キャセイパシフィックのマルコポーロクラブ

キャセイパシフィックのマイレージクラブ。先日のタイ旅行の際に遂に加入してしまいました。

私は旅好きの母がJALグローバルクラブ(=通称JGC)に属していることから、家族会員としてJGCの恩恵を授かってきた。そんな母はJGCのステータス獲得後は修行僧としてのプレッシャーから解放された後も悠々自適にJALでの海外・国内旅行を満喫しているみたいだが、私の方は中国華南地区に生活の拠点が移ってからめっきり日本航空の御世話になる機会も少なくなりました。代わって搭乗機会が増えたのは香港ベースのキャセイパシフィック。キャセイも日航と同じワンワールドに属している為にキャセイ便でもJALマイルを溜めることができるのだが、如何せん格安航空便の加算率が…良くて50%、悪けりゃ全く加算されないといったケースばかりだったのである。そこで、遂にマルコポーロクラブ加入を決意。他社のマイレージクラブと異なり入会金がUS$50かかるが、一度支払ってしまえば口座維持費や年会費などはかからない。無料の『アジアマイル』と呼ばれるキャセイ会員マイレージクラブもあるが、こちらはマイルの積算だけで、搭乗実績に応じた優遇などは全くないので却下。

オンラインで入会書を提出し、クレジットカードでお支払いを済ませました。そして先ほどメンバーズカードが我が家に到着。

*個人情報記載箇所は黒塗りで隠しております。
ちょっとカッコいい。会員カードの他、スーツケース用・アタッシュケース用にも各1枚ずつ送られてきた。これは初期メンバー用のグリーンカードで、搭乗実績に応じてシルバー⇒ゴールド⇒ダイヤモンドのステータスが用意されている。

メンバーシップティアクラブ・マイルクラブ・セクターoneworld
メンバーシップティア
ダイヤモンド120,00080エメラルド
ゴールド60,00040サファイア(JGC)
シルバー30,00020ルビー
グリーン適用なし4 (更新のみ)適用なし

各ステータスの必要マイルor登場回数は上のテーブルの通り。最上位カーストであるダイヤモンドは厳しそうだが、ゴールドあたりなら少しのマイル修行で達成できそうな気がしないでもない。JGCとマルコゴールドはカースト的には同等だが、キャセイ搭乗時のインボラ率は当然ながら断然マルコゴールド>JGCである。その他、JGCやワンワールドサファイヤクラスでは入室できない香港国際空港の到着ラウンジも使えるようになる。今年一年、無理しない程度にマルコポーロのゴールドクラスに挑戦してみようかと思います。

Related posts(関連記事):

搭乗記 エミレーツ航空 A380ファーストクラス 香港⇒ドバイ
さて、いよいよエミF旅行の始まり始まり。 エミレーツのファーストクラスは、香港-バンコクの以遠区間で乗ったなんちゃってファーストクラス以来。前回はたかだか2時間程度のFお試しコースでしたが、今回は香港⇒ドバイのナイトフライトコース。メシ⇒サケ⇒シャワー⇒ベッドとエミFサービスをフルコースで楽しめるんじゃないかとドキワクです。 先ずは胃袋のウォーミングアップとばかりにエミレーツラウンジで...
尖沙咀でちょいとぶらり~リモワ香港に糖朝~
香港在住の友人からリモワで香港限定モデルのクラシックフライトが販売されているとの情報が寄せられた。どうも○○限定モデルとかに弱い自分、こういうのに直ぐ釣られてしまう。今回も香港限定という響きに釣られ、宿泊先のシェラトンから近いこともあってリモワに足を運んでみることに。見るだけなら無料ですしね、見るだけなら。 リモワ香港は尖沙咀東店や空港、セントラルにも支店があるが、シェラトンからはネーザ...
タイ国際航空ロイヤルオーキッドラウンジ@香港国際空港
ちょっと急だったけど、三連休が取れたので短期シンガポール旅行を決行することに。 今回はシンガポールを単純往復するのではなく、タイ国際航空で往復共にバンコクを経由することでTGフライトを4発楽しむことに。残念ながら目当てのA380の運航日には合わせることができず、機材は往路がB777-300・復路がB747-400それぞれ2セクターずつ。復路のSIN-BKKでF席が開放されていたので、久しぶり...
MH0073 マレーシア航空ビジネスクラス B737-800 香港―クアラルンプール
今回のシンガポール出張は格安マレーシア航空がCX/BA修行で使えるか見極める為に、クアラルンプールでの打合せとくっつけてMHで旅程を組んでみた。 MHのCクラスでHKG-KUL-SIN-KUL-HKGと飛んだ場合にCX/BA/JLでそれぞれ獲得できるポイントは以下の通りとなる。CXは2016年4月15日以降の新システムで算出した。 獲得P エメラルド到達に必要なP数 ...