シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人質の身


アウチ!!出張中のベトナムにて以前にも発生した不良問題が激しく再燃、抜本的解決が為されるまで人質としてベトナムに留まることになり、国慶節の一時帰国の日程を後ろ倒しする羽目に…

日本での仕事と一番異なるのは、こちらでは『若手だから』という言い訳が効かないような責任感のある仕事を任せられるという点であろうか。一部上場企業の本社社長クラスとも折衝の機会があったりと、日本では考えられない程の大役がバシバシ回ってくるので、仕事の責任は重く、問題が発生した時は自らが当事者として体を張らねばならない。これも宿命だと思って自分の成長に繋げたいとは強く思うが、ベトナムで人質になるのは本望ではないし、問題が早期解決されて一刻も早く解放されるよう切に願う(涙)早く日本に帰らせてくれ!!

Related posts (関連記事):

中山城・日本景区
前回からの続き。 上海孫中山故居を抜けて直進すると、日本景区に入ります。 孫文は広州での武装蜂起に失敗後の1895(明治28)年に亡命目的で日本を訪れて以来、1924(大正13)年までの約...
旅行妄想病発病 ワンワールド世界一周って意外と安いじゃないですか
あぁぁぁあああぁ、旧正月にダナン・ホイアン行ったっきり旅行らしい旅行ができてないからか、溢れ出る旅欲を抑えきれなくなってきてる。夜な夜な行きたい国リストを眺めては旅先に思いを馳せるという旅行妄想病を患...
成田第5サテライトANAラウンジとユナイテッドクラブをハシゴ
広州への戻りも往路と同じくアシアナ航空で。ワンワールドを偏愛してきたので、成田空港第1ターミナルの利用はいつ以来か思い出せないくらい久しぶりだ。 久しぶり過ぎるスタアラターミナルでの乞食活動を前...
鎮墓獣・唐三彩の宝庫 洛陽博物館 洛陽・鄭州・開封旅行2
灼熱の洛陽に降り立って直ぐ、先ずはホテルに向かう前に空港からの移動途中にある洛陽博物館を目指す。 この日は端午節初日。白タク運転手も気合が入っているのだろう。自分が乗客の中で一番に空港を出たとい...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする