インドネシア全土の定番土産物が揃うパサラヤデパート

土産の買い物ならここ!!というのがブロックMにある有名なパサラヤデパート。下層階は極一般的な庶民派モールですが、上階の3フロア位はひたすらインドネシア特産品が並ぶ一大土産物市となっています。量も種類も豊富なので、はっきり言ってインドネシア土産なんて何を買えば良いのか分からない!!!という方には最適な土産調達先である。

WP_20131025_023
ブロックMバスターミナルから見える白く高い建物がパサラヤ百貨店だ。

WP_20131025_024
一階はごくありふれた普通の百貨店になっているが、上層階はインドネシア全土の特産物が全て揃うと言っても過言ではない程の大規模土産物市になっている。竹やガラスなどを使った工芸品、バティックシャツ、バリ石鹸、ブレスレットやスカーフなどのアジアン雑貨、影絵グッズ、ピューター製品、怪しいイスラムグッズなどなど…冷房の効いた快適な店内でおよそ全てのインドネシアの土産品を買い漁ることができる。

WP_20131025_027
清潔な店内に永延と広がる土産物市。10分20分では到底見終えることは出来ません。

WP_20131025_029
アジアンジュエリーのコーナー。男物と女物がバランス良く取り揃えられています。

ひだり みぎ

ひだり みぎ

ひだり みぎ

ひだり みぎ

ひだり みぎ

WP_20131025_038

ひだり みぎ

ひだり みぎ

ひだり みぎ

ひだり みぎ
バティックも広大な1フロアが全てバティックの店になっているので、お気に入りの一着が必ず見つかる筈。

WP_20131025_043
欲しい物が見つかったら近くの係員に伝票を書いてもらってからレジへ行きお支払するという流れ。バーコードあるんだからわざわざ手書き伝票を書いてもらう必要は無いと思うのだが、ここらへんがインドネシアの非効率なところだ。基本的には全ての製品がバーコード管理されてレジ決済となる為に値引き交渉は不可。インドネシア語が全くダメな私にとってはこういった定価販売店の方が逆にありがたい。殆どの買い物客がチョイ見で素通りしていく中、結局2時間弱も行ったり来たりウロウロと品定めをしてしまった。

WP_20131025_079
こちらは中国に持って帰って特に評判の良かった影絵人形を使った枝折(各20,000ルピア~30,000ルピア≒200円~300円)とパパイヤやイチゴなどの天然石鹸4点セット(50,000ルピア≒500円)。他にもインドネシアっぽい柄のマグカップ(40,000ルピア)やストール(50,000ルピア)、高級そうな箸と箸入れセット(70,000ルピア)などを購入。ジャカルタにいながらバリやカリマンタンの土産物まで揃うので本当に重宝する。手軽に良品質のインドネシア土産を買われたい方にはおススメの百貨店である。


名称:パサラヤ (PASARAYA)
住所:Jl. Iskandarsyah 11/2, Blok M, Kebayoran Baru, Jakarta Selatan
TEL:021-726-0170

Related posts(関連記事):

プラザ・スマンギでブラブラと
ホテル飯に飽きたので、ぶらりと気分転換も兼ねて外食することに。 スディルマン・クニンガンの渋滞は醜いので、車と車の間を縫って走れるバイクタクシー(オジェック)で移動する。値段交渉を終え、運転手から差し出された悪臭漂うヘルメットを着用。準備が整ったところでエスパー伊藤似の弱々しいモヤシ男の運転手がご自慢のバイクを走らせる。 僅かな隙間を接触事故を起こさずギリギリで抜けて...
インドネシアの魅力(関連記事はページ最下部から)
面積も人口もASEAN最大の超大国であるインドネシアは、3つのタイムゾーンに跨る1万8千以上の島より構成される島嶼国家である。群島国家で各地域が海に隔てられている故、それぞれの地域によって 民族独特の言語・文化が発達。世界最大のイスラム人口を抱える一方で、約300もの民族が共存し、実に500以上もの言語が話されるというトンデモ多様性が魅力。島の数だけ、民族の数だけ食文化や習慣があるので、インドネシ...
CX718からのCX542でジャカルタから羽田へ
旧正月明けから香港⇔ジャカルタを行ったり来たりで、てんてこ舞いの大忙し。本日ようやくジャカルタでの拘束状態が解かれたので、CX718で香港へ移動し、別切り予約のCX542で羽田へ帰還する。 朝、悠長に二度寝をかましてしまい、大慌てでシルバーバードの黒塗りメルセデスに乗り込んで空港へと移動。今回のドライバーは寡黙なガサガサ肌のおやっさん。車内をギンッギンに冷やしているからだろうが、30秒おきに...
インドネシアの近現代史を知る@フレデブルク要塞博物館
ソノブドヨ博物館からマリオボロ通りに北上すると、フレデブルク要塞博物館が見えてきた。オランダ軍による要塞跡を利用したインドネシアの近代歴史博物館である。 独立運動を主導した五虎将の像が目印。マリオボロ通りの南端、迎賓館の対面にある。 博物館前のマリオボロ通りは露店で埋め尽くされていて、若者を中心にお祭り騒ぎになっている。どうやらここら一帯はパサール・ソレ・マリオボロと呼ばれる...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。