中国人の愛国心と共産党プロパガンダ

さて、国慶節休暇も終わり、残念ながら東南アジアでの苦行生活を再開しております。休暇前は尖閣諸島の国有化問題などで日中関係が荒れに荒れていたのですが、どうやら国慶節が明けても、まだまだ中国の臨戦態勢は解けていないようで、街中でやたらと中国人の愛国心を駆り立てるような共産党プロパガンダ的宣伝が目立ちます。


『歴史上の屈辱を忘れない。現代的な国防戦力を築きあげよう!』
こんな刺激的メッセージが普通に街中に掲げられており、小心者外国人の私なんか街に出ただけで肩身が狭い思いに苛まれてしまいます。


『あの苦痛に満ちた屈辱の歴史を心に刻め!』


『祖国の御下命賜れば、我が国が最も必要とする所に向かわれたし。』
戦場のこと?国家の為には命を惜しむなということ?


『家族一人の兵役入隊は一家全体の誉れである。』
戦時体制時のようなメッセージばかり。


『兵役は重要な政治的任務であります。ハイ。』


『法に則った形での軍役は、国民一人一人にとっての光栄な義務であり神聖な職務である。』


更には人民解放軍2012年冬季兵役体験場なんて施設もできていました。


一人一人が積極的・献身的に母国の国防に貢献されたし!


『強固な長城を築きあげ、ハーモニーある社会を創るべし!』


『熱血男子よ、ここに集え!!』

一連の尖閣諸島問題を契機に愛国教育がエスカレートしてしまったのでしょうか、街中至る所で臨戦態勢が如き愛国心の煽り具合が目立つようになりました。今後の日中関係も緊迫した状況が続きそうです。


それでもパトカーは日系メーカー車なんですね!

Related posts(関連記事):

抗日愛国教育拠点でもある日俄監獄旧址
続いてはタクシーで日露監獄旧址へ。「俄」というのはロシアを意味する中国語・俄羅斯の頭文字から来ている。1898年に旅順・大連を租借した帝政ロシアは旅順港を侵略基地として植民統治機構を設置、軍隊・特殊警察が各地に遍く配置された。反抗的な人民が逮捕拘禁されていったことから大規模な監獄が必要となり、1902年に旅順監獄の建設に着手する。しかし、1904年には日露戦争が勃発したことから85の牢獄を建設した...
旅順博物館と旧関東軍司令部
日露監獄旧址前から3番のローカルバスに乗り、旅順博物館・旧関東軍司令部跡へと向かう。 五十六中学なんていう駅があるが、まさか連合艦隊司令長官の山本五十六に因んではいないよなぁ。 運賃は2元。ローカルバスといってもかなり清潔。停車駅を表示する電光掲示もあるので言葉が聞き取れずとも自分の目的とする駅で降りる事ができるだろう。 旅順博物館への交差点にある勝利塔駅で下車。この勝利...
フェアモント ピースホテル上海(和平飯店)宿泊記/ Fairmont Peace Shanghai
上海出張での打合せを終えた後はフェアモントピースホテル(旧和平飯店)へと移動する。以前に上海の駐在員にピースホテル1階にあるジャズバーに案内され、今でもあの煌びやかで華やかな社交場としてのジャズバーの世界が記憶に残っている。あの華やかな世界の舞台に泊まってみたいと兼ね兼ね思っており、ようやく今回の上海出張時に何年か越しの望みを叶えることができた。 前回は社用車で颯爽と乗り付けたピースホテル、...
嵩山少林寺 洛陽・鄭州・開封旅行7
2017年端午節旅行二日目。早くも洛陽から引き上げ鄭州へと向かおうと思っていたのだが、地図を見たら洛陽から鄭州のほぼ中間地点に映画少林寺の舞台・嵩山少林寺があったので、せっかくなんで嵩山少林寺に立ち寄ってから鄭州に向かうことにした。 1982年に公開されたジェットリー主演の映画・少林寺。日本を含む世界各地で少林寺ブームを巻き起こし、少林寺=スーパー武僧集団という印象を世界中で確立させた名作中...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。