陸路国境越え(ベトナム⇒カンボジア)

さて、急な思い付きによって決定した二泊三日のカンボジア旅行。出発地点はホーチミン市のバックパッカー街・デタム通りにある旅行代理店のシンカフェだ。同社は近隣都市各地へのツアーバスの手配、各国ビザの取得代理、両替などの業務を行うが、カフェは供されていない模様。出発は06:30で、遅くとも06:15にはシンカフェでバスのチェックインを済ませるよう厳命されていた為に、眠い目を擦りながら少し早めにデタム通りに到着した。辺りは朝6時前というのに通りは眠気をふっとばすような活気と熱気と狂気が渦巻いている。

IMG_4254
共産主義のシンボルである赤い鎌と槌や星の旗がたなびくデタム通りには、陽も昇りきらぬうちからトロピカルフルーツを満載したリヤカーを引いた売り子たちが回転の準備に忙しくしている。

DSC_0015
朝っぱらから警察を交え、大声で乱闘騒ぎを起こす血気盛んな輩達と野次馬達。

DSC_0025
こちらには見事なバランス感覚でバイクの上で睡眠を取る男性が。一寸たりとも重心をずらせない環境でよくもまぁこんなに幸せそうに熟睡ができること。

DSC_0011
こっちはシクロで爆睡をかますおじちゃん。幸せそうな睡眠っぷりが見ていて気持ちいい。

DSC_0026
06:10頃、シンカフェ前に戻ると既にバスへの乗車を待つ中国人団体客が列を成していた。シンカフェオフィス内は当日券を買い求めるアメリカ人ヒッピー達がレジ嬢に威勢よく怒鳴り散らし、険悪な空気が流れている。

DSC_0022
乗客の国籍は4人のアメリカ人バックパッカーとその他大勢の中国人。

DSC_0030
荷物を預け、韓国メーカーの中古バスに乗り込むと、内部はエアコンも効いて意外と小綺麗で快適だ。このバスで6時間をかけてプノンペン市街地にあるキャピトル・ゲストハウスを目指す。バスが定刻通りに出発すると、添乗員がパスポートとカンボジアVISA用のUS$25を徴収して回る。US$20が実際のVISA費用で、US$5はシンカフェの手数料。ここベトナムの地での5ドルの威力は強烈で、ビザ申請書や入国カードの記入もしてくれる上、何故だかVISA申請用の写真提出義務も免除となるらしい。

ここでもアメリカ人ヒッピーたちは『詐欺師め!ビザはUS$20だろ!』と笑顔の愛くるしいベトナム人添乗員の悪態をつき、挙句の果てには自分でビザを申請するからUS$20しか払わないとほざき出している。

ひだり みぎ
ホーチミン市を出発したバスは絵に描いたような牧歌的景色の中を走り抜け、モクバイ(カンボジア側の名称はバベット)にあるカンボジアとのボーダーを目指す。その間、前に座るアメリカ人ヒッピーは爆睡し、後部座席を占拠した中国人はスナックをむさぼりながらワイワイガヤガヤやっている。

通路を挟んだ隣席に座った中国人の呉さんと話しているうちにバスは2時間ほどでモクバイに到着。
DSC_0044
ベトナム側のイミグレ。

DSC_0048
イミグレ内部には闇両替商がドルやドン、リエルの札束を握ってうろちょろしているが、当局に摘み出される様子は無い。

出国ゲート前で一人ずつ順番に名前が呼ばれ、出国手続きを済ませる。出国後、再びパスポートを添乗員に預け、数百メートル離れたカンボジア側のイミグレカウンターに移ってパスポート取得手続きの為に10分ほど待機。流石は信用と実績のあるシンカフェ、手際良く各人のビザ手続きを捌いていた。添乗員の根回しのお蔭か、入国審査も両手の掌と親指の指紋をスキャンするだけで、特に嫌らしい質問を受けたり物品や金をせがまれることもなくスムーズに完了。バスに戻ると、自分でビザを申請すると駄々をこねていた米人ヒッピー集団が戻っておらず、バスは15分程の足止めを食らうことに。遅れてバスに乗り込んでくる能天気な米人は悪びれる様子もなく『おー、やったぜ自力でカンボジア入国したぜ!』と言い放ち、流石の中国人も彼らに対して冷ややかな視線を浴びせ中国語で罵倒しまくっていた。

ひだり みぎ
カンボジア側のイミグレ。雨季というのが信じられないくらいの気持ち良い青空と、陰気な顔したバイクタクシーの運ちゃん達。

DSC_0049
こんな立派な塔まで建っている。

ひだり みぎ
タイ―カンボジアの国境の街であるポイペトのカジノは有名だが、ベトナム-カンボジアの国境の街バベットにも場末感を漂わせるカジノが集中しているようだ。プリンセス天功がオーナーを務めるカジノリゾートもここら一帯にあるらしい。写真右はWynnマカオならぬWinnカジノ(ロゴも瓜二つ!)。調べてみると、初回バイインがUS$5,000でVIP扱いとなり、ホーチミンとプノンペンからの無料送迎やビザアシストの他、エグゼクティブルームでの宿泊、フードコートでの飲食などが無料となるプロモを展開しているカジノもあるとのこと。なるほど、本家大元のロサンゼルスやマカオと比べてハイローラーの基準がすこぶる低い。

ちょっとしたカジノタウンを通り抜け、カンボジアの田舎道を爆走するバスは、Neak Loeunという街でメコン川を渡る為のフェリーに乗船する為に一時停車。
DSC_0068
ここぞとばかりに頭にバンレイシのようなトロピカルフルーツを載せた売り子と物乞いがバスを囲む。売り子の目からは殺気を感じる。

ひだり みぎ
メコン川の流れは緩く、おばちゃんたちはフェリー運航中もせっせとバインミー(ベトナム版サンドイッチ)作りに勤しんでいた。

DSC_0076
10分程度で対岸に到着。ここから平坦な道を更に走ること1時間半程度、プノンペンに近づくにつれて交通量が増えて走行速度が落ちてしまったが、予定通り12:30にプノンペンのキャピトル・ゲストハウス前に到着。到着するなりトゥクトゥクの運ちゃん数名に囲まれる。試しに値段を聞くと、キャピトルから車で10分弱のところにある私が予約したホテルまでUS$5と吹っかけてくる。結局、キャピトルゲストハウス前のバス停からリバーサイドのホテル⇒キリングフィールド⇒トゥール・スレン博物館⇒ナイトマーケットと6時間程度かけてトゥクトゥクで回ってもらうことに。費用はUS$12。ホーチミンからプノンペンまで6時間かけて走ってきたバスの費用がUS$8だったことを考えると若干高 い気がしないでもないが、如何せん腰を据えて交渉にあたる時間が無い為にUS$12で手を打った。リバーサイドのホテルでチェックインを済ませ、身軽になった後にキリングフィールドへ向かう。

DSC_0088
チャーターしたトゥクトゥク。運転手は名倉潤に激似のクメール人。

【走行ルート】

【シンカフェ所在地】

・住所:246 Đề Thám, phường Phạm Ngũ Lão, 1,Hồ Chí Minh, Việt Nam
・電話:+84 8 3838 9597

Related posts(関連記事):

ホーチミンで買うベトナム土産 マルゥチョコレート・フックロンコーヒー
くっそ暑い日曜昼下がりのホーチミン市。冷房の効いたホテルでだらだらまったりと過ごしたいところだけど、頼まれ物の土産品を調達すべく殺人的日光が照り付ける灼熱地獄へと出ていくことに。 大粒の汗を垂らしながら先ず向かった先はPHUC LONG(フックロン)、地場のコーヒーチェーンである。ベトナム語でハッピードラゴンという意味らしいので、漢字表記だと福龍になるのかな。公安(コンアーン)・注意(チュー...
ダラット市民の台所・ダラット市場
ダラット2日目、余りの寒さの為に朝06:00に起床、ホテルの朝食に出た高原野菜サラダと野菜スープを胃袋に流し込む。甘味のある人参に玉ねぎ、そして新鮮な緑の高原野菜…普段は中国で汚染まみれの毒物ばかり食している私にとっては何よりの御馳走だ。今回のだラット旅行で、寿命が延びたと思う。 07:00、ぼちぼち陽が出てきたのでダラットの中心地にあるダラット市場へと足を運ぶ。新鮮野菜の朝飯に澄んだ高原の...
450年前の日本人商人のお墓(谷弥次郎兵衛、蕃二郎)
時は15世紀末、世界の覇者ポルトガル・スペインによる新世界「発見」を皮切りに大航海時代の幕が開き、世界は急速にその距離を縮め、東西様々な文化の「出会い」の機会が創出された。このような時代背景の中、極東の島国・日本にも南蛮船が到来、鉄砲やキリスト教などの海外文化が伝えられた。こうした“外世界”との接触は日本の為政者の視線を広く世界へ向かわせ、日本と海外との本格的な文化・経済の交流が始まった。殊に17...
強く逞しいベトナム人女性を知る・女性博物館
ホアロー収容所でヘビーな気分になった後、タクシーで女性博物館へと向かう。女性博物館はベトナム語でBao Tang Phu Nuと言う。Bao Tangは博物館という意味なので、Phu Nuが女性を意味する言葉なのだろう。北京語で婦女という漢字は“フーニュー”と読むので、恐らくだがベトナム語のPhu Nuは婦女という漢字に由来するのではないだろうか。ベトナム語には中国からの借用語が多い。ありがとうを...