中国の回転寿司パート②

以前の広州旅行中に行った万歳回転寿司。中山市にも支店があるので行ってみることに。


京華ホテル近くの利和広場4Fに入っています。


入口には以前には無かった五星紅旗が。


寿司職人だけでなく鉄板焼きマスターも配属されています。


『鉄のリブ。』食べるには鉄の歯に鉄の顎が必要。


『鉄ハンブルクボール』こちらはもはや食べ物とは思えません。


『あまりにボリューム』今度は固さではなく量で勝負。


『魚一泊分』魚一泊分が38元。かなりの大盤振る舞いです。


『トニー三昧』もはや食べ物ですらなくなってしまった。


『アカシアの恋人』


『熟練したコンク』コンクとはフランスで一番美しいとされる村らしい。


『腹の木炭側』『風が鮭の頭を焼く』何だかもう…

これだけの面白メニューを見せられて注文に迷った末
メインには『ノルウェーサーモンのカートリッジ』を注文。サーモンの下はシャリではなく氷です。生牡蠣とかは危険ですが、刺身は中国で食べても問題ありません。味もまぁ値段相応だが食べれないことはない。会計時にクーポンを頂いたので近日中にまたお世話になりそうだ。海鮮系もおススメのようなので、次は『なるように唐ヤンイカ』や『炭マルチスプリングの魚』『イカチューブを燃焼ジュース』でも頼んでみよう。奇想天外なメニュー名で文字だけ見ても料理のイメージが湧かないのでメニューが写真付きで本当に助かる!!

Related posts(関連記事):

シェラトングランド広州花都リゾート 宿泊記
この日は広州出張の機会を利用してシェラトングランド広州花都リゾート(広州花都合景喜来登度仮酒店)での週末ホテルステイをエンジョイしに行くことに。え?ボッチでリゾートホテル宿泊?もう慣れたんで自分的には一人カラオケよりハードルが低いわw シェラトングランドは2020年までに150軒の新規開業を目指す「シェラトン2020プラン」に合わせて2015年に導入されたブランドで、第一弾として「シェラトン...
中国南方航空 CZ367 広州ーホーチミン B738ビジネスクラス
本日は広州市内での打合せ後、20:05発ホーチミンシティ行きのCZ367で移動する。 打合せが長引いてしまった為に時間ギリギリのチェックイン。チェックインカウンターに着いた時はフライト1時間前。こっちは冷や汗もんに焦っていたが、受付は全然慌てる様子も動じる様子も無く、普通に「ゲートは○○番なんで。では行ってらっしゃい。」的な事務処理で終了。そうだよな、この国ではフライト1時間前のギリギリ...
古都・佛山の街並み
祖廟の東側出口を抜けたら、上海の新天地を彷彿とさせる石組の建物が立ち並ぶ一角に出た。 本家本元の上海新天地同様にモダンアレンジされた租界風の街並となっていて、道の両側にハイセンスで洒落たカフェやショップが並んでる。 まんま新天地のパクリじゃんかと思ったら、本当に佛山版の新天地だった。その名も嶺南天地だと。百度地図で現在位置を確認したところ、次なる目的地である梁園へは嶺南天地を...
中国のスーパーマーケットで見る中国広東省の物価感
今日は朝一で近くのスーパーに行ってきました。中山市にはジャスコを始め、カルフールやウォルマートも進出してきていますが、今日行ってきたのは華潤超市(別名Vanguard)という香港系のスーパーマーケットチェーン店です。超市はモロに英語の直訳で、超=Super 市=market、スーパーマーケットの意です。 結構な規模で、生鮮品を含む食料品全般・衣類・寝具から簡単な家電製品まで、日常生活の上...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。