言い訳
言い訳

言い訳

今日は香港へ出張。朝は通常通りオフィスに寄り、ミーティングを済ませてから中山港へ向かいました。中山から香港は珠江をフェリーで下るのが最短ルートで、中山港から1時間ちょいで香港に到着します。

オフィスで車を降りる際、『10時40分出発。中山港に向かいます。』と運転手に伝えてあったのですが、流石は中国、やっぱり約束時刻になっても運転手が現れません。

11:30発のフェリーに乗らないといけないのでちょっと焦って電話をかけてみると、『腹が痛かったから薬買いに行ってた。直ぐ着くから!』と。こっちの人の『直ぐ着くから』程あてにならないものはないので、こういった曖昧な表現を避けて具体的な時間を言うよう伝えてあるのだが、曖昧表現による逃げの精神が中国人のDNAに深く刻み込まれているのかどうしても直らない。

ようやく運転手が到着したのは11時ちょっと前。車に乗り込むとこっちが頼んでもないのに先ほど買った薬を率先して見せてくる。必死の『本当に薬を買いに行ってたんだよ』アピール、先制攻撃だ。そんなことより一刻も早く車を出してくれ!!

その後も間髪入れずに色々な言い訳発言で攻めてくる。

『原因は把握している。食あたりに違いない。昨晩食べ魚だ!』
『家内も今朝は調子悪そうにしていた。』
『疲れがたまってる。』
『暑い日続いてるしね。』

こちらが聞き流していると次第に論点がずれてきた。

『どうせ40分前じゃないと船のチケット買えないよ。』
『雨で船の運航キャンセルでしょ。』
『風も出て来たぞ!』

無視してたらどんどんとこんな発言ばっかでてくる。そのマシンガントークぶりからはとても腹痛に苦しむ様子は見受けられない。

こちらの人は言い訳の際、その言い訳が如何に合理的であるとか説得力があるとか本当らしく聞こえるかどうかは重視せず、何個の言い訳を並べ立てられるかといった数勝負に持ち込もうとする。で、途中で辻褄が合わなくなってそこを指摘されると大声を出してもみくちゃにしようとする。自分の狭い経験で一般論化したくはないのだが、一人二人こういった人がいますよ!とかの次元では無く、ほぼ皆さんこういった感じなんです。

彼の言い訳攻めを遮りながら社内で出張の最終準備をすませ、中山港に到着。フェリー出航10分前でしたが、無事に乗り込むことができました。何がチケット買えないだよ。でもやっぱりこっちでは不可測な時間ロスが生じる可能性が高いので、もう少し時間に余裕をもって行動せねばと痛感しました。

中山港⇒香港の運航スケジュール
08:00(九龍行き)
09:30(九龍行き)
10:30(香港国際空港行き)
11:30(九龍行き)
14:00(九龍行き)
16:00(九龍行き)
17:00(香港国際空港行き)
17:30(九龍行き)
18:00(香港島行き)
20:00(九龍行き)

さて、明日は朝から年に一度の健康診断なので今日は早寝することとします。最後の悪あがきで青汁も飲んでおきました。それでは!

Related posts(関連記事):

クラウンプラザホテル ランドマーク深セン宿泊記
本日の宿泊先はクラウンプラザホテル ランドマーク深セン。羅湖口岸までタクシーで僅か15分と香港との往来にも便利だし、周辺の徒歩圏内に多くの日本料理店が乱立してていて、何かと利便性の高い日本人御用達のホテルである。 ホテル到着は15:00。チェックインはエントランスを入って右手のフロントで。フレンドリーで且つ丁寧な気遣いのできる素晴らしい女性スタッフがチェックインを対応してくれていたのだが、そ...
金沙遺址博物館で見る古蜀文明跡 楽山・成都旅行8
永陵博物館での見学を終え、次なる目的地・金沙遺址博物館へと急ぐ。 金沙遺跡と言えば中国に於ける21世紀初の考古学的大発見。 遡ること16年前の2001年、住宅開発の為の下水道工事の際に偶然にも殷周時代のものとされる巨大な金沙遺跡が発掘されたのである。長年、文化不毛の地と考えられてきた成都平野の歴史的定説を覆す大発見。1986年に成都北郊で発掘された三星堆遺跡との共通点も見られ、黄河と揚子江...
中国の回転寿司パート②
以前の広州旅行中に行った万歳回転寿司。中山市にも支店があるので行ってみることに。 京華ホテル近くの利和広場4Fに入っています。 入口には以前には無かった五星紅旗が。 寿司職人だけでなく鉄板焼きマスターも配属されています。 『鉄のリブ。』食べるには鉄の歯に鉄の顎が必要。 『鉄ハンブルクボール』こちらはもはや食べ物とは思えません。 『...
テーマパーク化したカシュガル老街
週末バザールを出て大通りを西に数百メートル進むと、カシュガル老城なる砂上の要塞のような一角に突き当たる。10世紀に興ったカラハン朝の都の中心部であったとされる歴史ある場所で、今でもウイグル族が住まう居住区なのだという。 観光客用テーマパークのエントランス然とした門が入り口に聳え立つ。少なくとも、ぱっと見ではウイグル人居住区のようには見受けられん。 街の中心部にもかかわわず入り口...

8件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。