キャセイパシフィックのマルコポーロクラブ

キャセイパシフィックのマイレージクラブ。先日のタイ旅行の際に遂に加入してしまいました。

私は旅好きの母がJALグローバルクラブ(=通称JGC)に属していることから、家族会員としてJGCの恩恵を授かってきた。そんな母はJGCのステータス獲得後は修行僧としてのプレッシャーから解放された後も悠々自適にJALでの海外・国内旅行を満喫しているみたいだが、私の方は中国華南地区に生活の拠点が移ってからめっきり日本航空の御世話になる機会も少なくなりました。代わって搭乗機会が増えたのは香港ベースのキャセイパシフィック。キャセイも日航と同じワンワールドに属している為にキャセイ便でもJALマイルを溜めることができるのだが、如何せん格安航空便の加算率が…良くて50%、悪けりゃ全く加算されないといったケースばかりだったのである。そこで、遂にマルコポーロクラブ加入を決意。他社のマイレージクラブと異なり入会金がUS$50かかるが、一度支払ってしまえば口座維持費や年会費などはかからない。無料の『アジアマイル』と呼ばれるキャセイ会員マイレージクラブもあるが、こちらはマイルの積算だけで、搭乗実績に応じた優遇などは全くないので却下。

オンラインで入会書を提出し、クレジットカードでお支払いを済ませました。そして先ほどメンバーズカードが我が家に到着。

*個人情報記載箇所は黒塗りで隠しております。
ちょっとカッコいい。会員カードの他、スーツケース用・アタッシュケース用にも各1枚ずつ送られてきた。これは初期メンバー用のグリーンカードで、搭乗実績に応じてシルバー⇒ゴールド⇒ダイヤモンドのステータスが用意されている。

メンバーシップティアクラブ・マイルクラブ・セクターoneworld
メンバーシップティア
ダイヤモンド120,00080エメラルド
ゴールド60,00040サファイア(JGC)
シルバー30,00020ルビー
グリーン適用なし4 (更新のみ)適用なし

各ステータスの必要マイルor登場回数は上のテーブルの通り。最上位カーストであるダイヤモンドは厳しそうだが、ゴールドあたりなら少しのマイル修行で達成できそうな気がしないでもない。JGCとマルコゴールドはカースト的には同等だが、キャセイ搭乗時のインボラ率は当然ながら断然マルコゴールド>JGCである。その他、JGCやワンワールドサファイヤクラスでは入室できない香港国際空港の到着ラウンジも使えるようになる。今年一年、無理しない程度にマルコポーロのゴールドクラスに挑戦してみようかと思います。

Related posts(関連記事):

やっぱり疲れる南方航空のエコノミー 天津⇒広州
天津からの戻りはCZ3136のエコノミーで、機材はA320の短胴型で収容人数を30人程削ったA319。これ、満席エコで中国人に囲まれるといくら3時間のフライトでもかなりキツイんだよなぁ。どうか満席となりませぬように。 こちらは南方航空のオフィシャルサイトから借用したA319のシートマップ。一応プレエコ搭載の3クラス便だが、プレエコとエコの差は殆ど無い。機体のちょっと前の方に座れるとか、離...
香港のスタンダードチャータード銀行で口座を開設して250,000マイルを獲得した話
えー、本日は久しぶりに皆様のお役に立てるであろうネタをお一つ披露いたしやす。 香港のスタンダードチャータード銀行でPriority Bankingの口座を開設して定期預金に一定額を一定期間ぶっこむだけで、最大310,000アジアマイルを獲得できるという太っ腹なプロモネタっす。 今年の盆休みにマレーシア・バンコクと巡った後、最後に香港へと流れ着きましてね。このプロモ本当かよーと半信半疑ながら...
機内にバーラウンジ 搭乗記 カタール航空 A380 ビジネスクラス 広州⇒ドーハ
2018年の年末と2019年の年始の休暇は溜め込んでいた有給をぶっ放して中東の安全そうな国巡りに出ることに。 中東での旅程(計画): 羽田から広州経由でドーハへ⇒ベイルート⇒アンマン⇒クウェート⇒バーレーン⇒ドバイと周ってから香港経由で帰国という予定。そういや2017年末はオマーンにいたので、2年連続の年越しin中東。2018年は旅程の消化具合次第だけど、ヨルダンかクウェートあたりでの...
エラワン神ありがとう CX654でインボラの御利益が!
バンコク弾丸旅行の帰りはCXのプレエコ席。バンコクの数ある寺院の中でも御利益力最強のエラワン祠でガッツリ祈願してきたし、ここはアップグレードの恩恵を受けれるものと信じたい。 早朝からのゴルフ⇒ランチでクッタクタグッダグダの状態で空港入り。本当は一つ遅い便で帰りたかったんだけど、空席状況を見るからにCX654の方がインボラ来そうだったんで、キッツキッツの日程にしてでもこの便を選択した。機材もA...