今にもゴーレムが出現しそうな荒廃した遺跡 ワット・マハタート

続いてワット・ラーチャブーラナのお隣にあるワット・マハタートへと向かう。

ワット・マハタートは14世紀に建てられた最重要寺院の一つだが、建立者については未だに確定めいた情報が無い。1636~42年のオランダ東インド会社アユタヤ商館長であったエレミアス・ファン・フリートの『シアム王統記』に拠る初代アユタヤ国王・ラーマーティボーディー1世によりアユタヤ建都の際に建立されたとされる説や、『アユタヤ王朝年代記』のラーメースワン王の治世に建てられたとされる説など諸説あり、その歴史は未だに謎に包まれているらしい。

DSC_1331
刈り込まれた広い芝地と運河を利用して造った長閑な人工池のある遺跡公園内にあるワット・マハタート。池の横の小屋でチケット代金を払い、ワット・マハタートの中へと進む。マハタートとはタイ語で『釈迦の遺骨』を意味しており、かつてはタイの各都市にワット・マハタートという呼び名の寺院があったと言われるくらい鉄板な寺院名だそうだ。先述のファン・フリート氏の著書にはワット・プラ・シー・サンペットとワット・マハータートの偶像の下にある財宝は、荒廃した王国をふたたび復興させることができるほどの財宝が眠っているとの記載があるが、実際に1956年にはタイ政府の文部省芸術局により仏塔跡地の掘削調査が行われ、地下17メートルの地点から見つかった地下室の中から数々の黄金仏や宝飾品などが発掘されたそうだ。これらの財宝は現在チャオ・サン・プラヤー国立博物館に展示されている。

ひだり みぎ

ひだり みぎ
瓦礫の山!!!建立当時は境内中央に高さ約50メートルにもなる黄金に輝くロップリ様式の仏塔と大規模な礼拝堂、仏堂があったと推測されていますが、1767年のビルマ軍隊による攻撃を受けて廃墟となり、今は崩れ落ちたレンガの壁や礼拝堂の土台、胴体のみとなった仏像などが残るのみとなっている。こんな遺跡など来たことないのにどこか懐かしい感じがすると思ったら、天空の城ラピュタだ!!!

ramada
こんなロボット兵が出てきてもおかしくないだろう!!!

go-remu
いや、下手したらゴーレムの野郎まで出てきそうな荒廃した雰囲気だ。

DSC_1308

DSC_1318

DSC_1316

DSC_1329

DSC_1330

DSC_1305
礼拝堂跡と見られる場所には側壁に沿って多くの仏像が並置されているが、殆どが首をかっ斬られていて、頭の無い胴体だけの痛々しい御姿のままで放置されている。漆喰も朽ち果て、かろうじて人型を保っているだけの惨たらしい状態だ。どうやら当時の仏像の頭部には金箔が貼られていたらしく、中身も金に違いない!と思ったビルマ軍が頭部のみを持ち去ってしまったからと考えられている。当時のビルマは仏教国じゃなかったのだろうか。仏教徒が仏像を斬首するとか、万死に値する極罪なんじゃないのだろうか。度胸の無いワシなんか仏教徒でなくとも仏像の首を切断するなど躊躇われるわ。

DSC_1310
ビルマ軍のお持ち帰り忘れなのか、仏像の顔面だけが地面に転がっている。

DSC_1309
漆喰が剝れ、苔むし風化したレンガ積みの仏塔からは歴史の深さが感じられる。まさに、The廃墟。

DSC_1307
そして、木の根の間にも仏像の顔面が!!!

DSC_1306
これは別に木の間に仏像の御尊顔がフィットするからはめ込んだというのではなく、ビルマ軍が切り取り放置した仏像の頭部が、長い年月の間に木の根に取り込まれていったそうだ。 破壊され傷つき大地に横たわった仏像の頭部を労わるように包み込み、成長した樹木。長い歴史とだけが成せる業。でも、いくら笑顔とはいえ、お顔がちょうど真正面を向いているので、目が合いそうでちょっと怖い。因みに写真撮影の際などには『仏像より高い位置に立ってはいけない』という規則があるらしく、皆さん空気椅子状態で屈んで、苦悶の表情を浮かべ太ももを振るわせながら写真を撮られていました。

最盛期のアユタヤには400近くもの寺院があったそうだが、数ある寺院の中でもワット・マハタートの司教・僧は最大の権威・権力を有し、大変な隆盛を誇ったそうだ。そんな栄華に満ちた時も今や昔。荒廃しきった現在のワット・マハタートには物悲しい空気が流れています。

拝観時間:8:00~18:00
拝観料:外国人=50B、タイ人10B


Related posts(関連記事):

ワット・チャーンローム(カムペーンペット)
次はスコータイ朝後期~アユタヤ朝前期に建てられた“ワット・チャーンロム”へ。スコータイやシーサッチャナーライにも同じ名前の象に囲まれた寺院があったが、ここのワット・チャーンロームも同じような構造になっているようだ。 遺跡がある小高い丘に着くと、まずはその大きさに驚かされる。須弥壇の奥に一辺30メートルはあろうかという正方形の基壇があり、そこから半身を出す無数の象たちの姿が見える。当地の支...
ワット・プラケオとワット・プラ・タート
カムペーンペット遺跡公園での見学を終え、町のもう一つの見所である古代の城壁へとバイクを走らせる。 城壁内は広くはないのでバイクを停めて徒歩で見て回ることに。城壁内の中学校にバイクを停め一息つこうとしたところ、何やら視線が…。 恐る恐る視線の先に目をやると、城壁内に住み着いているのであろう野良犬が近距離から私を凝視してるではないか。こちらが少し離れると離れた分だけ距離を詰めてきて、こちらが少...
フアラムポーン駅から夜行列車でイサーンの果てへ
20分遅れで香港を出たCX751は上空で後れを挽回し、定刻通り16:20にバンコク・スワンナプーム国際空港に到着した。 先のラオス入国にも備えて幾ばくかのラオスキープも手に入れておきたかったが、ここではバーツ⇒キープの両替は出来ずに断念。今回訪問予定のパークセー近辺ではタイバーツも流動しているのでマイペンライ!!と両替商のお姉さん達は口々に教えてくれるが、タイバーツを使ったらべらぼうな悪レー...
アユタヤに残る日本人町跡
チャオプラヤー川によって海洋と結ばれたアユタヤは、16~17世紀、中国や近隣アジア諸国の他、東インド会社を展開したオランダやイギリス、フランス、ポルトガルなど世界中の40もの国々の商人が集まる国際都市として栄華を極めていた。アユタヤ王は外国人に住居を与え、自治権を認められた独自の街を造成することを許可。言ってみりゃ租界地だ。こうしてできた外国人町の一つが日本人町。1610~30年の最盛期には、御朱...