ベトナムの青空散髪屋

本日は日曜日。暇に任せてホーチミン市内を探索に出ました。街頭を歩いていたところ、壁際に集まる怪しげな3人の男を発見。

不自然に寄りあう男ども。何だか怪しい予感。

近寄ってみると…

街頭散髪屋でした。壁に鏡を備え付けてその前に椅子を一個置くだけという一切の無駄を削ぎ落とした究極のシンプル店舗。店舗(?)を覗き込むと美容師さん(?)に満面の笑みで手巻きされる。英語で20,000ドンと言っているようだが、言葉も分からないし、ここはこちらも笑顔でご免被らせて頂いた。


道を進むともう一軒ありました。ton duc thangストリートに非定期で店を出しているようなので、ベトナムの青空ヘアカットに挑戦されたい方は是非どうぞ。

*横の街頭(歩道)でも大量のバイクが走っているのでお気をつけて!

危ね~。


スレスレの所にスピード緩めず突っ込んでくるので要注意!!ここは歩道じゃないのかよ!!カオスベトナムの一面を垣間見ることができました。

Related posts(関連記事):

ベトナムの地ビールが味わえるPasteur Street Brewing
この日はホーチミン市でベトナムの地ビールを飲みに行ってきた。缶ビール1本100円弱とミネラルウォーター並みの価格でビールが飲めるベトナムだが、南国の気候に合わせて水が如くガブ飲みできるような軽くて薄いテイストのものばかり。濃く味わい深いビールなど皆無だったんだけど、昨年くらいから遂にベトナムにもクラフトビールブームの波が押し寄せてきたようだ。その火付け役が2015年にパスター通りに開業したクラフト...
ホイアンそぞろ歩き ~夕編~
日暮れのホイアンを歩く。朝靄かかる神秘的で清廉な装いを見せる朝のホイアンも、ランタンの優しい光に照らされた夜の幻想的なムードも、それぞれ魅力的。だが、個人的には夕暮れのどこか哀愁漂う感じの街並みが一番気に入った。 ランタンに灯が点り始める夕暮れのチャンフー通り。太陽が西に傾き出し強烈な暑さからもようやく解放される頃、町全体がランタンの明に優しく包み込まれ、朝昼とは違った幻想的な景色が創り...
ベトナム少数民族の住宅展示場・民族学博物館
ベトナムで小物屋巡りをして目につくのが鮮やかな色糸で刺繍を施された民芸品。売り子曰く「これは少数民族の○○族が~」と言われますが、そう言われても全くもってピンときませんよね。だって○○族って言われても知らないしイメージ湧かんもん。ハノイからは少数民族の村巡りツアーなんてのも開催されているので参加して見たかったが如何せん時間が無い…そんな私にぴったりな博物館がハノイ市内にあるようだ!その名も民族学博...
ベトナムの悪徳商法
やれれました!!! ホーチミンの路上を歩いていると、笑顔の野郎たちに日本語で声をかけて来られる機会が多々あります。 『Hey! You! こんにちは! where are you going! どこ行く?』とシクロ(バイクタクシー)の運転手が英語と日本語を混ぜながら、しきりに話をかけてきます。私は最初は愛想良く笑顔で返してましたが、ベトナムでも場数を踏むうちに、次第にめんどくさくなり、...