中山の目抜き通り孫文西路~中山中路

今日は中山市のメインストリートの一つ、孫文西路のご紹介。

この孫文西路は隋唐時代から800年の歴史を持つと言われる歴史的な街路です。1997年からは政府主導で大々的な修復が行われ、現在は距離529メートルの間に130店以上のお店が軒を並べる歩行者天国のショッピング街として、連日の賑わいを見せています。また、孫文西路~孫文中路では買い物だけでなく、香山商業文化博物館・中山市博物館・ラジオ博物館・中山公園・孫文記念館などなど観光スポットも目白押しです。

岐江側入り口には人力車の銅像が立っています。手前が運ちゃんで、奥が背広にテンガロンハットを持った洋風な客人。『持つ者』と『持たざる者』の経済格差を象徴しているような気がします。
ひだり みぎ
何やら揃って横を見つめているお二人…口論の行方を見守ってるようです。当地の人間の野次馬精神が銅像にも乗り移ってます。

IMG_4917
通りを進むと、19世紀広東省の?南建築様式に20世紀の欧州の建築様式が調和された情緒溢れる建物群を見渡すことができます。

ひだり みぎ
夜の雰囲気はマカオのセナド広場の通りを髣髴とさせます。

道の両脇では
ひだり みぎ
手芸品であったりアイスクリームや飲み物の屋台が縁日気分にさせてくれる。

ひだり みぎ
リンゴ飴もいい味出してます。非常に食べづらそうな巨大キャンディーも流行っているのか至る所で見掛けます。

IMG_4584
寿司もばっちり炎天下、常温管理で販売されています。食品衛生法とか無いのだろうかと心配になるが、そんなことお構いなしに売れている様子。中国人と日本人の食べ物に対する根本的な免疫力が違うのかもしれません。

商店は殆どが衣服類、高級ブランド店は皆無で、国産品のお店ばかり。ロンドンオリンピックを間近に控えているからか、今はスポーツ関連の衣服店が目立ちます。
IMG_4411
NIKEじゃありませんよ!HONDAとHYUNDAIのロゴの違いくらいのレベル。

ひだり みぎ
この偽ナイキがオリンピックのオフィシャルスポンサーなのでしょうか。皆様、オリンピック中国選手団のユニに注目して下さい。

さて、香山商業文化博物館を過ぎると左手に中山公園が見えてきます。
IMG_4412
この中山公園は烟敦山にあり、山頂には明代1608年に建てられた積上げ煉瓦の棟が建っています。

IMG_4925
302の石段を上りきった先にある阜峰文筆と呼ばれる八角七層のこの塔。清朝時代にも香山八景として挙げられていましたが、現代でも中山十景の一つに数えられるほどの名塔です。

中山公園の門を過ぎると地場の老舗百貨店“中山百貨”が出現。
IMG_4586

IMG_4585
お陰様で6月28日に開店62年を迎えました。歴史を感じさせる佇まい、中は極々一般的な百貨店です。

夜の中山百貨。
IMG_4919
イルミネーションはちょっと安っぽくてがっかり。

この百貨店の対面の大口丸という飲食店は安くておススメ。
IMG_4756
タピオカ入りミルクティーが3元(≒40円弱)。夏はこれが必需品。学生時代はこれ一杯に400円も払ってたなー。

IMG_4754
カップケーキは1個1元(≒12.5元)と激安。パンケーキにジャムと果実をのせた程度の代物だが、原価は一体いくらなんだろう…

中山百貨から見渡す孫文東路。
IMG_4587
ここで遊歩道は終わりですが、孫文中路は続いていきます。。これより以東の孫文中路は、買い物街というよりは寧ろ文化街といった趣となっていきます。

次回に続く。

Related posts(関連記事):

帝国ホテル大阪 インペリアルフロア宿泊記
この日の大阪での宿は、オークラ・ニューオータニと並ぶ元祖御三家の一角・帝国ホテルを利用してみることに。 帝国ホテル…。130年の歴史と伝統を誇る純然たる日本資本の高級ホテルで、先ずその重厚なネーミングからして如何にも日本を代表するホテルといった御立派な印象を受けるが、同じく大阪市内には大阪帝国ホテルといった2つ星ホテルも存在するので、名前の響きなどなんとも当てにはならんようだ。この日の大阪で...
宿泊記 温泉付きの部屋が素晴らしい マリオット南紀白浜
JALのぶっ飛びカード旅行第二弾は南紀白浜。 白浜といえば真っ先に思い浮かぶのはアドベンチャーワールドのパンダだけど、流石におっさん一人でのパンダ詣では厳しすぎるので、今回は温泉のある南紀白浜マリオットホテルでステイケーションを満喫することに。社畜業をこなす自分への褒美というか、今後も仕事を頑張ってもらう為の自分に対するご機嫌取りみたいなもんですな。南紀白浜も伊豆の修繕寺や琵琶湖同様に201...
お詫び
ここ数日の間ぺタが返せず申し訳御座いませんでした。外出続きで忙しく…なんてありきたりな言い訳をかましてみます。 21日(土):東莞市虎門でアヘン戦争関連の跡地・博物館巡り⇒香港 22日(日):香港⇒バンコク 23日・24日:タイ(バンコク・アユタヤ)の顧客回り 25日:バンコク⇒ホーチミン 22日と23日はホテルに早く戻って今や日課となったブログ更新と他の方々のブログ拝読、ぺタ返...
チャイナタウンのど真ん中に建つヒンドゥー寺院 スリ・マリアマン寺院
続いて、アモイストリートフードセンターの脇から階段を上ってアンシャン・ヒルを越え、チャイナタウンへと向かう。 小さな丘を越えて丘の向こう側のアンシャン・ロードに入ると、小洒落たバーやカフェが軒を並べる西洋的で閑静な雰囲気に早変わり。先に続く「Club Street(クラブ ストリート)」までお洒落なショップハウスのレストランやバー・ショップが連なっていて、夜な夜なシンガポール在住の若者...

コメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    >Rin-Rinママさん
    う~ん。。。中山市は観光都市としては微妙ですが、一回くらいは訪問する価値はあると思います!東莞市内から中山まで車で1時間半程度なので東莞のついでに来れる範囲内です^^
    熱っい中山市で飲む冷えたミルクティーも良いですよ~!たった3元ですし(笑)