ベトナムの庶民料理が集結する屋台村 ニャーハンゴン

ベトナム料理とい言えば生春巻きに揚げ春巻き、バインセオ、バインミーにチェー、そしてフォー…せっかくベトナムに来たからにはこれら定番どころのベトナムローカルフードを屋台で味わいたい!でもローカル屋台に突っ込んでいくには勇気がいるし、衛生的にちょっと不安、というかそもそも言葉も通じないしぼったくられるかも…と思っている方のニーズに応えてくれるのがホーチミン市内にあるニャーハンゴン(Nha Hang Ngon)というレストラン(旧名クアンアンゴン)。店舗全体がベトナム料理の屋台村のようになっていて、自分の好きなベトナム料理を目の前で作ってくれるスタイルになっている。英語も通じるし、清潔かつ明朗会計、そして何より美味い!!!ということで、ニャーハンゴンには昼夜問わずお客さんで賑わっています。



場所は1区のオシャレな一角にある。北方面への一方通行のパスター通り、ホーチミン市博物館を越えてザッカの先を進んだ右手になります。そういやプノンペンのシアヌーク通りらへんでも支店を見かけました。

DSC_1883
西欧風な黄色のヴィラのような建物とオープンテラスが目印。ベトナム語で、Nha hang(ニャーハン)=レストラン、Ngon(ゴーン)=おいしい、という意味なので、ずばり「おいしいレストラン」というド直球な名前がまた宜しいこと。

行列必至との事だったが、朝は比較的空いていて予約無しでもすんなりとテラス席を確保することができた。
DSC_1862
中はテーブルも広々していて窮屈感がないのがすばらしい。木漏れ日溢れる開放的な空間が気持ちいい。

ひだり みぎ

中のダイニングテラスをぐるっと取り囲むように並ぶベトナム各地の料理を作る屋台群。
DSC_1877

ひだり みぎ
メニューを見て注文してもよし、メニューを見ても食べ物のイメージが湧かなければ屋台に並んだ食べ物を見ながら指差し注文しても良し。ざっと見た感じ200種類以上の料理があり、メニューのバリエーションは豊富なので迷うこと必至。誘惑に抗えずあれもこれもオーダーしてしまうことになってしまうかもしれないが、そんな時は是非お店の両サイドに並ぶ屋台風キッチンまで足を運んでみるべし。

DSC_1874
チェーもフルーツを入れたり蓮の実を入れたり小豆を入れたり、トッピングがいろいろあって自分好みにカスタムメイドすることが可能。

ひだり みぎ

ひだり みぎ
エビのすり身に。グリルの屋台もあり、チキンやポークを炭火で焼いてくれたりもします。焼き方の良し悪しやタレの味なども指定することができる。ベトナム料理を調理しているのを見るのは楽しいし、調理のパフォーマンスを見てから食べると、何か実力以上に美味しく感じるものである。

DSC_1865
定番のバインセオはVND50,000(約200円)。米粉のサクサククレープ生地でエビと野菜を挟んでヌックマムのタレにつけて食す。

DSC_1872
こちらはベトナム版つけ麺といった感じのブン。米粉で作られた生地を丸穴からところてんのように押し出して作られたプリプリ米麺を茹で、野菜や甘辛く煮こまれた鶏肉と一緒に特製タレにつけて食べる。ベトナムの麺はフォーだけにあらず。これまた絶品だ。香草にしても、米や米粉を使った麺にしても、日本では味わえない食材ばかりで新鮮である。

思ったより奇麗でローカル感は余り感じませんでしたが、値段は意外にもお安くVND 200,000(800円)もあれば十分に腹いっぱい食べられます。そして、何を見ても美味しそうなので、あれもこれもとついついたのみ過ぎてしまうので注意が必要だ。次回は隣の人が食べていたハマグリのレモングラス蒸しに挑戦したい。

【本日のレストラン】
名称:ニャハンゴン(Nha Hang Ngon)
住所:160 Pasteur, phuong Ben Nghe Dist.1, Ho Chi Minh City
電話:+84-8-3827-7131
営業時間:7:00~22:30

Related posts(関連記事):

ホーチミン市博物館
ホーチミン市内の他の博物館と比べると若干知名度不足な感が否めないホーチミン市博物館。後回し後回しで今まで行きそびれていたので、遅ればせながら拝観してきました。 ホーチミン市博物館 開館時間:08:00~17:00 入館料: VND 15,000 1886年、仏印の植民地時代に建築されたフレンチコロニアルの匂い漂う重厚な宮殿風の建物です。 元々はフランス人官僚の宿泊先として建て...
ベトナムの青空散髪屋
本日は日曜日。暇に任せてホーチミン市内を探索に出ました。街頭を歩いていたところ、壁際に集まる怪しげな3人の男を発見。 不自然に寄りあう男ども。何だか怪しい予感。 近寄ってみると… 街頭散髪屋でした。壁に鏡を備え付けてその前に椅子を一個置くだけという一切の無駄を削ぎ落とした究極のシンプル店舗。店舗(?)を覗き込むと美容師さん(?)に満面の笑みで手巻きされる。英語で20,000ドンと...
ホーチミンで買うベトナム土産 マルゥチョコレート・フックロンコーヒー
くっそ暑い日曜昼下がりのホーチミン市。冷房の効いたホテルでだらだらまったりと過ごしたいところだけど、頼まれ物の土産品を調達すべく殺人的日光が照り付ける灼熱地獄へと出ていくことに。 大粒の汗を垂らしながら先ず向かった先はPHUC LONG(フックロン)、地場のコーヒーチェーンである。ベトナム語でハッピードラゴンという意味らしいので、漢字表記だと福龍になるのかな。公安(コンアーン)・注意(チュー...
政治臭の強い歴史博物館&革命博物館
ホアンキエム湖から南東へ少しいったところにある歴史博物館。フランス領事館の跡地で、1874年にハノイで初めてフランスに割譲されたとされる屈辱の地に建っています。建物自体はフランス極東研究所の博物館として1932年に完成されたそうで、大変な歴史を誇る建築物のようです。 インドシナ建築様式と呼ばれる東洋と西洋の様式が混じり合った独特の建物で、外装や窓枠はアールデコ調の装飾が施されいる。一見、...

コメント