三人のアユタヤ王が眠るワット・プラ・シー・サンペット

王宮跡の南にあるアユタヤ王朝の王宮守護寺院・ワット・プラ・シー・サンペットはアユタヤー朝中期の15世紀末に建立された。伝説によればこの地にはアユタヤ王朝の開祖・ラーマーティボーディー1世に(ウートン王)よって宮殿が建てられていたとされるが、15世紀後半のトライローカナートの時代に宮殿が現在の宮殿跡に移築し、この地は宮中儀式が執り行われる仏教施設となったという。謂わば元祖アユタヤ宮殿の跡地だ。さらに時代は下り1492年、ラーマーティボーディー2世により現存する3基の仏塔の中央と東側の2基が建立され、それぞれ父王であるトライローカナート王と兄王のボーロマラーチャーティラート3世の遺骨が祀られたことで王宮の守護寺院となる。この後、ラーマーティボーディー2世が崩御すると彼の遺骨を納める為の第三の仏塔が建てられ、仏塔の東側にはアユタヤの富を象徴するような高さ16メートル重さ171キロの純金に覆われた立仏像が建てられた。本堂と仏像は1767年のビルマ軍による第2次アユタヤ侵攻で破壊されたが、1957年に仏塔の修復が行われ、現在は3人の王が眠る白く風化したスリランカ様式の3基の仏塔と寺院遺跡が残っている。

WP_20131218_275

WP_20131218_258

WP_20131218_255

WP_20131218_262
3基の仏塔はセイロン(現スリランカ)風の釣り鐘型。大きな破壊を受けた他の仏塔遺跡と比べ、漆喰などが当時の状態のままに保存されているため、古都アユタヤの建築がそのまま見ることの出来る貴重な遺跡としてアユタヤ一の観光スポットになっている。

WP_20131218_267
恐らくこちらが本尊を祀った礼拝堂跡だろう。相当な規模の寺院だったことが遺跡からも見て取れるが、ビルマ軍の破壊活動もまた相当なものだったに違いない。基壇や壁、柱の一部を残すのみとなっている。

WP_20131218_264

WP_20131218_263

WP_20131218_272
1351年、ウートン王によってこの地に都を築いて以来、35代の王が417年間に渡って偉大なる歴史を築きあげてきたアユタヤ王朝。世界中の商人が集まる世界有数の貿易都市として栄華を誇ったアユタヤ…遺跡を歩いていると時の流れの儚さ、諸行無常を感じざるを得ない。

【営業時間】07:00-18:00
【入場料】50B(約150円)

Related posts(関連記事):

象に護られたワット・チャーン・ローム
続いてワット・チェディ・チェット・テーオの正面にあるワット・チャーン・ロームへ。こちらはラームカムヘン大王の命令で13世紀に作られた寺院の遺跡で、寺院名はタイ語で「象に囲まれた寺」くらいの意味らしい。「チャーン」というのは象のロゴでお馴染みチャーンビールの「チャーン」かな。 柱だけが無残に残る礼拝堂の奥に釣鐘の形をしたスリランカ様式の仏塔が見える。漆喰も残りマズマズの保存状態のようだ。 ...
巨大な黄金坐仏が鎮座する プラ・モンコン・ボピット
白と深紅に彩どられた三角屋根の面白い建物物を発見。観光マップを見ると、高さ12.45メートル(台座を含めると16.95m)、幅9.55メートルというタイ最大の青銅仏であるプラ・モンコン・ボピット仏を本尊とする現役の寺院となっている。変な名前がが、「モンコン」は「吉祥」、「ボピット」は「清浄」をそれぞれタイ語で意味し、吉祥で清浄なモンコン・ボピット仏が収められているので、プラ(寺)・モンコン・ボピッ...
ライブミュージックが響くカンチャナブリーの夜
ダークツアリズムの観光産業で栄える観光都市カンチャナブリーの見所周りで思いっきりグレーな気分にさせられて、陰鬱な気分でRiver Kwai Hotelにチェックイン。 ナイトクラブやビアガーデンからスパやマッサージ施設まで完備した老舗ホテルで、一応は市内最高級ホテルの一つに挙げられるとのことだ。とりあえずシャワーを浴び冷房の効いた部屋で一休憩。更にレッドブルの元にもなったとされるタ...
アユタヤ随一の名刹 ワット・パナン・チューン
ワット・スワン・ダーラーラームの参拝を終え、いよいよチャオプラヤ川を渡ってワット・パナン・チューンへ。こちらの寺院はアユタヤが首都となる26年前となる1324年に建立されたそう。アユタヤの中洲にある寺院は悉くビルマ軍により壊滅的ダメージを被って廃墟と化したが、ワット・パナン・チューンは奇跡的に破壊を免れたこともあり、縁起がよい寺として多くの人々の厚い信仰を集めているそうだ。 川の向こうに...