しつこいぞ!ホーチミンのバイクタクシー

ベトナムの観光地には必ず屯しているセオムと呼ばれるバイクタクシーのドライバー達。昼下がりにドンコイ通りを歩こうものなら『友達!』『今、暇?』『アナタ、どこ行く?』『チョロン(中華街)いいね!』『オッパッピー!』などなど、タドタドシイ日本語で30メートル毎くらいの高頻度でドライバーからのアツいラブコールがかかることでしょう。狙った獲物は逃さないぞ!とばかりに優柔不断にしていると中には10分以上もシツコク尾行してくる輩もいるので、必要ない時はきっぱりと必要ない!とハッキリ言うことが大切。下手に中国人のフリをして避けようとすると、中国語での勧誘が始まってしまうので要注意。


手持無沙汰でバイクの上に寝転がっている輩の横を通りかかると十中八九声をかけられる。中には怖い顔してYou!!!Bike!とか大声あげてくる輩もいる。これも怒っているのではなく、バイクツアーへのお誘いだ。平然と通り過ぎてしまって問題無い。

【営業トークのパターン】

①日本語や日本語のギャグで声をかけ、チャンスをうかがう。ギャグは前述のオッパーピーの他、『ハードゲイで~す』や『カトチャンペ!』など、日本とは大きなタイムラグがある。

②チョロンの市場や売春宿などへの観光ツアーを提案してくる。日本の旅行代理店によるツアーと同様、途中でドライバーと提携してるコーヒー豆や茶葉の店に連れて行かれたりする。ドライバーにとってはツアー料金の他、各店舗からのキックバックも重要な収入源で、何も購入しなくとも問題ないが、ドライバーの機嫌はあからさまに悪くなる。

③それでも渋っていると、最後の手段、奥の手として、『アナタ見て見て』攻撃が繰り出される。過去の日本人客による感謝の言葉が綴られた使い古しのノートを取り出してくるのだ。過去の実績、お客様の声を以て新規顧客の開拓をするといった点では立派な営業マンである。年がら年中携帯して使い古された営業ツールであるノートにはビッシリと『○○さん(ドライバーの名前)最高!』『楽しく安く買い物できました!』等と賞賛のコメントが書かれていて、それらを指さして信用力をアピール。そして間髪入れずに『OK? Let’s go!』『OK牧場!』と一方的にに商談を取りまとめようとしてくる。何がOK牧場だ!

中には『僕の奥さん日本人』や『○○○(18禁の卑猥な言葉)』などの変質な勧誘パターンもあるが、その中でも一番驚いたのは『Jyo知ってる?』攻撃。市内を歩いていて、突然バイクに乗った笑顔のベトナム人に『Jyo知ってる?』と流暢な日本語で声かけられたのだから笑ってしまう。『Jyo 城彰二! Jyoはマリノスの城でしょ!』とか言って、城とのツーショット写真を見せつけてくる。見ると、確かに城っぽい男と運転手が写真に映っている。だからなんなんだ!って話だが、彼らとしては日本人観光客を安心させ、自分のバイクに乗らせたいのである。中には本当に流暢な日本語を操るお爺もいたりするのだが、語学力を生かして安定性のある職に就けないものなのだろうか。

まぁ彼らも悪い人ではなさそうなのだが、一定の割合で悪人が混じっているのも事実。確かに常夏のホーチミン市内をバイクに跨って走るのは爽快でエキサイティングであるが、タクシーと違ってメーター制ではないので、ツアー終了後に法外な費用を請求されないとも限らない。実際にトラブルの話も良く聞くので、できればバイクタクシーへの乗車は避けられた方が無難かと思います。

ひだり みぎ
確かに風を切って走るバイクに乗るのは気持ちいいんですがね…

Related posts(関連記事):

エネルギッシュなホーチミンの中華街
日曜日は朝一でホーチミンの中華街であるチョロンに向かいました。 チョロンへは1番のバスで向かいます。チョロンまではVND 4,000 (≒16円)でした。目的地までの走行距離が18Km以下であればVND 4,000、 18Km以上であればVND 5,000のようです。 市内から10分も走ればベトナム語・英語に加えて中国語の看板も見えてきます。 HCMCの中華街は17世紀の末に広...
タイ湖の畔に静かに佇むベトナム土着信仰の三大聖地・西湖府
今回のハノイ出張は日曜日帰り。完全休養日の土曜日にバイクを借りてニンビンまで往復200Kmを走破する計画を立てていたのだが、諸々の事情で土曜日にもガッツリ仕事をする羽目に。夕方前、ようやく自由時間が取れた頃には時すでに遅し。とても遠出ができる時間は残されていなかったので、本日の観光はホテル近くにある著名な神社・西湖府で済ますことに。 西湖府はタイ湖(西湖)突き出たところに建つ長閑な神社で、聖...
バイタクで赤ザオ族の住まう村落へ!
ホテルでアーリーチェックインを済ませた後は、休む暇も惜しんで街探索へと繰り出すことにした。 サパの町はこじんまりとしていて、30-40分もあればゆうに一周できてしまうほどの規模で、サパ市場を中心とした半径数百メートルの範囲にホテルやレストラン、ツアー会社などが密集している。首都ハノイからは376km離れた中国国境近くの標高1,600メートルの山岳地帯にあるこの小都市への訪問客のお目当ては市内観光で...
カントーの街でメコン川沿いを歩いてみる
さて、ホテルチェックイン時に図らずも明日の水上マーケットツアーも予約ができたので、残りの時間はゆっくりとカントーの街を見て回ることができそうだ。 今回宿泊するカントーサイゴンホテル前のマーケット。 今はまだ閑散としているが、陽が落ちたころから出店が始まり、精一杯背伸びをしてオシャレをしました感丸出しの地元の若者たちで賑やかになる。メコンデルタ最大の都市ということなので、周辺...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。