銀河ホテル

今回の上海滞在時は中山西路の銀河宾馆(ギャラクシーホテル)に宿泊。『ドラゴン』 や『発財』、『やめて』と並んで『銀河』も中国人がやたらと好きな単語の一つです。

紅橋空港まで車で15分と、フライト前日の宿泊先としては最適な立地条件にあります。


さすがギャラクシー!ホテル内部は銀河で輝く星が如くピカピカ輝いています。

ホテル内レストランもピッカピカ。必要以上に煌びやかな電燈を用いて高級感を演出しています。

何故かスポットライトが当てられる水色シャツの男性。

部屋はロビーやレストランと比して非常に地味で落ち着いた造りです。

まあ可も無く不可も無く、最低限の清潔さは保たれています。紹介にはデザイナー風と書かれていたが、全く以て極々一般的な内装である。


部屋から外を眺めると、上海の夜のごっつい渋滞の様子が一望できます。


バスタブに浸かりながら永遠に進まない渋滞を眺めるのも気持ちが良い。さて、髪を洗おうとアメニティーに目をやると、コンディショナーはおろか、シャンプーすら無いではありませんか。ていうかボディーソープすら無い!!


よし!シャンプー発見!と思いきや…
コンディショナー・シャンプー・ボディーソープ『三合一』って書いてある。一挙三得?三位一体?リンスインシャンプーまでは許容範囲だが、流石にボディーソープは混ぜちゃいけないでしょう。使ってみると案の定、泡立ちは宜しくない。髪を洗ったその泡で今度は体を洗ってみるが、しっくりこない。本当に洗えているのか?3兎追うもの一兎をも得ずのパターンじゃないのか??いくらなんでもこのコンボは頂けない。4ツ星なら最低限シャンプーとボディーローションくらいは混ぜ混ぜにしないで別々に用意してほしかった…

気になるお値段は一泊550元。日本人街である古北地区も近く、徒歩圏内に日本食屋が多くあるので食には困りません。シャンプー以外は及第点でしょうか。


朝も見渡す限りの車の列!!!!高速道路で移動される方は時間に余裕をもって移動された方が良さそうです。

Related posts(関連記事):

広州ー上海虹橋 中国南方航空B787 ビジネスクラス搭乗記
この日は広州から上海虹橋への戻り日。もちろんフライトは我が良き相棒である中国南方航空の便でw でも、我が良き相棒とか言っちゃってるし、去年は勢い余って南方航空のゴールドメンバーになるまで飛んじゃったわけなんだけど、特に上級会員のメリットは感じんのよな。南方明珠倶楽部。 C席からF席へのアップグレードは一度も無いし、獲得マイルのブーストもシルバー会員で15%・ゴールド会員で30%と微妙な...
南疆鉄道でカシュガルからクチャへ
  カシュガルでの短すぎる滞在を終え、南疆鉄道にて次なるシルクロード沿線都市・クチャを目指す。 南疆線は新疆ウイグル自治区を東西に走る鉄道路線。天山山脈の南麓・タクラマカン砂漠北縁の間を走り抜け、トルファンからカシュガルまでの1,445キロを繋いでいる。元々はほぼ往年のシルクロード(天山南路)に沿って敷設された路線だが、2015年に天山山脈を越える従来の路線が廃止され、山脈を...
朝の回民街と回民のメッカ・清真大寺
さあて、昨晩は夜に西安に着き晩餐を楽しんだだけで終わったので、この日が実質的に西安観光の初日となる。どこで何をするべしか…。見所満載の西安で行きたい所は腐る程あるのだが、ここやはり焦らず慌てずじっくりとホテル周辺から見て回ろうということで、この日も回民街周辺のウォーキングから始めることに。まぁ本当は疲れてて遠出したくなかっただけなんですけどw それにしても回民街は朝から凄まじい人である。開店...
敦煌の町 沙州市場と敦煌夜市
鳴沙山でのエキサイティングな一人砂遊びを終え、ローカルバスにて敦煌市内へと戻る。 …と、その前に、鳴沙山の近所に観音寺なる寺院を見つけたので参拝することに。別に名刹という訳でも由緒正しき古刹というわけでもないし自分も仏教徒という訳じゃないんだけど、何だか見えざる力により吸い込まれるような感じで気付いたら境内に向け歩を進めてた。 プリティ長嶋が顔芸したみたいなご尊厳の仏一...