尖沙咀でちょいとぶらり~リモワ香港に糖朝~

香港在住の友人からリモワで香港限定モデルのクラシックフライトが販売されているとの情報が寄せられた。どうも○○限定モデルとかに弱い自分、こういうのに直ぐ釣られてしまう。今回も香港限定という響きに釣られ、宿泊先のシェラトンから近いこともあってリモワに足を運んでみることに。見るだけなら無料ですしね、見るだけなら。


リモワ香港は尖沙咀東店や空港、セントラルにも支店があるが、シェラトンからはネーザンロードのホリデイイン内の尖沙咀店が最寄り。10:00-20:30が営業時間とのことでまだ開店前。


10:00ちょい過ぎに再訪すると、早くも多くのお客さんが店内に。香港でもリモワパワーは絶大なようだ。

ひだり みぎ
限定品について問い合わせると、早速用意してくれた。マイケルウォンのデザインらしい。価格は21.7×15.7×7.9インチの機内持ち込みサイズがHK$8680(≒130,000円)。同サイズの通常クラシックフライトがHK$6080(≒91,000円)だから40%も高いし、今の円安ぶりなら日本で買っても価格に大差は無い。でも限定エディションだからなー。別にマイケルウォンはどうでもいいが、限定品ということだけで興味をそそられる分かりやすい自分。そんな私を見透かしてか、すかさず店員が「全香港で50pcsほどの限定モデルだから即売り切れるだろう」と購買意欲を駆り立ててくる。コーナーパッドや各部金具、ハンドルの皮が黒で統一されていてかっこいいし、物凄くパッショネートにプレゼンをしてもらったが、やはりついこないだクラシックフライトを購入したばかりなので、ここはグッとこらえて見送ることに。年末のタイミングで限定エディションが投入されることが多いようなので、来年末にも再訪したいと思う。

ひだり みぎ
続いてブランチにと、洋風のオープンテラスバーが立ち並ぶ九龍半島側きってのおしゃれスポット・ナッツフォードテラスへ向かう。かなりお値打ちなイタリアンのランチセットがあったと記憶しているが、まだあるだろうか。

ひだり みぎ

ひだり みぎ

ひだり みぎ
うーん。どこも開店準備中で店員がせわしなくモップがけに勤しんでいる。お得なランチセットなどは12:00スタートのところが多いようだ。昼まで待つか、それとも他へ行くか。悩んだ結果、ベタな選択だが暫く行ってない香港スイーツの名店・糖朝に行ってみることに。かれこれ3年ぶり、引っ越し&リニューアルしてから行ってないしな。


なんか小奇麗にリニューアルされた糖朝のエントランス。漢口路に移り、オーナーも台湾人に代わったそうだ。

ひだり みぎ
エスカレーターを下って薄暗い地下へと進む。なんだか博物館的な雰囲気だ。

ひだり みぎ
「時は1991年末、香港の跑馬地から始まった糖朝は、次第に中国、日本、台湾へと広がり、セレブやグルメ家までもが憧れる有名店となりました~国内外からただただ美食を求めて訪れる客足は途絶えません。」だと。周杰倫なんかも訪れたようで、自慢げに写真が飾られていて、期待値が高まる。

中に入ると、ランチ時とあってほぼ満席。混んでいて片付けもおざなり、サービスも無愛想と、第一印象は思いのほか最悪。こんなんでサービス料10%とかよく取れるな。
ひだり みぎ
内装もなーんか随分と現代的なインテリアデザインになっちゃって、場末のバーのような感じ。メニューは以前からのメインであった古き良き時代の伝統的なスイーツやお粥、麵といった定番どころの他に、広東料理や炒め物蒸し物、点心等、香港に来たら必食の食事メニューが豊富に揃っていて、もはやスイーツ専門店というより、手広く営業する大衆レストランのような感じになってしまっている。


お品書きの一部。料理のコンセプトは医食同源で、滋養と健康に良い厳選された食材を美しく現代風にアレンジした料理が供さる。メニューは写真付きで分かりやすく、日本語の表記もあり。料金設定はまずまずリーズナブルだが、別途お茶代(一人頭HK$8)とサービス料10%が加算される。


数あるメニューの中から以前に香港のCXラウンジ“Bridge”で供されていて虜になった椎茸と鶏肉の蒸籠蒸しご飯(HK$45)をチョイス。最近のBridgeでは野菜やスペアリブの蒸しご飯ばかりでメニューから外されたっぽいので頼んでみるも、完全に失敗。不味くはないが、敢えて外で頼むようなものでもない。やはりここはスイーツのお店か。で、肝心のデザートを待つも、50分経ってようやく運ばれてくる始末。他のテーブルでも盛んに催促ばかりされていたし、大丈夫かこのお店。ウェイトレスはテーブルの周りで井戸端会議したりする時間があるのに…


デザートではお汁粉や白玉団子などの伝統的な中国系スイーツだったりマンゴープリンが有名だが、ここはザボン&マンゴータピオカ入りアイスクリーム(HK$42)を選択。これは確かに美味かったし、追加で頼んだ果肉たっぷりのマンゴープリンも変わらず美味、でも中国大陸なら半額でほぼ同質のものを食べられるよなー。うーん、と微妙の面持ちで会計を済ませようとすると、やたらと睨みをきかせるレジ係りがレシートと釣銭を投げ捨てるようなに寄越してくる。喧嘩を売っているとしか思えないこの態度、なんなんだ一体。デザートは確かに美味いがサービスの劣化により残念ながら大減点。客足を見る限り経営的にはこの路線で行けてるんだろうが、リピートするような店ではなくなってしまった印象を受けた。まぁ、その日その時でたまたま店員の期限が悪い日にぶつかってしまっただけなのかもしれませんがね…


【リモワ尖沙咀】
住所:G3, Holiday Inn Golden Mile Hotel, 50 Nathan Road, Tsim Sha Tsui
電話:+852 23668085 / +852 23668135
営業時間:10:00am – 8:30pm
メール:BoutiqueRimowaHI@rimowa.com

【糖朝】
住所:尖沙咀漢口道28號
電話:2199-7799、2199-7788
営業時間:月-金 08:00-深夜00:00、土日祝 早朝07:30-深夜01:00

Related posts(関連記事):

客家人の土楼囲村@荃灣
以前、香港歴史博物館で客家人や囲村に関しての展示物に触れた。客家人は漢民族の一支流。原郷の中原から移住を繰り返し、古くは唐の時代から南方へと移住してきたとされる。独立心に富み団結力が強く、土着民と融和をしないどころか、しばしば紛争を起こしたりする問題児。移住先では常に『よそ者』扱いされてきたことから、客家とは招かざる客、招かざる異邦人との誹謗的意味合いが含まれているそうだ。 流浪の民として全世界に...
KA233 チェンマイ→香港 ビジネス席解放
明けましておめでとうございます。 今年はCXのDM昇格、SPG GoldとHyatt Platinum防衛という目標を果たせるよう、ぼちぼちまったりと頑張っていきたいと思います。 さて、新年早々ですが、明日はバンコクから合流してくれた客先と別れて今年一発目のフライト・KA233でチェンマイから香港、香港から広州へと飛び、土日はこれまた今年一発目のSPGウェスティン広州に宿泊予定。CXのクラ...
香港で食す二郎インスパイア系ラーメン@混乱拉麺
2018年10月1日追記:残念、混乱ラーメンは2018年10月7日に閉店し、混乱ステーキとして生まれ変わりました… この日は香港滞在中だったのですが、無性にニンニクを食べたくなるというニンニク中毒症状が現れてきましてね。これは日本に帰ってラーメン次郎に行くまで待てんと、海を越えた香港でもニンニクマシマシが楽しめることで有名な二郎インスパイア系ラーメン屋に行ってみることに。 その名も混乱...
香港国際空港行きフェリーのファーストクラス…
さて、今回、訳ありで珠海から香港国際空港に直接乗り入れるフェリーに乗船することになった。今日はやけに霧っぽいので濃霧を理由に欠航の恐れがあったが、何とか運行してくれるようだ。 珠海の九州港。タイに向かう大陸人団体旅行客が多数、一階のフロアを占拠してて、BOSE無しには耐え切れないほどのノイズレベル。どうして当地の人間は近距離でもああも大声で喋りたがるのか。 ここ九州港から香港空港行...