銀河ホテル

今回の上海滞在時は中山西路の銀河宾馆(ギャラクシーホテル)に宿泊。『ドラゴン』 や『発財』、『やめて』と並んで『銀河』も中国人がやたらと好きな単語の一つです。

紅橋空港まで車で15分と、フライト前日の宿泊先としては最適な立地条件にあります。


さすがギャラクシー!ホテル内部は銀河で輝く星が如くピカピカ輝いています。

ホテル内レストランもピッカピカ。必要以上に煌びやかな電燈を用いて高級感を演出しています。

何故かスポットライトが当てられる水色シャツの男性。

部屋はロビーやレストランと比して非常に地味で落ち着いた造りです。

まあ可も無く不可も無く、最低限の清潔さは保たれています。紹介にはデザイナー風と書かれていたが、全く以て極々一般的な内装である。


部屋から外を眺めると、上海の夜のごっつい渋滞の様子が一望できます。


バスタブに浸かりながら永遠に進まない渋滞を眺めるのも気持ちが良い。さて、髪を洗おうとアメニティーに目をやると、コンディショナーはおろか、シャンプーすら無いではありませんか。ていうかボディーソープすら無い!!


よし!シャンプー発見!と思いきや…
コンディショナー・シャンプー・ボディーソープ『三合一』って書いてある。一挙三得?三位一体?リンスインシャンプーまでは許容範囲だが、流石にボディーソープは混ぜちゃいけないでしょう。使ってみると案の定、泡立ちは宜しくない。髪を洗ったその泡で今度は体を洗ってみるが、しっくりこない。本当に洗えているのか?3兎追うもの一兎をも得ずのパターンじゃないのか??いくらなんでもこのコンボは頂けない。4ツ星なら最低限シャンプーとボディーローションくらいは混ぜ混ぜにしないで別々に用意してほしかった…

気になるお値段は一泊550元。日本人街である古北地区も近く、徒歩圏内に日本食屋が多くあるので食には困りません。シャンプー以外は及第点でしょうか。


朝も見渡す限りの車の列!!!!高速道路で移動される方は時間に余裕をもって移動された方が良さそうです。

Related posts(関連記事):

新疆最大のモスク・エイティガール寺院
カシュガル老城を西に突き抜けたところで、前方にモスクの尖塔が見えてくるや大きな広場に突き当った。カシュガル旧市街地のど真ん中にあり、新彊最大規模のモスク・エイティガール寺院が建つエイティガール広場である。 カシュガル最大の観光的見所とも評されるエイティガール寺院。イランからの宣教師により15世紀に建造されたという歴史ある寺院で、規模も総敷地面積16,800㎡と新疆最大級。20,000人もの収...
インターコンチネンタル上海NECC 宿泊記
本日泊まるはインターコンチネンタル上海NECC。え?NEC?いえ、日本電気株式会社ではなく、NECC=ナショナル・エキシビション・コンベンション・センター即ち国家会展中心のこと。故にインターコンチネンタル上海NECCの中国語名は国家会展中心上海洲際酒店と堪らなく格好良い字面になる。「今日どこ泊まってるの?」⇒「国家会展中心上海洲際酒店っすわ」…なんかただただこれを言いたいが為だけに泊まりたくなるじ...
中国の大衆食堂再び。
今日は東莞某所への出張。毎度ながら出張時は食事処の選択に困る。選択肢が多くて困るという贅沢な悩みではなく、選択肢が限られ過ぎて困るのである。 午前の打ち合わせ後に客先近辺を車で流し、ここは駄目あそこは駄目と食堂を選別。選択基準は一に衛生標準、二に衛生標準。味は二の次三の次で、先ずは衛生的で清潔なレストランの確保が求められる。食の安全問題が根深く残る当地では、外食するにあたっての自己防衛が必須...
広州でのSPG修行 ~プラチナチャレンジ中~
SPGプラチナチャレンジ中ということで、広州のSPGの中でも比較的お手頃価格のアロフト大学城とフォーポイント東圃に泊まってみた。プラチナチャレンジでは宿泊回数が対象(任意の3か月で18泊)なので敢えてホイッピングの苦行に身を投じる必要は無いのだが、僻地にあるアロフト大学城に2日も収監されるのは孤独という耐え難い苦痛を伴うし、Q1の連泊ダブルポイントプロモが4月15日で終わってしまったので、今回はア...