インドネシア全土の定番土産物が揃うパサラヤデパート

土産の買い物ならここ!!というのがブロックMにある有名なパサラヤデパート。下層階は極一般的な庶民派モールですが、上階の3フロア位はひたすらインドネシア特産品が並ぶ一大土産物市となっています。量も種類も豊富なので、はっきり言ってインドネシア土産なんて何を買えば良いのか分からない!!!という方には最適な土産調達先である。

WP_20131025_023
ブロックMバスターミナルから見える白く高い建物がパサラヤ百貨店だ。

WP_20131025_024
一階はごくありふれた普通の百貨店になっているが、上層階はインドネシア全土の特産物が全て揃うと言っても過言ではない程の大規模土産物市になっている。竹やガラスなどを使った工芸品、バティックシャツ、バリ石鹸、ブレスレットやスカーフなどのアジアン雑貨、影絵グッズ、ピューター製品、怪しいイスラムグッズなどなど…冷房の効いた快適な店内でおよそ全てのインドネシアの土産品を買い漁ることができる。

WP_20131025_027
清潔な店内に永延と広がる土産物市。10分20分では到底見終えることは出来ません。

WP_20131025_029
アジアンジュエリーのコーナー。男物と女物がバランス良く取り揃えられています。

ひだり みぎ

ひだり みぎ

ひだり みぎ

ひだり みぎ

ひだり みぎ

WP_20131025_038

ひだり みぎ

ひだり みぎ

ひだり みぎ

ひだり みぎ
バティックも広大な1フロアが全てバティックの店になっているので、お気に入りの一着が必ず見つかる筈。

WP_20131025_043
欲しい物が見つかったら近くの係員に伝票を書いてもらってからレジへ行きお支払するという流れ。バーコードあるんだからわざわざ手書き伝票を書いてもらう必要は無いと思うのだが、ここらへんがインドネシアの非効率なところだ。基本的には全ての製品がバーコード管理されてレジ決済となる為に値引き交渉は不可。インドネシア語が全くダメな私にとってはこういった定価販売店の方が逆にありがたい。殆どの買い物客がチョイ見で素通りしていく中、結局2時間弱も行ったり来たりウロウロと品定めをしてしまった。

WP_20131025_079
こちらは中国に持って帰って特に評判の良かった影絵人形を使った枝折(各20,000ルピア~30,000ルピア≒200円~300円)とパパイヤやイチゴなどの天然石鹸4点セット(50,000ルピア≒500円)。他にもインドネシアっぽい柄のマグカップ(40,000ルピア)やストール(50,000ルピア)、高級そうな箸と箸入れセット(70,000ルピア)などを購入。ジャカルタにいながらバリやカリマンタンの土産物まで揃うので本当に重宝する。手軽に良品質のインドネシア土産を買われたい方にはおススメの百貨店である。


名称:パサラヤ (PASARAYA)
住所:Jl. Iskandarsyah 11/2, Blok M, Kebayoran Baru, Jakarta Selatan
TEL:021-726-0170

Related posts(関連記事):

インドネシアの魅力が詰まったテーマパーク タマン・ミニ
インドネシアは主要な5つの島と中規模な群島を含めた17,508の島々から成り立つ世界最大の群島国家。イスラム国家というイメージが強いが、地方地方によって独自の言葉や、食事、風習、宗教が残っている。そんな多様性の国・インドネシアの魅力を一か所に詰め込んだタマンミニ(インドネシア語で小さな公園の意)というテーマパークがジャカルタにある。このタマンミニ、小さな公園なんてとんでもない。1.0 km2という...
ジャカルタ北部の道路事情
さて、行ってきました初めてのジャカルタ観光。朝食後の水風呂で気合を入れた後、08:30にホテルを出発、徒歩でマンガドゥアからコタ地区に向かいます。朝方はジャワ海からの風が吹き付けて爽快でした。 マンガドゥアもコタも北ジャカルタ、ジャワ海沿岸のすぐ傍に位置します。コタ地区は旧バタヴィアと称される旧市街地区域で、大航海時代にオランダがオランダ東インド会社の拠点として開発した区域です。こう聞くだけ...
メリディアン ジャカルタ クラブフロア宿泊記
通算3度目の宿泊となったルメリディアンジャカルタ。過去の滞在では余り良い印象を抱かなかったが、残念ながら今のところジャカルタ市内で手頃な価格のSPGホテルはここだけなんで、修行なんだと自分を納得させて泊まることに。ジャカルタには新しいシェラトンが今年10月、ウェスティンが12月、セントレジスが2016年、アロフト2か所が2017年、Wが2018年にそれぞれ開業予定とSPGオープンラッシュが待ってい...
ジャワ原人の故郷サンギランで人間の歴史を学ぶ
チュト寺院から3時間以上走ってやっと辿りついたサンギラン博物館。今回はチュト寺院からバイクで移動したので時間がかかったが、ソロからだと北に20Km、タクシーで30分程の距離にある。ガイドブックでは「とりあえず載せておきましたわ」程度の扱いで一般的には知名度こそ低いが、サンギラン周辺地域はピテカントロプス・エレクトゥス、通称ジャワ原人の化石の宝庫で、考古学的重要性から世界遺産にも認定されている。私が...