キャセイパシフィックのマルコポーロクラブ

キャセイパシフィックのマイレージクラブ。先日のタイ旅行の際に遂に加入してしまいました。

私は旅好きの母がJALグローバルクラブ(=通称JGC)に属していることから、家族会員としてJGCの恩恵を授かってきた。そんな母はJGCのステータス獲得後は修行僧としてのプレッシャーから解放された後も悠々自適にJALでの海外・国内旅行を満喫しているみたいだが、私の方は中国華南地区に生活の拠点が移ってからめっきり日本航空の御世話になる機会も少なくなりました。代わって搭乗機会が増えたのは香港ベースのキャセイパシフィック。キャセイも日航と同じワンワールドに属している為にキャセイ便でもJALマイルを溜めることができるのだが、如何せん格安航空便の加算率が…良くて50%、悪けりゃ全く加算されないといったケースばかりだったのである。そこで、遂にマルコポーロクラブ加入を決意。他社のマイレージクラブと異なり入会金がUS$50かかるが、一度支払ってしまえば口座維持費や年会費などはかからない。無料の『アジアマイル』と呼ばれるキャセイ会員マイレージクラブもあるが、こちらはマイルの積算だけで、搭乗実績に応じた優遇などは全くないので却下。

オンラインで入会書を提出し、クレジットカードでお支払いを済ませました。そして先ほどメンバーズカードが我が家に到着。

*個人情報記載箇所は黒塗りで隠しております。
ちょっとカッコいい。会員カードの他、スーツケース用・アタッシュケース用にも各1枚ずつ送られてきた。これは初期メンバー用のグリーンカードで、搭乗実績に応じてシルバー⇒ゴールド⇒ダイヤモンドのステータスが用意されている。

メンバーシップティアクラブ・マイルクラブ・セクターoneworld
メンバーシップティア
ダイヤモンド120,00080エメラルド
ゴールド60,00040サファイア(JGC)
シルバー30,00020ルビー
グリーン適用なし4 (更新のみ)適用なし

各ステータスの必要マイルor登場回数は上のテーブルの通り。最上位カーストであるダイヤモンドは厳しそうだが、ゴールドあたりなら少しのマイル修行で達成できそうな気がしないでもない。JGCとマルコゴールドはカースト的には同等だが、キャセイ搭乗時のインボラ率は当然ながら断然マルコゴールド>JGCである。その他、JGCやワンワールドサファイヤクラスでは入室できない香港国際空港の到着ラウンジも使えるようになる。今年一年、無理しない程度にマルコポーロのゴールドクラスに挑戦してみようかと思います。

Related posts(関連記事):

漢のロマンが詰まった(!?)男人街・廟街
全世界的に男女平等が声高に叫ばれる昨今、当然ながら女人街があれば男人街もあります。男人街は深夜特急で廟街と呼ばれている夜市街で、地図上でも実際に廟街となっているが、コンプライアンス意識の表れか、女人街との対象で男人街との名が広く浸透している。可愛らしい小物商品や衣類がメインの女人街と比すると、男人街に並ぶ商品は確かにチープでジャンクな電化製品やブルースリー・毛沢東関連グッズなどパンチの利いた土産物...
重慶マンションでインド料理を食す
激安ドミトリーやゲストハウスが所狭しと密集する貧乏バックパッカー御用達雑居ビルの重慶マンションだが、実は2階にはレートの良い両替商やインド料理屋が集結している。長期滞在している多くのインド人やアラブ人、アフリカ系の男どもが醸し出す多国籍な雰囲気や、東洋の魔窟・九龍城砦二世といった一昔前の噂が独り歩きし、現地人でも中々入りたがらない人がいるらしいが、一部の通の人間に言わせると、これらインド料理屋の味...
アエロフロートロシア航空A320搭乗記 シェレメチェヴォ空港ビジネスクラスラウンジ
ロシア観光を終え、この日は朝からアエロフロートのフライトでモスクワから東へ3,000km離れたキルギスの首都ビシュケクへ。 朝5時過ぎ、早朝発のフライトに備えて前泊したシェラトンエアポートホテルの無料シャトルで空港へと向かう。 ターミナルD1階の到着フロアでバスを降り、3階の出発ターミナルに移動したいのだが…。エレベーターの扉がいくら待っても閉まらない。そしてボタンも閉じるボタンしか用...
メリディアン サイバーポート(数碼港)香港 宿泊記
今回は気分転換に香港のル・メリディアン・サイバーポート(数碼港)に泊まってみた。 そもそもサイバーポートなんて行った事ないんだけど、一体どこにあるのか。IT関連やハイテク情報産業を誘致・集積する為のオフィスビルや会議施設・商業施設・マンション・メリディアンホテルなんかが集まる香港政府肝入りの開発区らしいが…。 一応は香港島に立地してはいるものの、西の外れの外れのそのまた外れにあり、上湾...