だったので5分後にあっさり入店を許されたが、4人組などは15分以上も待っていると愚痴をこぼしていた。

IMG_5767
ちょっと高級志向なピザハットとは対照的に、サイゼリヤは中国でも低価格路線を貫いているようだが、内装も日本のゼリヤと大差無しで十分にきれい。


こちらは中国人が中国のサイゼリヤで食事をする様子。

メニュー。
ひだり みぎ

ひだり みぎ
日本の定番どころは大体揃っている。そして驚きはやはりその価格である。キノコのパスタにイカ墨パスタは13元(200円)、ベーコンの鉄板焼き飯10元(160円)、卵とほうれん草のドリア8元(120円)、ミートソースのリゾット11元(170円)、サラミピザ20元(320円)、鶏肉のハンバーグ14元(220円)、ドリンクバー7元(110円)などなど…気になるミラノ風パスタは何と10元!!!朝日スーパードライの大瓶も10元!!!当社のスタッフ達が昼に食べてる弁当類が8~15元程のようなので、それなりに綺麗な店でイタリアンを食べてこの値段というのは中国庶民の感覚から見てもかなりのコスパである。勿論ドリンクバーもお安く、7元となっている。

ピザハットのミートソーススパゲティーは28元だが、サイゼリヤは9元。また、ピザハットの9インチのピザは安いものでも50元前後だが、サイゼ リヤでは18元から食べられるということからサイゼリヤの価格破壊ぶり具合が分かるだろう。ピザハットの高価格帯戦略によりそれまでイタリア料理に割高感を感じていた中国人消費者が一気にサイゼ リヤに流れ込んだのだ。

私が頼んだのはキノコのパスタと地中海リゾット。そして締めにディアボラ風ハンバーグだ。3品もというと多く聞こえるが、値段が値段だけに量が少なく、3品程頼まねば腹は膨れない。別に私が大食漢という訳ではない。
IMG_5773
キノコのパスタ。

IMG_5774
地中海リゾット。

IMG_6426
ディアボラ風ハンバーグ。

これだけ食べても800円。一品一品の値段は確かに安いが、日本では3品など到底食べきることができないので、量が日本より少ないんじゃないだろうか。まぁ多少量が少なくとも安いことには変わりはないし、味は日本と大差無い。同社はこれまで中国の現地企業から食材を仕入れてきたが、自社工場で集中的に加工することで原材料費を抑えるなど絶え間なき企業努力を行ってきた。その努力の賜物だろう、物価の安い中国で価格的に中国人民から認められるのだから大したものだ。我がホーム中山市に出店頂ければ毎週でも行くのだが…是非是非中山市への進出を検討頂きたい。

Related posts(関連記事):

クチャ国際ホテル 宿泊記
クチャでの宿泊先はクチャの鉄道駅から程近いクチャ国際ホテル。クチャには早朝着、深夜発で滞在時間17時間程度の為、市内よりも鉄道駅に近い当ホテルを選択した。一泊朝食込みで120元だったかな。閑散期だったこともあるだろうが、上海や広東省では到底考えられないような安値だった。 鉄道駅から真っ暗闇でマイナス15度の極寒の中を2キロ程歩き、北京時間06:00(新疆時間04:00)にクチャ国際ホテル...
アロフト南海でポイント修行 ホテルオファーとSPGオファーのコンボ技
広州近郊にありながら300元台前半⁺⁺~で泊まれる手軽なSPGホテルのアロフト南海。今回、SPGのMake it Countプロモとホテル独自でオファーしてるトリプルポイントプロモのコンボ技を駆使すれば中々のポイント獲得率になる為、ポイント修行も兼ねて佛山まで行ってみた。 【トリプルポイントプロモの内容】 一泊580元(≒90米ドル)~。トリプルポイントが付与され、無料朝食と230元分の食...
南方航空で行くシルクロード旅行 広州-ウルムチーカシュガル
昨年の年末年始はシルクロードで栄えた中国西北地方の古都巡りに出かけてみた。広州からウルムチ経由でカシュガルに飛び、カシュガル⇒クチャ⇒トルファン⇒ウルムチ⇒敦煌⇒西安と、中国最西端のカシュガルからシルクロードの東端・西安までの交易路を西から東へと移動。中東情勢がきな臭くなってる今、新疆もチベット同様に厳しい入域管理下に置かれるかもしれないし、行ける時に行っておかないとと思いましてね。 という...
広州マリオット天河(広州天河万豪酒店)クラブフロア宿泊記
この日は広州のマリオットに泊まってみることに。 広州には2か所のマリオットがあるが、旧市街に建つ歴史あるホテルで「広州中国大酒店」としても知られるチャイナホテルマリオットではなく、今回利用するのは2012年に新市街地の天河地区にできたマリオット天河の方。 昔ながらの建物や飲食施設が集まり下町風情のある旧市街地が町の西側に残る一方、広州の東側には高級ホテルや高層ビルが立ち並ぶ香港顔負けに...

コメント

  1. […] https://worldtravelog.net/2014/03/saizeriya-china-guangzhou/ 172 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 14/06/20 09:50 fZPHWWtm0.net >>95 ダンピングじゃん 100 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 14/06/20 09:21 X8CkIzzb […]

    • admin より:

      おお!まと速ニュースさんの記事にリンクしてもらってる!リンクして下さった方、ありがとうございます!