田子坊

昨日は上海で半日ほど時間があった為、『芸術の倉庫』『上海のソーホー』とも称され、今や新天地に並ぶ一大ショッピングスポットとして注目されている田子坊に足を運んでみました。

地下鉄9号線の『打浦橋路』が最寄駅で、同駅1番出口から徒歩1分。

田子坊への入口。この路地裏に買物街が拡がっています。


エリアマップ。まさに『路地裏買物街』石庫門スタイルと呼ばれる上海の伝統的な集合住宅地区内の、迷路のように張り巡らされた弄堂と呼ばれる狭い路地中に現代的店舗群が密集している。


超近代的な新天地とは対照的で、田子坊は旧市街地の雰囲気がそのまま保存されています。レトロな中国情緒溢れる通りに所狭しと現代アーティストのアトリエや雑貨・衣類の店舗が出店されている。古今融合、面白いコンセプトである。


旧市街地の雰囲気そのままというか、まだ実際に人が住んでますね(笑)建物の上階を見上げると洗濯物が干してあります。下着まで・・・生活感出過ぎです。


雑貨はどれもこれも古風な中華テイストで中々シャレている。


商店やアトリエの他、小規模なオープンテラスのカフェやバーも数多く出店しています。


レトロな雰囲気を醸し出す紅衛兵。赤い腕章が目印です。紅衛兵とは文革を敢行した毛さんの実働部隊。学者や知識人の他に芸術家も弾圧されましたので、アートスポットである田子坊にこのような像があるのは毛さん賛美を目的としたものではないのは明らかだ。

田子坊の面積自体はそこまで大きくないので20分程度で端から端まで見終わってしまいましたが、その後もウロウロと探索を続けていたら…

一般民家に彷徨い入ってしまった(苦笑)観光ショッピングスポットと大衆の生活拠点が同居した田子坊。路地は狭いがベトナムの各市場と違って変にゴミゴミしているわけでもないので快適に探索を楽しむことができます。


元MBAプレイヤー姚明をキャラに用いたボッタクリ撲滅キャンペーンのポスター。さすがに『文明国家』中国です。

●本日の戦利品
お土産用にと中国のプロパガンダグッズを購入。


上の画像は共産党をモチーフにしたノートにシオリ、下はレトロな『喜喜』『福』のスーツケースタグと巾着袋。全て1点15元でした。

Related posts(関連記事):

中国のオープンカー(!?)
最近は雨の多い広東省。今日も雨足の強い中を出社したのですが、前方に雨が降りしきる中をルーフトップ全開で走るオープンカーと後部座席に座るアルシンドを発見!何やら良いネタの匂いがプンプンしたので運転手に言って隣に着けてもらう。 すると… んんんんん!!!???違うだろ!画像では伝わりづらく申し訳ないが、これ、オープンカーという言葉の定義上は確かにオープンカーなのだろうが、自分で屋根をブッコ...
広州市 北京路と広州ホテル
今回の宿泊先は北京路にあるホテルカントン。広州随一の商業集積地であり、全国的に見ても北京の王府井と並び称される程の繁華街とされる北京路歩行者天国に面しており、恵まれた立地条件にあります。 向って右の高層ビルがホテルカントンです。日本人も多く宿泊しているようでした。 ロビーではアツい月餅の在庫処理。一箱168元。 こちらは一箱688元。売れ残ったら製造日だけ変更...
龍門石窟 洛陽・鄭州・開封旅行4
洛陽での宿泊先・ホリデイインエクスプレス洛陽シティセンターで荷物を下ろし、身軽になってから今回の旅行の目玉の一つである龍門石窟へと向かう。 龍門石窟は敦煌の莫高窟・大同の雲岡石窟と並ぶ言わずと知れた中国三大石窟の一つ。 [table id=127 /] 三大石窟の中で着工は一番遅く、北魏の孝文帝が大同から洛陽に遷都した494年に掘削が始められ、以来400年以上をかけ、一応の完成に至ったと...
中国人の時間概念
広東省も暑くなってきた。昨晩は熱帯夜で中々寝付けなかった為、寝室のエアコンを半年以上ぶりに稼働させるも故障で動かず。今朝さっそくメカニックに電話した。 私「エアコンが起動しないので見に来てください」 メカニック「分かりました。すぐ行きます」 私「大体何時頃に来ていただけますか?」 中国人の『すぐ』は全く信用ならない言葉なので、正確に何時に来るか聞くのが大切である。 メカニ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。