中国の回転寿司パート②

以前の広州旅行中に行った万歳回転寿司。中山市にも支店があるので行ってみることに。


京華ホテル近くの利和広場4Fに入っています。


入口には以前には無かった五星紅旗が。


寿司職人だけでなく鉄板焼きマスターも配属されています。


『鉄のリブ。』食べるには鉄の歯に鉄の顎が必要。


『鉄ハンブルクボール』こちらはもはや食べ物とは思えません。


『あまりにボリューム』今度は固さではなく量で勝負。


『魚一泊分』魚一泊分が38元。かなりの大盤振る舞いです。


『トニー三昧』もはや食べ物ですらなくなってしまった。


『アカシアの恋人』


『熟練したコンク』コンクとはフランスで一番美しいとされる村らしい。


『腹の木炭側』『風が鮭の頭を焼く』何だかもう…

これだけの面白メニューを見せられて注文に迷った末
メインには『ノルウェーサーモンのカートリッジ』を注文。サーモンの下はシャリではなく氷です。生牡蠣とかは危険ですが、刺身は中国で食べても問題ありません。味もまぁ値段相応だが食べれないことはない。会計時にクーポンを頂いたので近日中にまたお世話になりそうだ。海鮮系もおススメのようなので、次は『なるように唐ヤンイカ』や『炭マルチスプリングの魚』『イカチューブを燃焼ジュース』でも頼んでみよう。奇想天外なメニュー名で文字だけ見ても料理のイメージが湧かないのでメニューが写真付きで本当に助かる!!

Related posts(関連記事):

“文明国家”中国・深セン民の地下鉄マナー
深センの地下鉄の話。 深センには現在、5路線の地下鉄で合計131の駅があり、これを2020年までに12路線に、2030年までに16路線にするという長期的な発展計画が推し進められている。 今回の計画策定も中国の悪い癖が出ており、数十年後の壮大な大目標だけ立てて、その計画達成へ向けての中期的・短期的な計画には落とし込めていないので、進捗管理がまるでできていない。この手のインフラ整備になると...
中国のパイナップル螺旋加工職人による芸術
美味しいけれど、意外と切るのが面倒なパイナップル。あの硬くて痛い皮を削ぎ落すだけでもひと苦労だ。でも、ここ中国ではそんな面倒が全くの無用。パイナップル職人が街角やスーパーのパイナップル販売コーナーに待機しているので、夏と言わず冬と言わず、いつでも『Ready to eat(後は食べるだけ)』の姿でパイナップルを買う事ができる。 神湾パイナップル個人商店で売られていたり… 改造リ...
中国のSMSサービスと振り込め詐欺
中国では携帯電話によるSMS(ショートメッセージサービス)の普及率が高く、歩きながらポチポチ、運転しながらポチポチ、小便しながらポチポチと、何処に行っても携帯でメッセージを打つ中国人の姿を見かけます。こうしたSMS人気に商機を見出した各企業によるショートメッセージサービス等も充実しており、私自身もSMSによる銀行口座の出入金記録の通知や、天気情報のお知らせ等でSMSを活用しています。また、民間だけ...
宿泊記 ハード面と総監の態度だけは立派なコートヤード上海虹橋
この日の宿泊先はマリオット系列のコートヤードバイマリオット上海虹橋(上海中建万怡酒店/Courtyard by Marriott Shanghai Hongqiao)。 この日も他都市への遠征があり、高速鉄道で上海へと帰還した。夜遅くに虹橋駅に到着し、翌々日にまた虹橋空港から他都市に向け飛ぶ予定となっていたので、高速鉄道の虹橋駅と虹橋空港から程近いこちらのホテルを選んでみた。 ところが...