田子坊

昨日は上海で半日ほど時間があった為、『芸術の倉庫』『上海のソーホー』とも称され、今や新天地に並ぶ一大ショッピングスポットとして注目されている田子坊に足を運んでみました。

地下鉄9号線の『打浦橋路』が最寄駅で、同駅1番出口から徒歩1分。

田子坊への入口。この路地裏に買物街が拡がっています。


エリアマップ。まさに『路地裏買物街』石庫門スタイルと呼ばれる上海の伝統的な集合住宅地区内の、迷路のように張り巡らされた弄堂と呼ばれる狭い路地中に現代的店舗群が密集している。


超近代的な新天地とは対照的で、田子坊は旧市街地の雰囲気がそのまま保存されています。レトロな中国情緒溢れる通りに所狭しと現代アーティストのアトリエや雑貨・衣類の店舗が出店されている。古今融合、面白いコンセプトである。


旧市街地の雰囲気そのままというか、まだ実際に人が住んでますね(笑)建物の上階を見上げると洗濯物が干してあります。下着まで・・・生活感出過ぎです。


雑貨はどれもこれも古風な中華テイストで中々シャレている。


商店やアトリエの他、小規模なオープンテラスのカフェやバーも数多く出店しています。


レトロな雰囲気を醸し出す紅衛兵。赤い腕章が目印です。紅衛兵とは文革を敢行した毛さんの実働部隊。学者や知識人の他に芸術家も弾圧されましたので、アートスポットである田子坊にこのような像があるのは毛さん賛美を目的としたものではないのは明らかだ。

田子坊の面積自体はそこまで大きくないので20分程度で端から端まで見終わってしまいましたが、その後もウロウロと探索を続けていたら…

一般民家に彷徨い入ってしまった(苦笑)観光ショッピングスポットと大衆の生活拠点が同居した田子坊。路地は狭いがベトナムの各市場と違って変にゴミゴミしているわけでもないので快適に探索を楽しむことができます。


元MBAプレイヤー姚明をキャラに用いたボッタクリ撲滅キャンペーンのポスター。さすがに『文明国家』中国です。

●本日の戦利品
お土産用にと中国のプロパガンダグッズを購入。


上の画像は共産党をモチーフにしたノートにシオリ、下はレトロな『喜喜』『福』のスーツケースタグと巾着袋。全て1点15元でした。

Related posts(関連記事):

敦煌の町 沙州市場と敦煌夜市
鳴沙山でのエキサイティングな一人砂遊びを終え、ローカルバスにて敦煌市内へと戻る。 …と、その前に、鳴沙山の近所に観音寺なる寺院を見つけたので参拝することに。別に名刹という訳でも由緒正しき古刹というわけでもないし自分も仏教徒という訳じゃないんだけど、何だか見えざる力により吸い込まれるような感じで気付いたら境内に向け歩を進めてた。 プリティ長嶋が顔芸したみたいなご尊厳の仏一...
“文明国家”中国・深セン民の地下鉄マナー
深センの地下鉄の話。 深センには現在、5路線の地下鉄で合計131の駅があり、これを2020年までに12路線に、2030年までに16路線にするという長期的な発展計画が推し進められている。 今回の計画策定も中国の悪い癖が出ており、数十年後の壮大な大目標だけ立てて、その計画達成へ向けての中期的・短期的な計画には落とし込めていないので、進捗管理がまるでできていない。この手のインフラ整備になると...
仏像テーマパーク 東方仏都 楽山・成都旅行4
これはハッキリ言って楽山大仏のオマケだけど… 楽山大仏からの帰りのバス停を探して敷地内を歩き回っていたら、東方仏都なる施設を発見した。手持ちのガイドブックには紹介されていないが、施設の入り口に掲示された看板には大仏マニア垂涎の大仏テーマパーク的な紹介文が安っぽい仏像の写真と共にある。さっき大仏を見てきたのにまた仏か…入場料も80元と無名の観光地にしては随分と高かったしスルーしようとも思ったが、せ...
セントレジス成都 (St. Regis Chengdu, 成都瑞吉酒店)宿泊記
成都二日目は初日を過ごしたJWマリオット成都からSPG系列のセントレジス成都へとお引越し。レジスはSPGのスターポイント10,000を使っての特典宿泊だったんだけど、同じ成都では高級ホテルの代名詞・リッツカールトンも同じポイント数(マリオットポイント30,000=SPGスターポイント10,000)で泊まれるので予約時にちょっと迷った。でも、最後はやはりSPGとリッツカールトンのプラチナ会員特典の差...