ベトナム航空のお下がりかよ!カンボジア・アンコール航空

遂にカンボジアともお別れの時がやってきた。21:40出発予定のカンボジア・アンコール航空便でシェムリアップを離れ、22:40にホーチミン市に到着する。ギリギリまでカンボジアを満喫したかったので、聞きなれない航空会社ではあったが出発時刻が一番遅いカンボジア・アンコール航空便をネット予約した。このカンボジア・アンコール航空は、2009年に創立されたばかりのカンボジアのフラッグキャリアだそうだ。ナショナルフラッグとはいえ創立は僅か3年前、そりゃあ聞きなれない筈である。

バイタク運転手と価格面で一悶着あって気持ちの良い別れではないが、アディオス!カンボジア!!
DSC_1208
チェックインカウンター。こちらは空港は2006年に建て直されたばかりということでピッカピカ、タイルも輝くこの空間はとてもカンボジアとは思えない。聞いたことのない航空会社だったしリコンファームもしていなかったので若干の不安はあったが、ネット予約時に送られてきた予約表を提示したらトラブルもなくスムーズにチェックイン完了。

DSC_1207
チェックインカウンター横のカフェでカンボジア最後のヤシの実ジュースに舌鼓を打ってから国際線搭乗ゲートへ移動。

ひだり みぎ

ひだり みぎ
搭乗ゲート側には数は少ないがオシャレな土産屋が並んでいて、成金中国人が財力に物を言わせて大量に仏具やらスカーフやらを買い漁っている。そんな仏具ならおぬしらの国でも調達できるだろうに。物欲を満たした後は食欲。搭乗ゲート前で大騒ぎしながらスナックを食い散らかす中国人。すると集まるわ集まるわ…どうやらツアー団体だったようで、次々に中国人が合流し、最終的には20人程で大騒ぎ。

DSC_1216
フライトは何だかんだで定刻通りの出発となった。空港にはボーディングブリッジなど高価なものは有る由もなく、マイクロバスで機体の傍へ移動。バスは数名の日本人、数名の韓国人、数名の欧米人に大量の中国人で満員。

DSC_1217

DSC_1221
小さな小さなタラップを登って機内へ。ベトナム航空のお下がり機なのか、機内には所々でベトナム語を見ることができる。後で知ったことだが、このカンボジアアンコール航空、カンボジア待望のフラッグキャリアだが、ベトナム航空の資本が49%も入っているそうな。この日は1時間~2時間の遅延は覚悟していたが、この日はなんと予定より10分早くホーチミンに到着。夜遅くのフライトだったからか、中国人団体客の御一行もぐっすりと静かに快眠されていて、快適な空の旅を楽しむことができた。

◎シェムリアップからホーチミンへの移動メモ
直通のバスは無く、先ずはバスで7時間かけてプノンペンへ、そしてそこからバスを乗り継いで6時間かけてホーチミンへ行くことになる。費用はバス会社によって異なるが、概ねUS$20~30程度。飛行機の場合はホーチミンまで1時間弱、費用はUS$160~US$180前後が一般的な相場なようだ。*ちなみに今回のカンボジアアンコール航空便はネット予約でUS$170であった。

Related posts(関連記事):

宇宙の中心・バイヨンで呪文を…
アンコール朝第18代国王スールヤヴァルマン2世がアンコールワットを完成させてから30年余りの12世紀後半、アンコール朝は隣国チャンパ王国からの襲来を受け、危機的状況に陥る。しかし、徹底抗戦を貫いて都を奪還し、クメール人達を解放した。その時の王がアンコールトムを建造したジャヤヴァルマン7世だった。ジャヤヴァルマン7世はヒンドゥ教を信仰していた今までの王とは異なり、大乗仏教に傾倒。観世音菩薩のように四...
静粛の嵐が吹き荒んだトゥール・スレン博物館
プノンペン市街の中ほどに、コンクリートの壁と有刺鉄線で四角に囲まれた、奇妙な静寂を保つ空間がある。1975年から1979年まで続いたポルポト政権下で、政治犯の収容所として使用されていたトゥール・スレン虐殺博物館だ。カンボジア全土で無謀な原始共産主義改革が強行され、ポルポト思想に対する反革命分子と見なされた約2万人の人々がトゥール・スレンで拷問を加えられた後、チュンエクのキリング・フィールドに運ばれ...
クメール文化の美の結晶・アンコールワット
本日はカンボジア旅行の鉄板コースであるアンコール遺跡群を回る予定だ。今日の夜のフライトでホーチミン市に移動して明日からの仕事に備えねばならぬ為、許された時間は半日しかないのが大変惜しいところ。 朝6時、トゥクトゥクドライバーとの約束の時間がやってきた。1000年前にクメール王国の黄金時代を戦ったクメール王たちの物語への扉をいざ開かん!!!と勇んでロビーに向かった私。しかし、、、、案の定といえ...
ミニチュアアンコールワットと電飾仏像
どうやら午前中にバイヨンで受けた呪文が祝福の祈りではなく不幸の呪いだったらしく、お目当てのレストランはやってないはワットボーの本堂には入れずじまいになるわと非常についていない。 意気消沈気味にペダルをこぎ始めると、興味をそそられる内容の看板に遭遇。「100メートル先、Dy Preungによるミニ版アンコールワット」 矢印に従って道を進むと、親子とみられるパジャマのクメール人美女...