国技-中国の卓球事情

各国には国技と呼ばれるスポーツが存在します。カナダのアイスホッケーやオセアニア諸国のラグビーなどは地域社会に密着に根付いていて国内での競技人口も多く、国際大会に出ても優秀な成績を収めています。

事、中国に於いては卓球が国技の一つとして定着しており、男女共に世界の卓球大会で中国人が無双しています。強さの秘訣は何と言っても国のサラブレット育成プログラムにあるのでしょう。中国全土から卓球才のある少年少女を青田買いし、国営『卓球金メダリスト製造工場』にて育成。桁外れに多い人口を誇る中国の中でも選りすぐりの才能を持った最精鋭達が幼年期から国家運営の英才プログラムで養成され、精鋭同士で熾烈な競争を通じて国家代表を目指すのだ。中国のサッカーや野球と違ってきちっとした育成プログラム全土で展開されているので国のトップだけでなく、底辺の戦力も非常に厚い。また、公園や校庭のみならずマンション内や食堂にも卓球台が設置されるなど、街中で卓球インフラが整備されている。

今日は退社後に中山市体育館横の全民健身広場を散歩して、中国卓球のレベルの高さを改めて実感しました。

『我運動 我健康 我快楽』
卓球台32ケ・バトミントンコート4ケ・フットサルコート8ケ・テニスコート8ケ・バスケコート12ケ等が設置され、市民に無料開放されています。


テニスは不人気なようである。


フットサルは若者に人気のようだが、総じて日本の中学生レベル程度であった。


バスケコートも全面フル稼働で人気があるようだが、レベルは低い。


続いて卓球。夜の9時半を回っているのに順番待ちができる程の人気ぶり。


そして、どの台もめちゃくちゃレベルが高い!!!


ウオリャッと!!少年少女から爺婆まで皆が皆例外に漏れずお上手。プロの試合を見ているようで見ていて飽きません。聞くところによると中国では小学生低学年の時から皆が卓球を楽しむようになるそうです。

因みに…国の英才教育プログラムの中での競争に敗れた者はどうなるか?幼い頃から卓球一筋で育ってきた彼らは卓球プレーヤーとしての生活を継続する為に世界各地に帰化し、帰化先の代表になって世界選手権やオリンピックを目指すのだ。中国では『負け組』の彼らも中国国外ではピンポンマスター。何と卓球世界ランキング上位50位の大半は中国人と帰化中国人であり、卓球の世界大会は実質的に中国1軍VS中国2軍の争いという図式になってしまっている。先のロンドンオリンピックでも中国からの輸出帰化選手が計20カ国から40名も参加…

勝ち進んでも勝ち進んでも対戦相手が中国人というwwwちょっと信じられない話である。先の猫ヒロシのカンボジア帰化騒動でも問題として提起されたが、オリンピックは国を背負い、国旗を背負っての国の威信をかけた戦いの場である。帰化先で育ってその国に特別な感情を持っている場合は別として、その国の言語すら話せないような帰化先で仮にメダルをとって国旗を掲げることができたとしても、感動や感慨を得られるのだろうか。常軌を逸したほどの自国への愛国心をお持ちの中国人ならことさら他国への帰化など有りえないと思うのだが、彼らにとっては他国への帰化は職(卓球)の確保程度に考えているのだろう。オリンピックを見る側に取ったら大会が中国人選手権に格下げされたようで何とも白ける話である。

Related posts(関連記事):

大理の代名詞的存在・崇聖寺三塔 雲南省旅行18
大理古城を満喫した後は、大理のアイコン的観光地として世界中の観光客を惹き付ける大理崇聖寺三塔へと移動する。 三塔は古城からも歩いて行ける範囲にあるけれど、ヘタレな自分は古城西門から三塔専線という公共バスにて移動。着くなり駐車場に停まるミニバンや観光バスの多さに早くも驚かされた。なんたって国家AAAAA級の景区ですからね。実際のところA*5の格付がどれくらい凄いか分かりませんが、権威主義的社会...
敦煌の砂漠で遊ぶ 月牙泉と鳴沙山
敦煌到着日はフライトの遅延で万里の長城の最西端とされる玉門関まで足を運ぶ時間が無くなってしまったので、代わりに近くの砂漠で遊んできた。 敦煌はシルクロード上のオアシス都市として栄えた古都。周囲一帯には無限の砂漠が広がっており、街から僅か5Km程のところには鳴沙山という有名な砂丘が存在するというので行ってみた。 市街地からは鳴沙山へはバスで移動。街によってバスの種類や乗り方はマチマチだが...
シェラトン中山(中山喜来登酒店)クラブフロア宿泊記
この日は孫文所縁の町・中山の市街地ど真ん中に建つシェラトン中山へ。中山って中国の都市にしては妙な名前だけど、香山(現中山)出身の孫文の号が中山だったことに肖り中山に改名されたんだと。今でも中山は中国に於いて偉人の名前を取った唯一の都市らしく、そんな訳で中山に足を運ぶ度に稀代の革命家・孫文の顔が頭に浮かんできてしまうのである。 学生時代、阿片戦争⇒孫文出現あたりの世界史授業は胸アツで聞いてた覚...
カシュガル地区博物館に行ってみた
せっかく文化的・歴史的に興味深い場所に来ているので、博物館の訪問はマストでしょう。ということで次はカシュガル地区博物館へと向かう。 カシュガルの市街地中心から東に1キロほど行った塔吾古孜路にある。立派な建物で、警備も厳重。外観の写真を撮ろうとしていたところを捕獲され、入り口にいた警備員に軽い尋問を受ける。その後、暫くのパスポートと荷物チェックの後に容疑が晴れ、無事に入館を果たす。 ...