中山の目抜き通り孫文西路~中山中路

今日は中山市のメインストリートの一つ、孫文西路のご紹介。

この孫文西路は隋唐時代から800年の歴史を持つと言われる歴史的な街路です。1997年からは政府主導で大々的な修復が行われ、現在は距離529メートルの間に130店以上のお店が軒を並べる歩行者天国のショッピング街として、連日の賑わいを見せています。また、孫文西路~孫文中路では買い物だけでなく、香山商業文化博物館・中山市博物館・ラジオ博物館・中山公園・孫文記念館などなど観光スポットも目白押しです。

岐江側入り口には人力車の銅像が立っています。手前が運ちゃんで、奥が背広にテンガロンハットを持った洋風な客人。『持つ者』と『持たざる者』の経済格差を象徴しているような気がします。
ひだり みぎ
何やら揃って横を見つめているお二人…口論の行方を見守ってるようです。当地の人間の野次馬精神が銅像にも乗り移ってます。

IMG_4917
通りを進むと、19世紀広東省の?南建築様式に20世紀の欧州の建築様式が調和された情緒溢れる建物群を見渡すことができます。

ひだり みぎ
夜の雰囲気はマカオのセナド広場の通りを髣髴とさせます。

道の両脇では
ひだり みぎ
手芸品であったりアイスクリームや飲み物の屋台が縁日気分にさせてくれる。

ひだり みぎ
リンゴ飴もいい味出してます。非常に食べづらそうな巨大キャンディーも流行っているのか至る所で見掛けます。

IMG_4584
寿司もばっちり炎天下、常温管理で販売されています。食品衛生法とか無いのだろうかと心配になるが、そんなことお構いなしに売れている様子。中国人と日本人の食べ物に対する根本的な免疫力が違うのかもしれません。

商店は殆どが衣服類、高級ブランド店は皆無で、国産品のお店ばかり。ロンドンオリンピックを間近に控えているからか、今はスポーツ関連の衣服店が目立ちます。
IMG_4411
NIKEじゃありませんよ!HONDAとHYUNDAIのロゴの違いくらいのレベル。

ひだり みぎ
この偽ナイキがオリンピックのオフィシャルスポンサーなのでしょうか。皆様、オリンピック中国選手団のユニに注目して下さい。

さて、香山商業文化博物館を過ぎると左手に中山公園が見えてきます。
IMG_4412
この中山公園は烟敦山にあり、山頂には明代1608年に建てられた積上げ煉瓦の棟が建っています。

IMG_4925
302の石段を上りきった先にある阜峰文筆と呼ばれる八角七層のこの塔。清朝時代にも香山八景として挙げられていましたが、現代でも中山十景の一つに数えられるほどの名塔です。

中山公園の門を過ぎると地場の老舗百貨店“中山百貨”が出現。
IMG_4586

IMG_4585
お陰様で6月28日に開店62年を迎えました。歴史を感じさせる佇まい、中は極々一般的な百貨店です。

夜の中山百貨。
IMG_4919
イルミネーションはちょっと安っぽくてがっかり。

この百貨店の対面の大口丸という飲食店は安くておススメ。
IMG_4756
タピオカ入りミルクティーが3元(≒40円弱)。夏はこれが必需品。学生時代はこれ一杯に400円も払ってたなー。

IMG_4754
カップケーキは1個1元(≒12.5元)と激安。パンケーキにジャムと果実をのせた程度の代物だが、原価は一体いくらなんだろう…

中山百貨から見渡す孫文東路。
IMG_4587
ここで遊歩道は終わりですが、孫文中路は続いていきます。。これより以東の孫文中路は、買い物街というよりは寧ろ文化街といった趣となっていきます。

次回に続く。

Related posts(関連記事):

中山市の地味に楽しめる観光スポット・中山城
昨日は中山市の数少ない観光スポットである中山城に行ってきました。 この中山城はお城でも要塞でもなく、2001年に中国中央テレビで放送された「孫中山」という連続ドラマの撮影用セットをテーマパークとして一般開放したものです。園内では孫文先生が生前に足跡を残した中国、米国、英国、日本の街並みなどが再現されており、黄埔軍校での騎馬戦ショーや北伐戦争再現ショー、雑技や少数民族による演戯なども定期的に催...
人質の身
アウチ!!出張中のベトナムにて以前にも発生した不良問題が激しく再燃、抜本的解決が為されるまで人質としてベトナムに留まることになり、国慶節の一時帰国の日程を後ろ倒しする羽目に… 日本での仕事と一番異なるのは、こちらでは『若手だから』という言い訳が効かないような責任感のある仕事を任せられるという点であろうか。一部上場企業の本社社長クラスとも折衝の機会があったりと、日本では考えられない程の大役がバ...
鎮墓獣・唐三彩の宝庫 洛陽博物館 洛陽・鄭州・開封旅行2
灼熱の洛陽に降り立って直ぐ、先ずはホテルに向かう前に空港からの移動途中にある洛陽博物館を目指す。 この日は端午節初日。白タク運転手も気合が入っているのだろう。自分が乗客の中で一番に空港を出たということもあるのだろう、空港を出るなり「ヘイ兄ちゃん!市内のどこに向かうんだい!道中工事で道が閉鎖されてるので迂回が必要だけど、100元で行くよ!今直ぐ出発だ!」と威勢の良い客引きに囲まれる。 事...
中山城・日本景区
前回からの続き。 上海孫中山故居を抜けて直進すると、日本景区に入ります。 孫文は広州での武装蜂起に失敗後の1895(明治28)年に亡命目的で日本を訪れて以来、1924(大正13)年までの約30年の間に通算約9年間もの長期に渡り日本に滞在し、革命活動に当たっておりました。 日本の江戸から大正時代の街並みが再現されています。 /> 酒屋の御品書き。 忠実に再現...

コメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    >Rin-Rinママさん
    う~ん。。。中山市は観光都市としては微妙ですが、一回くらいは訪問する価値はあると思います!東莞市内から中山まで車で1時間半程度なので東莞のついでに来れる範囲内です^^
    熱っい中山市で飲む冷えたミルクティーも良いですよ~!たった3元ですし(笑)