田子坊

昨日は上海で半日ほど時間があった為、『芸術の倉庫』『上海のソーホー』とも称され、今や新天地に並ぶ一大ショッピングスポットとして注目されている田子坊に足を運んでみました。

地下鉄9号線の『打浦橋路』が最寄駅で、同駅1番出口から徒歩1分。

田子坊への入口。この路地裏に買物街が拡がっています。


エリアマップ。まさに『路地裏買物街』石庫門スタイルと呼ばれる上海の伝統的な集合住宅地区内の、迷路のように張り巡らされた弄堂と呼ばれる狭い路地中に現代的店舗群が密集している。


超近代的な新天地とは対照的で、田子坊は旧市街地の雰囲気がそのまま保存されています。レトロな中国情緒溢れる通りに所狭しと現代アーティストのアトリエや雑貨・衣類の店舗が出店されている。古今融合、面白いコンセプトである。


旧市街地の雰囲気そのままというか、まだ実際に人が住んでますね(笑)建物の上階を見上げると洗濯物が干してあります。下着まで・・・生活感出過ぎです。


雑貨はどれもこれも古風な中華テイストで中々シャレている。


商店やアトリエの他、小規模なオープンテラスのカフェやバーも数多く出店しています。


レトロな雰囲気を醸し出す紅衛兵。赤い腕章が目印です。紅衛兵とは文革を敢行した毛さんの実働部隊。学者や知識人の他に芸術家も弾圧されましたので、アートスポットである田子坊にこのような像があるのは毛さん賛美を目的としたものではないのは明らかだ。

田子坊の面積自体はそこまで大きくないので20分程度で端から端まで見終わってしまいましたが、その後もウロウロと探索を続けていたら…

一般民家に彷徨い入ってしまった(苦笑)観光ショッピングスポットと大衆の生活拠点が同居した田子坊。路地は狭いがベトナムの各市場と違って変にゴミゴミしているわけでもないので快適に探索を楽しむことができます。


元MBAプレイヤー姚明をキャラに用いたボッタクリ撲滅キャンペーンのポスター。さすがに『文明国家』中国です。

●本日の戦利品
お土産用にと中国のプロパガンダグッズを購入。


上の画像は共産党をモチーフにしたノートにシオリ、下はレトロな『喜喜』『福』のスーツケースタグと巾着袋。全て1点15元でした。

Related posts(関連記事):

孫中山記念堂~ 革命 いまだならず、同志なおすべからく努力すべし~
孫文といえば中国の政治家・革命家であり初代中華民国臨時大総統としてしられる中山市が生んだ偉人。辛亥革命を起こした人物で「中国革命の父」や国父、「近代革命先行者(近代革命の先人)」として近年「国父」と称される。孫文の生まれ故郷である中山市には孫分に因んだ名称を至る所で見ることができます。博愛路・孫文路・博愛病院・孫文路・中山公園etc...市内全体で孫文が崇め祭りたてられております。 こういっ...
国慶節休暇
光陰矢の如し。早いもので今年も中国の国慶節休暇の季節がやってきました。今年は明日9月22日~26のベトナム出張の後、9月26日~10月7日前後の日程で一時帰国することになりそうです。 そう、またベトナムである。最近、顧客の一つが中国華北地区での生産の事実上の撤退を表明した。中国の政治リスクを考えた面もあるだろうが、人件費及び各生産工程費用の高騰が著しいペースで継続しており、中国での労働集約型...
頑張れ中山市精神文明建設委員会
ようやく朝晩は涼しくなってきましたここ中山。最近は夕食後の習慣として20~30分程度の散歩に繰り出しています。散歩自体が目的なのでルートや行先も決めず、周囲を観察しながらブラブラと近所を歩き回っていると、何やら面白い掲示物を発見。
珠江新城をブラブラと ~広州タワーに広東省博物館~
リッツカールトン広州に宿泊した際にホテル近くの広州タワーと広東省博物館を見て回った件を今さらながら… 広州のリッツはグランドハイアット・Wホテル・フォーシーズンズなどの高級ホテルも乱立する絶賛開発中のニュータウン・珠江新城にあり、周囲は広州タワー・オペラハウス・広州図書館・広東省博物館などの文化施設が盛り沢山。 珠江に面した広場から天河方面を臨む。ここら一体は発展し続ける広州...