宿泊記 クラウンプラザ珠海シティセンター(旧ホリデイイン珠海)

この日は香港での仕事終わりにフェリーで珠海のクラウンプラザシティーセンターへ。こちらのホテル、以前はホリデイインだったけど、最近のリノベーションを経てクラウンプラザへと格上げになったらしい。ただ、宿泊レートは大きくは変わらず、最安値レートはRMB600元台⁺⁺~で、特典宿泊に必要なポイント数も15,000ポイントで据え置きとなっている。

珠海の九州港からはホテルの無料シャトルバスにて移動、15分ほどで珠海市吉大区にあるクラウンプラザ珠海シティーセンターに到着した。

「珠海シティセンター」と自称している通り、複数のショッピングセンターや多数の食事処に囲まれた賑やかな場所にある。ただ、マカオとの国境がある拱北(ゴンベイ)までは5km程ほど離れているし、食事処が多いと言っても日本料理屋は見当たらず。この立地ならやっぱり日本からの出張者にはクラウンプラザよりゴンベイの日本人御用達ホテル・粤海酒店の方が良いのかもしれん。


ホテル周辺を一通り探索してからホテルへと戻ったところ、メインエントランスは改装中につき閉まっていた。



暫定的に、ホテル一階にあるアイリッシュバーの小さな入り口がホテルのエントランスとして機能していた。

ひだり みぎ
フロントもロビーの大半が改装中だった為にちょっと窮屈。ウェブサイト上では「クラウンプラザに変わって営業中!」との紹介がなされていたけど、実際はまだリノベ工事が行われている最中だった(2018年11月現在では、既に全箇所の改修を終えたようです)。

スパイア特典

ホテル名はクラウンプラザなのに、スパイア特典はホリデイインのまま。こちらの記事の通り、中国のクラウンプラザではスパイア会員にラウンジアクセスが与えられるのだが、ラウンジアクセスは付かずに60元の飲食バウチャーが発行された。ルームキーやスタッフのネームプレートもクラウンプラザ仕様なのに…

他にもフルーツ盛り、ウェルカムドリンククーポン、1ランクのルームアップグレードといった特典も受けることができたので、ベネフィット自体は充実してると言えるでしょう。今回はポイントでの特典宿泊だったのにちゃんと飲食バウチャーやドリンク券を頂けるんですね。

部屋カテゴリー

Crowne Plaza Superior
Crowne Plaza Deluxe
Crowne Plaza Club
Crowne Plaza Special View
Crowne PlazaSuperior Suite
部屋は全5タイプ。今回はポイント宿泊での最安値部屋からデラックスルームへとアップグレード頂いた。

ルームキーを手にして宿泊フロアへ向かうと、え?改装途中?というくらい無機質で不気味な雰囲気に包まれていて悪寒がした。
ひだり みぎ

1225は右なのか左なのか迷ってしまうし。

部屋:Crowne Plaza Deluxe


部屋も全体的に無機質トーン。改装直後の部屋にインテリアを置いただけのような、とても味気ない雰囲気である。


ベッドの横にはおニューのソファ。新しい分、粤海酒店より部屋自体の快適度合いは高いかな。高層フロアで静かだし。

ひだり みぎ
その奥のミニバーカウンターの奥がデスクスペース。無機質な空間の中で、チェアだけがビビッドなオレンジでポイントになっている。


ひだり みぎ
傘や紙袋といったところも全てクラウンプラザ仕様。今回はイブニングカクテルも朝食も利用する時間が無かったので寧ろ飲食券の特典で助かったんだけど、どうして会員特典だけが未だにホリデイインのままなのだろうか…。

ひだり みぎ

ウェットエリアもリファービッシュ済み。浅くて半身浴にも使えないけどバスタブも有る。


腹減ったのでチキンコンボセットを頼みたかったけど、既に提供時間が終わっていたのでロビーフロアのアイリッシュバーで腹を満たすことに。

アイリッシュバー


雰囲気もメニューの内容もビックリするくらいアイリッシュ感の無いアイリッシュバー。


IHG会員用ウェルカムドリンクメニュー。



最後はカウンターでバーテンダーお勧めのマティーニを寝酒に一杯。これでぐっすりと眠り、翌朝早くにチェックアウト。本当に寝るだけの滞在となってしまった。

所感

悪くないホテルですよ。悪くない。でも、マカオを絡めて夜の珠海に遊びに行くといった場合は素直に拱北(ゴンベイ)もしくはマカオのクラウンプラザを選ばれた方が良いでしょう。マカオのクラウンプラザでも珠海のクラウンプラザと殆ど変わらないようなレートで泊まれたりもしますので。

猥雑な街中を離れて静かに過ごしたいという方にはクラウンプラザも悪くはないチョイスだとは思いますが、静かな環境だけを求める場合は絶賛開発中の横琴地区にあるシェラトンかセントレジスも良さげだし迷うところ。シェラトン・セントレジスといたSPG系ホテルのみならず、アコーホテルズのプルマン、IHGのインターコンチネンタルと外資系高級ブランドの開業が相次ぐ珠海に於いて、正直、このクラウンプラザは立ち位置的に微妙になってきてるというか。徒歩10分のところにはマリオットもあるし。こういった競合先の台頭を意識してクラウンプラザとしてリニューアルオープンしたんだと思うけど、今後どういったポジショニングでどういった戦略を採るのか、今後の展開が楽しみっちゃ楽しみではある。
すんません、まとまりのない結論になって。

クラウンプラザ珠海シティーセンター(珠海粤財皇冠假日酒店)


Booking.com




Booking.com



住所:珠海市香州区吉大景山路188号
電話:+86 756 322 8888

Related posts(関連記事):

宿泊記 インターコンチネンタル ポルト デュープレックススイート
フライトの遅延によりポルト1泊目は空港近くのエアポートホテルに宿泊先を変更せざるを得なくなってしまうなど、散々な出だしとなった2019年ゴールデンウイーク。 2泊目は当初から予約していたインターコンチネンタル ポルト パラシオ ダス カルドサス(InterContinental Porto - Palacio das Cardosas)へと引っ越すべく朝のうちからポルト市内へと移動します。 ...
宿泊記 リッツカールトン深セン Ritz Carlton Shenzhen
この日の宿は銀河の彼方の深圳星河麗思卡爾頓(リッツカールトン深セン)。クラブラウンジのサービスが評判のホテルだが、今回はホテルご自慢のラウンジサービスを堪能できる程の滞在時間が確保できなそうだったため、ラウンジアクセス抜きでの予約。少しでも早くリッツスピリッツを味わいたいとホテルへと急ぐ。 丸の内もびっくりのオフィス街、ギンギラ銀に輝く雨中の深セン福田を歩く。深センと言えば少し前...
SPGと中国東方航空のクロスオーバー・リワード
えー、今日も誰得なニッチ情報のお時間がやって参りました。日本在住の方には意味のない情報だとは思うが、昨年度末にSPGがエミレーツ・デルタに次ぎMU(中国東方航空)ともクロスオーバーリワードの提携を開始したので、備忘録として情報を纏めておく。始めにお断りをしておきますが、先日のシャングリラとシンガポール航空の提携のようなビックリステマオファー等はありませんので悪しからず。 今回の提携により...
唐代の安西都護府跡 亀茲古城
クチャ王府を出て、亀茲古城を目指す。唐代の安西都護府跡である。 648年、西域支配の拡大を続ける唐は亀茲(現クチャ)に都督府安西都護府を設置。東は現・敦煌郊外の陽関や玉門関から西は中央アジアまでを包括する広大な西域地域を管轄する重要拠点として亀茲国は栄えた。クチャ出身の三蔵法師・玄奘は大唐西域記で7世紀の亀茲国について「東西千余里、南北六百余里、大都城は周囲十七、八里」と伝えているくらいなん...