中国・広州で見つけたサイゼリヤに入ってみた

広州市を歩いていて、なんとまあ、あのコスパ最強イタリアンチェーンのサイゼリヤを発見!!!何度も目を擦って確認したが、ロゴもスペルも間違いない!本物だ!!!イタリア料理のチェーン店と言えば中国では『必勝客』でお馴染みのピザハットだが、サイゼリヤも地味に2003年に中国は上海に進出していて、現在では大都市を中心に既に中国で合計150店舗を展開、3年後には400店体制にするという勢いらしい。

中学生の時はドリンクバーとミラノ風ドリア、ディアボラ風ハンバーグにどれだけお世話になったことか…中国でも低価格を武器に中国の若者たちのハートと胃袋をしっかりと掴み、飛ぶ鳥を落とす勢いで成長を続けるサイゼリヤ、その実力のほどを検証すべく実食しなければ。

IMG_5755

IMG_5758
噂に違わぬ繁盛ぶりで、店の外まで行列ができている。私は一人だったので5分後にあっさり入店を許されたが、4人組などは15分以上も待っていると愚痴をこぼしていた。

IMG_5767
ちょっと高級志向なピザハットとは対照的に、サイゼリヤは中国でも低価格路線を貫いているようだが、内装も日本のゼリヤと大差無しで十分にきれい。


こちらは中国人が中国のサイゼリヤで食事をする様子。

メニュー。
ひだり みぎ

ひだり みぎ
日本の定番どころは大体揃っている。そして驚きはやはりその価格である。キノコのパスタにイカ墨パスタは13元(200円)、ベーコンの鉄板焼き飯10元(160円)、卵とほうれん草のドリア8元(120円)、ミートソースのリゾット11元(170円)、サラミピザ20元(320円)、鶏肉のハンバーグ14元(220円)、ドリンクバー7元(110円)などなど…気になるミラノ風パスタは何と10元!!!朝日スーパードライの大瓶も10元!!!当社のスタッフ達が昼に食べてる弁当類が8~15元程のようなので、それなりに綺麗な店でイタリアンを食べてこの値段というのは中国庶民の感覚から見てもかなりのコスパである。勿論ドリンクバーもお安く、7元となっている。

ピザハットのミートソーススパゲティーは28元だが、サイゼリヤは9元。また、ピザハットの9インチのピザは安いものでも50元前後だが、サイゼ リヤでは18元から食べられるということからサイゼリヤの価格破壊ぶり具合が分かるだろう。ピザハットの高価格帯戦略によりそれまでイタリア料理に割高感を感じていた中国人消費者が一気にサイゼ リヤに流れ込んだのだ。

私が頼んだのはキノコのパスタと地中海リゾット。そして締めにディアボラ風ハンバーグだ。3品もというと多く聞こえるが、値段が値段だけに量が少なく、3品程頼まねば腹は膨れない。別に私が大食漢という訳ではない。
IMG_5773
キノコのパスタ。

IMG_5774
地中海リゾット。

IMG_6426
ディアボラ風ハンバーグ。

これだけ食べても800円。一品一品の値段は確かに安いが、日本では3品など到底食べきることができないので、量が日本より少ないんじゃないだろうか。まぁ多少量が少なくとも安いことには変わりはないし、味は日本と大差無い。同社はこれまで中国の現地企業から食材を仕入れてきたが、自社工場で集中的に加工することで原材料費を抑えるなど絶え間なき企業努力を行ってきた。その努力の賜物だろう、物価の安い中国で価格的に中国人民から認められるのだから大したものだ。我がホーム中山市に出店頂ければ毎週でも行くのだが…是非是非中山市への進出を検討頂きたい。

Related posts(関連記事):

ホテルインディゴ麗江 宿泊記 テーマは馬! 雲南省旅行12
麗江初日と二日目のお宿はIHG系列のホテルインディゴ麗江エインシェントタウン(麗江古城英迪格酒店/Hotel Indigo Lijiang Ancient Town)。他のIHG系列ホテルとは一線を画すユニークなブランドコンセプトを持つインディゴに泊まるのは香港・シンガポール・上海に次いで4箇所目。いずれのインディゴもそれぞれの地域の歴史・文化的特徴がホテルの設計に活かされた造りでユニークな宿泊体...
大連市内で見る帝政ロシア統治の名残
時は遡り20世紀後半、帝政ロシアは遼東半島南部の租借に成功し、今日の大連となる当時の漁村を「遥か遠い」という意味のロシア語「ダリーニ」と名付けてパリをモデルとした都市開発に着手した。ヨーロッパとロシアの伝統的な設計に倣い、大連をヨーロッパ区・行政区・中国区として区画分けし、都市広場や放射状に広がる道路を中心として典型的なヨーロッパ風建築物を造る構想を抱いていた。しかし、1904年には日露戦争が始ま...
普陀寺
ホテルのチェックインを済ませ、26番バスの終点駅である『普陀寺』を拝観してくる事に。 別に私自身は仏教を信仰している訳ではないが、純粋に中国大陸の仏教寺院の雰囲気を一度味わってみたいとかねがね思っていたからである。 市街を抜け、途中からは道も舗装されていないような小道を土煙を上げながらガタガタと激しい振動と共に走り行くバス。市街からバスに揺られること約40分、何とも辺鄙な田舎風景の中に...
コスパに優れるフェアフィールド東莞常平 宿泊記(Fairfield Dongguan Changping)
この日は東莞に新しくできたばかりのフェアフィールド バイ マリオット東莞常平(Fairfield by Marriott Dongguan Changping/東莞星汇広場万楓酒店)へとプチ遠征。 フェアフィールドホテルといえば北米ではハイコスパなセレクトサービスホテルとして破竹の勢いで成長をしてきた人気ホテルだけど、中国での認知度は全然。それが去年から一気に中国で攻勢をかけてきていて、20...

コメント

  1. […] https://worldtravelog.net/2014/03/saizeriya-china-guangzhou/ 172 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 14/06/20 09:50 fZPHWWtm0.net >>95 ダンピングじゃん 100 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 14/06/20 09:21 X8CkIzzb […]

    • admin より:

      おお!まと速ニュースさんの記事にリンクしてもらってる!リンクして下さった方、ありがとうございます!