MPF(香港の年金制度)

香港でも高齢化や核家族化が進んできたことを背景に、MPF積立強制基金という確定拠出型の年金制度が2000年に始まりました。確定拠出型とは何だか難しい響きですが、ようは毎月の拠出額が決まっている積立金制度のことで、毎月の給与の10% (会社負担5%・社員負担5% 最大の対象給与額は毎月HK$25,000)が信託会社に積み立てられていく制度であります。
*2012年6月から上限の対象額が従来のHK$20,000から25,000に引き上げられました。

私も実際の勤務地は中国大陸であるが、建前上は香港勤務となっている為、この積立制度に加入しています。毎月会社がHK$1,250、自分が HK$1,250を積み立てて、年間HK$30,000、4年間だとHK$120,000 (120万円ちょっと)が溜まります。その半分は自己で負担しているが、会社がその半分を負担してくれるんだから、大した金額ではないが貰えるものは貰っておかんと。

ただ、肝心なのは積立先が信託会社であり、その運用具合によって受給額が決まるということだ。積立先はいくつかの候補があり、各信託会社とも新興国資源関連から各国国債関連など豊富な運用ファンドを有しているので、ある程度は自分の思い通りに資産のポートフォーリオを決定することができる。私は自分が持ってる株価や為替情報は小まめにチェックしていますが、このMPFに限って言えばリスクが最低レベルの投資先に分配して、後は完全に放置プレー。ちょっと増えりゃいいな程度で運用を信託会社に一任していました。

で、さっき思い出したようにこのパンドラの箱を…開けちゃいました!






トータル運用率 101%…

酸っぱいな~~。各ファンドの運用率が95%~107%で変動していたが、トータルでは定期預金と変わらんではないか!ってくらいの利回りである。

因み各ファンドのリスクレベルは最少の1~最大の5まで用意されており、5の運用実績だと年利で-20%~+18%というドキドキジェットコースタークラスのまでありました。小心者の私は今のところは全てリスクレベル1のファンドに運用資金を振り分けてもらっていますが、どうせ大した額じゃないんだし、リスクレベル5に1年間くらい寝かしてみようかな。

*参考までにファンドの一つをご紹介。

公共事業3.8%・/電信事業3.7%/情報事業17.9%/エネルギー10.8%/工業系9.1%/現金0.2%/原料4.9%/日用品10.5%/多元化商品9,9%/金融関連16.3%/健康関連11.7%に振り分けられております。具体的にはアップル社に4.1%、エクソンモビール2.7%,マイクロソフトに2.1%、他にもインテル、シボレー、フィリップモリスなど世界的企業を中心に投資しているこのファンドの今年の利回りは3.71%。このような感じで産業別、企業別で各ファンドの投資振り分けを確認することができます。

Related posts(関連記事):

香港国際空港行きフェリーのファーストクラス…
さて、今回、訳ありで珠海から香港国際空港に直接乗り入れるフェリーに乗船することになった。今日はやけに霧っぽいので濃霧を理由に欠航の恐れがあったが、何とか運行してくれるようだ。 珠海の九州港。タイに向かう大陸人団体旅行客が多数、一階のフロアを占拠してて、BOSE無しには耐え切れないほどのノイズレベル。どうして当地の人間は近距離でもああも大声で喋りたがるのか。 ここ九州港から香港空港行...
香港のホテル価格高騰が止まらない!
早速ですが、高い!!香港のホテル代が高い!!来週末に1泊2日で冬季クレージーセール目当てで香港に繰り出してやろうと思ったのですが、ホテル代が高い! 算高い香港のホテルは以前からコンベンション・国際展示会の開催時や観光のピークシーズン等ではここぞとばかりにこぞって露骨なまでに法外な高値を吹っ掛けてきていたが、2~3年ほど前からオフピーク時の底値自体も高騰し始め、今ではオフシーズンですら週末であ...
香港の出入国スタンプに異変!
足を運べば運ぶほど、その魅力に引き付けられる文明都市・香港(小生が住まう中国大陸某氏と比べて相対的に文明的)。戦後、中国大陸の動乱を避けて資本家や文明人が挙って香港に雪崩れ込んできた歴史があるが、大陸から逃れたい気持ちは実に良く分かる。私も何か悪い出来事があった時の気分転換に、また、何か良いことがあった時のお祝いにと、事あることに理由をつけて香港まで現実逃避の旅に出かけるようにしています。その結果...
キャセイのマルコポーロクラブ、順調にシルバーへ昇格
珍しくキャセイから封筒が来ていたので開けてみると、キャセイのマイレージクラブであるマルコポーロクラブで初期ティアーのグリーンからシルバーへの昇格のお知らせだった。自分はJGC(JAL Global Club)持ちだしキャセイ⇒JALへのマイル加算率も悪くないので、今まではキャセイ搭乗時もJALアカウントにマイルを貯めていたが、折角なのでキャセイのマルコポーロクラブに加入していたのだ。 【キャ...