三人のアユタヤ王が眠るワット・プラ・シー・サンペット

王宮跡の南にあるアユタヤ王朝の王宮守護寺院・ワット・プラ・シー・サンペットはアユタヤー朝中期の15世紀末に建立された。伝説によればこの地にはアユタヤ王朝の開祖・ラーマーティボーディー1世に(ウートン王)よって宮殿が建てられていたとされるが、15世紀後半のトライローカナートの時代に宮殿が現在の宮殿跡に移築し、この地は宮中儀式が執り行われる仏教施設となったという。謂わば元祖アユタヤ宮殿の跡地だ。さらに時代は下り1492年、ラーマーティボーディー2世により現存する3基の仏塔の中央と東側の2基が建立され、それぞれ父王であるトライローカナート王と兄王のボーロマラーチャーティラート3世の遺骨が祀られたことで王宮の守護寺院となる。この後、ラーマーティボーディー2世が崩御すると彼の遺骨を納める為の第三の仏塔が建てられ、仏塔の東側にはアユタヤの富を象徴するような高さ16メートル重さ171キロの純金に覆われた立仏像が建てられた。本堂と仏像は1767年のビルマ軍による第2次アユタヤ侵攻で破壊されたが、1957年に仏塔の修復が行われ、現在は3人の王が眠る白く風化したスリランカ様式の3基の仏塔と寺院遺跡が残っている。

WP_20131218_275

WP_20131218_258

WP_20131218_255

WP_20131218_262
3基の仏塔はセイロン(現スリランカ)風の釣り鐘型。大きな破壊を受けた他の仏塔遺跡と比べ、漆喰などが当時の状態のままに保存されているため、古都アユタヤの建築がそのまま見ることの出来る貴重な遺跡としてアユタヤ一の観光スポットになっている。

WP_20131218_267
恐らくこちらが本尊を祀った礼拝堂跡だろう。相当な規模の寺院だったことが遺跡からも見て取れるが、ビルマ軍の破壊活動もまた相当なものだったに違いない。基壇や壁、柱の一部を残すのみとなっている。

WP_20131218_264

WP_20131218_263

WP_20131218_272
1351年、ウートン王によってこの地に都を築いて以来、35代の王が417年間に渡って偉大なる歴史を築きあげてきたアユタヤ王朝。世界中の商人が集まる世界有数の貿易都市として栄華を誇ったアユタヤ…遺跡を歩いていると時の流れの儚さ、諸行無常を感じざるを得ない。

【営業時間】07:00-18:00
【入場料】50B(約150円)

Related posts(関連記事):

またまたまたまた“由緒ある”寺院 ワット・プラシン
プラシン寺院は、1345年にランナー王朝第5代パーユー王によって建てられた由緒ある寺院らしい。“由緒ある”とか“格式高い”という常套句は今回の北タイ旅行で耳にタコが出来るくらい聞いてきたし、もうお腹一杯になるくらいに寺院を見たさ。寺院寺院寺院…修行僧かのように数多くの寺を回って正直もう飽き飽きしてきているのだが、SPチキンの近くということだったんで、折角なので立ち寄ってみることに。 すっ...
チェンセーンの夜
ゴールデントライアングルからチェンセーンへの戻りはチェンラーイ行きのクーラー付きミニバン。巨体の白人旅行者8名と一緒にバンに押しくるめられ、車内には男臭い汗と泥のツーンとした匂いが充満… 今回のホテルはチェンセーンの中心地から徒歩15分ほど離れているので、事前にホテルの住所を運転手に見せ、近くに差し掛かったところで降ろしてもらうことに。こんなタクシーみたいな使い方して運賃が20Bなんだから助...
クメール遺跡巡りの拠点・シーサケート
20:30にバンコクを出た列車はコラート高原の乾燥した大地を走り抜け、ほぼ定刻通りの06:20にシーサケート駅へと滑り込んだ。約10時間もの長旅でエアコン付き2等下段寝台席での移動だったが、予想以上に快適な乗り心地にぐっすりと寝ることができたので、気づけば到着したと言うのが率直な感想だ。 今日はホテルに荷物を置いた後、ローカルバスにてサ・カムペーン・ノーイ遺跡、サ・カムペーン・ヤ...
スコータイの双子の町 シー・サッチャナーライへ
スコータイ二日目はバイクでシー・サッチャナーライ遺跡へと向かう。 スコータイから北に50Km程の地点にあるシーサッチャナーライ歴史公園は、スコータイ・カムペーンペットと並び世界遺産「スコータイの歴史上の町と関連の歴史上の町」を構成する町の一つ。恐らく川を天然の堀としていたのだろう、ヨム川が大きく湾曲して向きを変える広範囲な地域に140もの遺跡が残っている。 シーサッチャナーライの町...