田子坊

昨日は上海で半日ほど時間があった為、『芸術の倉庫』『上海のソーホー』とも称され、今や新天地に並ぶ一大ショッピングスポットとして注目されている田子坊に足を運んでみました。

地下鉄9号線の『打浦橋路』が最寄駅で、同駅1番出口から徒歩1分。

田子坊への入口。この路地裏に買物街が拡がっています。


エリアマップ。まさに『路地裏買物街』石庫門スタイルと呼ばれる上海の伝統的な集合住宅地区内の、迷路のように張り巡らされた弄堂と呼ばれる狭い路地中に現代的店舗群が密集している。


超近代的な新天地とは対照的で、田子坊は旧市街地の雰囲気がそのまま保存されています。レトロな中国情緒溢れる通りに所狭しと現代アーティストのアトリエや雑貨・衣類の店舗が出店されている。古今融合、面白いコンセプトである。


旧市街地の雰囲気そのままというか、まだ実際に人が住んでますね(笑)建物の上階を見上げると洗濯物が干してあります。下着まで・・・生活感出過ぎです。


雑貨はどれもこれも古風な中華テイストで中々シャレている。


商店やアトリエの他、小規模なオープンテラスのカフェやバーも数多く出店しています。


レトロな雰囲気を醸し出す紅衛兵。赤い腕章が目印です。紅衛兵とは文革を敢行した毛さんの実働部隊。学者や知識人の他に芸術家も弾圧されましたので、アートスポットである田子坊にこのような像があるのは毛さん賛美を目的としたものではないのは明らかだ。

田子坊の面積自体はそこまで大きくないので20分程度で端から端まで見終わってしまいましたが、その後もウロウロと探索を続けていたら…

一般民家に彷徨い入ってしまった(苦笑)観光ショッピングスポットと大衆の生活拠点が同居した田子坊。路地は狭いがベトナムの各市場と違って変にゴミゴミしているわけでもないので快適に探索を楽しむことができます。


元MBAプレイヤー姚明をキャラに用いたボッタクリ撲滅キャンペーンのポスター。さすがに『文明国家』中国です。

●本日の戦利品
お土産用にと中国のプロパガンダグッズを購入。


上の画像は共産党をモチーフにしたノートにシオリ、下はレトロな『喜喜』『福』のスーツケースタグと巾着袋。全て1点15元でした。

Related posts(関連記事):

ミニポタラ宮ことシャングリラの松賛林寺 雲南省旅行5
シャングリラ観光初日の〆はチベット仏教寺院の松賛林寺。1681年に完成した雲南最古かつ最大のチベット仏教寺院で、チベットのポタラ宮に準えてミニポタラとも呼ばれているそうだ。ミニポタラというとちょっと失礼だしショボイ印象を受けててしまうが、果たして… 入場料は115元。チベット風建物がイカしたチケットセンターから松賛林寺までは2km程の距離があり、チケットを買ってから松賛林寺の玄関口...
ウェスティン琶州(広州) スイートルーム宿泊記
この日は広深港高速鉄路で深セン福田から移動し、18:26に広州南駅に到着した。宿泊先は広州南から25km離れた琶州にあるウェスティン。広州南駅は市街地と離れすぎだろ!と運転手に当たり散らしながら、恐らく19:30までであろうウェスティンのカクテルアワーに間に合わせられるよう時速100Kmでタクシーを琶州へと走らせる。 渋滞に巻き込まれぬよう高速を走ってもらい何とか19:15にホテルへと到着し...
宿泊記 カテ1最強の朝食が楽しめる コートヤードバイマリオット順徳龍江
ボンヴォイ!ボンヴォイ! ということでこの週末は広東省でのマリオットウィークエンド!まずは一発目、順徳にあるコートヤードバイマリオット順徳龍江(联塑万怡酒店順徳龍江、Courtyard by Marriott Shunde Longjiang)に向かいます。 今回は時間もたっぷりあったので、ローカル風情を味わうために交通公共機関での移動にチャレンジ。 ホテルへのアクセス 広州市街から地...
鄭州から開封日帰り旅行1 禹王台公園と繁塔
鄭州から高速鉄道でやってきた古の都・開封。西安や洛陽といった都城の東に位置していたことから東京と呼ばれ、北宋の時代には世界最大級の都市として栄えた古都である。 主な開封の観光名所は以下の通り。 ・清明上河園(『清明上河図』に描かれた街並みを再現したテーマパーク) ・龍亭(明代に建てられた宮殿) ・禹王台(夏の禹王を称えて作られた廟) ・繁塔(974年建立の仏塔) ・宋都御街(宋代の...