中国の回転寿司パート②
中国の回転寿司パート②

中国の回転寿司パート②

以前の広州旅行中に行った万歳回転寿司。中山市にも支店があるので行ってみることに。


京華ホテル近くの利和広場4Fに入っています。


入口には以前には無かった五星紅旗が。


寿司職人だけでなく鉄板焼きマスターも配属されています。


『鉄のリブ。』食べるには鉄の歯に鉄の顎が必要。


『鉄ハンブルクボール』こちらはもはや食べ物とは思えません。


『あまりにボリューム』今度は固さではなく量で勝負。


『魚一泊分』魚一泊分が38元。かなりの大盤振る舞いです。


『トニー三昧』もはや食べ物ですらなくなってしまった。


『アカシアの恋人』


『熟練したコンク』コンクとはフランスで一番美しいとされる村らしい。


『腹の木炭側』『風が鮭の頭を焼く』何だかもう…

これだけの面白メニューを見せられて注文に迷った末
メインには『ノルウェーサーモンのカートリッジ』を注文。サーモンの下はシャリではなく氷です。生牡蠣とかは危険ですが、刺身は中国で食べても問題ありません。味もまぁ値段相応だが食べれないことはない。会計時にクーポンを頂いたので近日中にまたお世話になりそうだ。海鮮系もおススメのようなので、次は『なるように唐ヤンイカ』や『炭マルチスプリングの魚』『イカチューブを燃焼ジュース』でも頼んでみよう。奇想天外なメニュー名で文字だけ見ても料理のイメージが湧かないのでメニューが写真付きで本当に助かる!!

Related posts(関連記事):

白雲空港への移動に便利なクラウンプラザ広州 花都ホテル 宿泊記
翌日の早朝便で広州を発つ予定だったので、この日の宿泊先は広州白雲空港に近いクラウンプラザ広州花都(広州花都皇冠假日酒店)を選択。広州白雲空港近辺で外資系ホテルに泊まりたい場合、クラウンプラザ花都以外にもう2種類の選択肢があったのだが、今回はIHGのターゲットオファー攻略目的でクラウンプラザを選択した。 ホテル名 系列 費用目安 空港までの距離 プルマン広州白雲空港 ...
クラウンプラザ広州サイエンスシティ(広州翡翠皇冠仮日酒店) クラブフロア宿泊記
この日のお宿はクラウンプラザ広州サイエンスシティ(広州翡翠皇冠仮日酒店)。 場所はホテル名にある通り、広州東郊にある科学城ことサイエンスシティ。科学城といっても観光の目玉的城楼があるわけではなく、ハイテク産業を中心とした各種製造業社が集積した工業園区にあり、周囲に観光名所は殆ど無い。天河や広州東駅からは車で25分、広州白雲空港からは1時間弱の郊外にあるので旅行者にはお勧めできないし、5,00...
古都・佛山の街並み
祖廟の東側出口を抜けたら、上海の新天地を彷彿とさせる石組の建物が立ち並ぶ一角に出た。 本家本元の上海新天地同様にモダンアレンジされた租界風の街並となっていて、道の両側にハイセンスで洒落たカフェやショップが並んでる。 まんま新天地のパクリじゃんかと思ったら、本当に佛山版の新天地だった。その名も嶺南天地だと。百度地図で現在位置を確認したところ、次なる目的地である梁園へは嶺南天地を...
江門の五邑華僑博物館で学ぶ広東華僑の歴史
趣味でもある博物館巡りの一環で、またも江門市に行ってきました。 本日の目的地は前回の開平市旅行 の際に時間が足らず、残念ながら訪問できなかった五邑華僑博物館。 ここには戦前に米国へ渡った華僑の渡米後の生活にまつわる物品や資料が展示されています。 当時、凶作による過度の食糧不足やアヘン戦争、欧米列強の中国侵略で荒廃しきった祖国に見切りをつけ、ゴールドラッシュに沸くアメリカ大陸を目指...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。