銀河ホテル

今回の上海滞在時は中山西路の銀河宾馆(ギャラクシーホテル)に宿泊。『ドラゴン』 や『発財』、『やめて』と並んで『銀河』も中国人がやたらと好きな単語の一つです。

紅橋空港まで車で15分と、フライト前日の宿泊先としては最適な立地条件にあります。


さすがギャラクシー!ホテル内部は銀河で輝く星が如くピカピカ輝いています。

ホテル内レストランもピッカピカ。必要以上に煌びやかな電燈を用いて高級感を演出しています。

何故かスポットライトが当てられる水色シャツの男性。

部屋はロビーやレストランと比して非常に地味で落ち着いた造りです。

まあ可も無く不可も無く、最低限の清潔さは保たれています。紹介にはデザイナー風と書かれていたが、全く以て極々一般的な内装である。


部屋から外を眺めると、上海の夜のごっつい渋滞の様子が一望できます。


バスタブに浸かりながら永遠に進まない渋滞を眺めるのも気持ちが良い。さて、髪を洗おうとアメニティーに目をやると、コンディショナーはおろか、シャンプーすら無いではありませんか。ていうかボディーソープすら無い!!


よし!シャンプー発見!と思いきや…
コンディショナー・シャンプー・ボディーソープ『三合一』って書いてある。一挙三得?三位一体?リンスインシャンプーまでは許容範囲だが、流石にボディーソープは混ぜちゃいけないでしょう。使ってみると案の定、泡立ちは宜しくない。髪を洗ったその泡で今度は体を洗ってみるが、しっくりこない。本当に洗えているのか?3兎追うもの一兎をも得ずのパターンじゃないのか??いくらなんでもこのコンボは頂けない。4ツ星なら最低限シャンプーとボディーローションくらいは混ぜ混ぜにしないで別々に用意してほしかった…

気になるお値段は一泊550元。日本人街である古北地区も近く、徒歩圏内に日本食屋が多くあるので食には困りません。シャンプー以外は及第点でしょうか。


朝も見渡す限りの車の列!!!!高速道路で移動される方は時間に余裕をもって移動された方が良さそうです。

Related posts(関連記事):

インターコンチネンタル上海EXPO 宿泊記
待ちに待った土曜日、仕事での疲れを癒すべく地下鉄を乗り継いでインターコンチネンタル上海EXPOを目指す。最近は週末に時間が空く度にホテルに癒しを求めるような生活が続いていて、ホテルへの“試泊”やホテルのオンライン検索が唯一の趣味みたくなってしまってる。本当タチ悪くてね、行けっこないモロッコはカサブランカあたりのホテルまでプライスウォッチして値段が下がる度にニヤニヤするという気色の悪いハマりようなん...
クラウンプラザホテル ランドマーク深セン宿泊記
本日の宿泊先はクラウンプラザホテル ランドマーク深セン。羅湖口岸までタクシーで僅か15分と香港との往来にも便利だし、周辺の徒歩圏内に多くの日本料理店が乱立してていて、何かと利便性の高い日本人御用達のホテルである。 ホテル到着は15:00。チェックインはエントランスを入って右手のフロントで。フレンドリーで且つ丁寧な気遣いのできる素晴らしい女性スタッフがチェックインを対応してくれていたのだが、そ...
B級テーマパーク 天龍八部影視城 雲南省旅行20
この日はちょっとアクティブに、蒼山の麓にある中華映画の撮影ロケ地兼テーマパークである天龍八部影視城と大理白族により霊峰と崇め奉られる蒼山を見て回ることに。 先ずは大理古城からタクシーで天龍八部影視城へ。地図を見たら蒼山へのロープウェイ乗り場が影視城近くにあるので、影視城を見てから蒼山に登る計画で。 さっそく影視城への入場券を買い求めに行くとガッカリな告知が…入場料が52元⇒26...
中山市の公共チャリレンタルサービス 
光化学スモッグや河川汚染など中国の環境問題が国内外で取りだたされて久しいですが、中山市では慎ましやかながらも汚染の少ない低炭素社会の確立に向けた対策が立案・実行され始めています。 その中の一つが昨年に始まった公共自転車レンタルサービス。大気汚染を促すモータリゼーションの流れに待ったをかけるべく、急ピッチで公共チャリの普及、浸透化に励んでいます。 チャリレンタル場。(孫文記念館前) ...