シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中国人の愛国心と共産党プロパガンダ


さて、国慶節休暇も終わり、残念ながら東南アジアでの苦行生活を再開しております。休暇前は尖閣諸島の国有化問題などで日中関係が荒れに荒れていたのですが、どうやら国慶節が明けても、まだまだ中国の臨戦態勢は解けていないようで、街中でやたらと中国人の愛国心を駆り立てるような共産党プロパガンダ的宣伝が目立ちます。


『歴史上の屈辱を忘れない。現代的な国防戦力を築きあげよう!』
こんな刺激的メッセージが普通に街中に掲げられており、小心者外国人の私なんか街に出ただけで肩身が狭い思いに苛まれてしまいます。


『あの苦痛に満ちた屈辱の歴史を心に刻め!』


『祖国の御下命賜れば、我が国が最も必要とする所に向かわれたし。』
戦場のこと?国家の為には命を惜しむなということ?


『家族一人の兵役入隊は一家全体の誉れである。』
戦時体制時のようなメッセージばかり。


『兵役は重要な政治的任務であります。ハイ。』


『法に則った形での軍役は、国民一人一人にとっての光栄な義務であり神聖な職務である。』


更には人民解放軍2012年冬季兵役体験場なんて施設もできていました。


一人一人が積極的・献身的に母国の国防に貢献されたし!


『強固な長城を築きあげ、ハーモニーある社会を創るべし!』


『熱血男子よ、ここに集え!!』

一連の尖閣諸島問題を契機に愛国教育がエスカレートしてしまったのでしょうか、街中至る所で臨戦態勢が如き愛国心の煽り具合が目立つようになりました。今後の日中関係も緊迫した状況が続きそうです。


それでもパトカーは日系メーカー車なんですね!

Related posts (関連記事):

アヘン戦争博物館・海戦博物館
今日は中国の広東省東莞市の虎門鎮に関して。ここは清国と大英帝国によるアヘン戦争の舞台となった場所で、中国人旅行者の間でもアヘン戦争に因んだ観光スポット(=愛国主義教育基地)が多数あることで有名です。 ...
銀河ホテル
今回の上海滞在時は中山西路の銀河宾馆(ギャラクシーホテル)に宿泊。『ドラゴン』 や『発財』、『やめて』と並んで『銀河』も中国人がやたらと好きな単語の一つです。 紅橋空港まで車で15分と、フライト...
宋都御街・龍亭公園 開封日帰り旅行2
鄭州からの開封日帰り旅行。夏の禹王を祀った禹王台公園の見学を終え、8路のバスで開封市街地へ。次なる目的地は宋代の宮廷画家・張択端の画巻『清明上河図』に描かれた風景・風俗を再現した古都開封市内の歴史文化...
広深港高速鉄路で深セン福田から広州南へ
出張先で週末を一人で過ごす時は極力アクティブに動き回ろうと決めていた2017年、この日もちょこっと遠出してみることに。 さあてどこに行こうか…と考える時に先ずは適当にホテルを検索してしまうのがホ...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする