キャセイパシフィックのマルコポーロクラブ

キャセイパシフィックのマイレージクラブ。先日のタイ旅行の際に遂に加入してしまいました。

私は旅好きの母がJALグローバルクラブ(=通称JGC)に属していることから、家族会員としてJGCの恩恵を授かってきた。そんな母はJGCのステータス獲得後は修行僧としてのプレッシャーから解放された後も悠々自適にJALでの海外・国内旅行を満喫しているみたいだが、私の方は中国華南地区に生活の拠点が移ってからめっきり日本航空の御世話になる機会も少なくなりました。代わって搭乗機会が増えたのは香港ベースのキャセイパシフィック。キャセイも日航と同じワンワールドに属している為にキャセイ便でもJALマイルを溜めることができるのだが、如何せん格安航空便の加算率が…良くて50%、悪けりゃ全く加算されないといったケースばかりだったのである。そこで、遂にマルコポーロクラブ加入を決意。他社のマイレージクラブと異なり入会金がUS$50かかるが、一度支払ってしまえば口座維持費や年会費などはかからない。無料の『アジアマイル』と呼ばれるキャセイ会員マイレージクラブもあるが、こちらはマイルの積算だけで、搭乗実績に応じた優遇などは全くないので却下。

オンラインで入会書を提出し、クレジットカードでお支払いを済ませました。そして先ほどメンバーズカードが我が家に到着。

*個人情報記載箇所は黒塗りで隠しております。
ちょっとカッコいい。会員カードの他、スーツケース用・アタッシュケース用にも各1枚ずつ送られてきた。これは初期メンバー用のグリーンカードで、搭乗実績に応じてシルバー⇒ゴールド⇒ダイヤモンドのステータスが用意されている。

メンバーシップティアクラブ・マイルクラブ・セクターoneworld
メンバーシップティア
ダイヤモンド120,00080エメラルド
ゴールド60,00040サファイア(JGC)
シルバー30,00020ルビー
グリーン適用なし4 (更新のみ)適用なし

各ステータスの必要マイルor登場回数は上のテーブルの通り。最上位カーストであるダイヤモンドは厳しそうだが、ゴールドあたりなら少しのマイル修行で達成できそうな気がしないでもない。JGCとマルコゴールドはカースト的には同等だが、キャセイ搭乗時のインボラ率は当然ながら断然マルコゴールド>JGCである。その他、JGCやワンワールドサファイヤクラスでは入室できない香港国際空港の到着ラウンジも使えるようになる。今年一年、無理しない程度にマルコポーロのゴールドクラスに挑戦してみようかと思います。

Related posts(関連記事):

機内にバーラウンジ 搭乗記 カタール航空 A380 ビジネスクラス 広州⇒ドーハ
2018年の年末と2019年の年始の休暇は溜め込んでいた有給をぶっ放して中東の安全そうな国巡りに出ることに。 中東での旅程(計画): 羽田から広州経由でドーハへ⇒ベイルート⇒アンマン⇒クウェート⇒バーレーン⇒ドバイと周ってから香港経由で帰国という予定。そういや2017年末はオマーンにいたので、2年連続の年越しin中東。2018年は旅程の消化具合次第だけど、ヨルダンかクウェートあたりでの...
CX776ジャカルタ-香港からのCX524で成田へ
CX776は香港からのCX777の遅延により2時間遅れの16:15に出発することになった。台風の影響で香港では大幅な遅延/欠航が相次いでいるとのことで、香港での成田行き乗継便も遅延が決まったそうだ。もともと01:00出発の乗継便が遅延とか、疲労困憊の私には受け入れ難き極刑だ。 いつもの搭乗ゲートに行くと、遅延の罪滅ぼしの為に軽食が配給されていた。まぁ遅延はキャセイのせいじゃないんだけど。 ...
あなたはマイル派? e JALポイント派? 夏の特典キャンペーン
昨日の成田サンクスキャンペーンに続き、JALのお得キャンペーンをもう一本。6月までも同様のキャンペーンがあったけど、「あなたはマイル派? e JALポイント派? 夏の特典キャンペーン」が7月以降も引き続き開催されることとなっている。 成田サンクスキャンペーンと比べて対象便は遥かに多いが対象予約クラスはKクラス以上なので、最安値で飛ぶコスト至上主義的修行僧の方々には有難味の無いキャンペーンかも...
魅惑の歓楽街・女人街
女人街・・・ 何となく魅惑的な響きの通り名。初めてこの名を耳にする人は吉原や、ポン引きが立ち並ぶ男の為の歓楽街などを思い浮かべかねないネーミングだが、実際は何ら如何わしいスポットではなく、激安商品やちょっとアレなコピー商品が並んでいる旺角の一大露店街です。香港の街を歩いていると、アチコチの路地でずらっと露店が並んでいる光景を目にしますが、女人街は数ある香港の露店市の中でも最大規模。思えば学生時代...