インドネシア全土の定番土産物が揃うパサラヤデパート

土産の買い物ならここ!!というのがブロックMにある有名なパサラヤデパート。下層階は極一般的な庶民派モールですが、上階の3フロア位はひたすらインドネシア特産品が並ぶ一大土産物市となっています。量も種類も豊富なので、はっきり言ってインドネシア土産なんて何を買えば良いのか分からない!!!という方には最適な土産調達先である。

WP_20131025_023
ブロックMバスターミナルから見える白く高い建物がパサラヤ百貨店だ。

WP_20131025_024
一階はごくありふれた普通の百貨店になっているが、上層階はインドネシア全土の特産物が全て揃うと言っても過言ではない程の大規模土産物市になっている。竹やガラスなどを使った工芸品、バティックシャツ、バリ石鹸、ブレスレットやスカーフなどのアジアン雑貨、影絵グッズ、ピューター製品、怪しいイスラムグッズなどなど…冷房の効いた快適な店内でおよそ全てのインドネシアの土産品を買い漁ることができる。

WP_20131025_027
清潔な店内に永延と広がる土産物市。10分20分では到底見終えることは出来ません。

WP_20131025_029
アジアンジュエリーのコーナー。男物と女物がバランス良く取り揃えられています。

ひだり みぎ

ひだり みぎ

ひだり みぎ

ひだり みぎ

ひだり みぎ

WP_20131025_038

ひだり みぎ

ひだり みぎ

ひだり みぎ

ひだり みぎ
バティックも広大な1フロアが全てバティックの店になっているので、お気に入りの一着が必ず見つかる筈。

WP_20131025_043
欲しい物が見つかったら近くの係員に伝票を書いてもらってからレジへ行きお支払するという流れ。バーコードあるんだからわざわざ手書き伝票を書いてもらう必要は無いと思うのだが、ここらへんがインドネシアの非効率なところだ。基本的には全ての製品がバーコード管理されてレジ決済となる為に値引き交渉は不可。インドネシア語が全くダメな私にとってはこういった定価販売店の方が逆にありがたい。殆どの買い物客がチョイ見で素通りしていく中、結局2時間弱も行ったり来たりウロウロと品定めをしてしまった。

WP_20131025_079
こちらは中国に持って帰って特に評判の良かった影絵人形を使った枝折(各20,000ルピア~30,000ルピア≒200円~300円)とパパイヤやイチゴなどの天然石鹸4点セット(50,000ルピア≒500円)。他にもインドネシアっぽい柄のマグカップ(40,000ルピア)やストール(50,000ルピア)、高級そうな箸と箸入れセット(70,000ルピア)などを購入。ジャカルタにいながらバリやカリマンタンの土産物まで揃うので本当に重宝する。手軽に良品質のインドネシア土産を買われたい方にはおススメの百貨店である。


名称:パサラヤ (PASARAYA)
住所:Jl. Iskandarsyah 11/2, Blok M, Kebayoran Baru, Jakarta Selatan
TEL:021-726-0170

Related posts(関連記事):

ソロの骨董品マーケット・トリウィンドゥ市場
いよいよソロの滞在も最終日。昼の便でジャカルタへと飛び、そこからCXで繋いで香港経由成田行きという計画となっている。 朝食会場で、もはや毎朝の定番ドリンクとなったインドネシアの伝統生薬を飲み眠気覚まし。今日は疲労回復、体力増進効果があるという薬草の煎汁とウコンの生薬を飲んだんだが、これまた苦みが強烈で、一口飲んだらどんな眠気も吹っ飛んでくれる。こんだけ不味いんだし、偽薬ではなく本当に理薬効果...
都営三田線inジャカルタ
昨日の深夜にジャカルタ入りしてへばりながらも今日の任務を終えました。 ジャカルタは渋滞が醜くだいぶ時間に余裕をもって出発しなければならない。渋滞無しでは30分で行けるところが平気で2時間かかったりする。 歩いたほうが余裕で早い!!!! 今日もだいぶ余裕をもって早朝に出発。案の定、朝のラッシュで車が動かない。そんな時、窓越しに走り抜けていく電車を見ると、、、、、 んんんんん!...
渋滞知らずのトランスジャカルタ
ジャカルタ市内の渋滞が醜いことは以前から愚痴含みで書いたりしているが、今日は渋滞に関係無く市内を移動できる救世主をご紹介。 種明しから先にしますと、トランスジャカルタと呼ばれる公共バスがメシアの正体です。 トランスジャカルタは道路がブロックで区画された中央部の専用レーン、トランスジャカルタのみが入れる聖域レーンを走行していく為、渋滞で足止めを食らってる一般車を尻目にスイスイと走る事ができる...
ヒンドゥー教の美術文化を象徴するプランバナン
シェラトン・ムスティカジョグジャカルタリゾート&スパでチェックイン。深夜便で香港からジャカルタに飛び、朝一の便でジョグジャカルタへとやって来た。この時点で朝7時。さすがにアーリーチェックインはできなかったが、ホテルの無料シャトルバスが出る8時までクラブラウンジで朝食を摂りながら休ませてもらえることに。シェラトンジョグジャはSPGカテゴリー1という最低ランクに属しているので心配だったが、そこは腐って...