中山市孫文記念公園

中山市は孫中山(=孫文)縁の地だけあって、孫中山記念堂しかり、孫中山故居しかり、中山市には多くの孫文像が建てられています。中にはまるっきし孫文に似ても似つかない様な外観の駄作も含まれますが、こと、孫文記念公園の頂きにそびえ立つ孫文像はかなりの力作。小山の頂上から中山市街を見下ろす彼の立姿からは彼の威徳・風格すら感じ取れます。


遠方に眺める孫文像。小山の上に建っており、遠くからでもも彼の姿が視界に入ります。


公園の入り口から見上げる孫文像。


階段を登った先に…


ずで~ん!!!と構える巨大孫文像。稀代の革命家が見つめる視線の先は…


興中道。全長3.5kmの興中道の北川の突き当りには中山市人民代表大会ビルが建っており、
南側の突き当りにこの孫文像が建てられています。道幅はきっかし50mで、中心には幅11メートルの緑化帯が設置され、『緑化中山』のシンボル的な大通りとなっています。


孫文像の後ろ側は公園になっており、朝は太極拳に勤しむ中年の方々、昼はピクニックを楽しむファミリーで埋め尽くされます。


公園内には孫文の他に中山市が誇る偉人達の偶像が並んでいます。こちらはマカオの鄭氏大屋で有名な鄭観応(1842~1922)。その他、楊仙逸や唐紹儀など計11名が紹介されています。


公園の横は小山になっており、ハイキングを楽しむことができます。


『香山』:孫中山を記念して中山市と称する前はこの地は香山と呼ばれていました。


小山の麓でバトミントンを楽しむ方々。かなり本格的な動きをしています。


小鳥囀る中の早朝の散歩は気持ちが良いものです。『カ~ッ、ペッ!』と痰を吐きだす輩も比較的少なく、多忙な日々からの現実逃避には最適です。


直行すれば10分程度で頂上に達することができるような小規模な小山ですが、山中は整備されていて綺麗で、思わず探索気分で遠回りをしてしてしまいました。


頂からの風景。小山ですが、爽快な見晴らしが気持ちが良い。登山家マロニー氏の『そこに山があるから』の名言が理解できます。


中国の方々も景色を楽しみながら音楽をかけて謎の運動を繰り広げています。中山市は周囲を工業都市に囲まれながらも緑化率が高く、こういったグリーンパーク的な憩いの場が多く建設されているのが魅力です。

Related posts(関連記事):

ビール好きには堪らないフォーポイント東圃 Fourpoints Dongpu宿泊記
アロフト大学城から地下鉄でフォーポイント東圃へ向かう。最寄り駅は5号線の三渓駅。駅には辛うじて小さなセブンイレブンがあるが、駅からホテルまでの道中には全くもって商店らしい商店はないので、必要物資があれば駅で買っておくのをお勧めする。 広いだけで何の取り柄も無い通りを15分ほど歩く。たまーに材木屋とかバイクの修理屋の兄さんが威勢良く半裸で商売してるくらいのもので、アロフト同様に立地条件は...
クチャ王国の王宮跡 クチャ王府
朝6時半の早朝にホテルチェックイン後、暫し仮眠をとってからクチャでの行動を開始する。クチャ王府⇒亀茲古城遺跡⇒スバシ故城⇒クスルガハ烽火台⇒キジル石窟といったイメージで効率的にクチャ市内外の観光地を周り、夜には鉄道でトルファンへと移動する予定。 先ずはホテルからローカルバスを乗り継ぎクチャ王府へ。ホテルから市街地まで2路バス、市街地からクチャ王府までは1路バスにて移動する。運賃は各1元、賽銭...
ホテルインディゴ麗江 宿泊記 テーマは馬! 雲南省旅行12
麗江初日と二日目のお宿はIHG系列のホテルインディゴ麗江エインシェントタウン(麗江古城英迪格酒店/Hotel Indigo Lijiang Ancient Town)。他のIHG系列ホテルとは一線を画すユニークなブランドコンセプトを持つインディゴに泊まるのは香港・シンガポール・上海に次いで4箇所目。いずれのインディゴもそれぞれの地域の歴史・文化的特徴がホテルの設計に活かされた造りでユニークな宿泊体...
日露戦争の最激戦区となった二〇三高地
永遠と待っても路線バスが来なかったので、痺れを切らしてタクシーにて203高地の麓までやってきた。 一般車両で乗り入れできるのはどうやらここまでのようで、ここからは山の麓にある旅行会社の専用車、観光用の駕籠、もしくは徒歩で頂上を目指すことになる。籠屋に群がられるも、自らの足で自力で急坂を登って頂上を目指したかったので丁重にお断り。 映画『二百三高地』で見た通り当時は丸裸の山だったそう...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。