中国での定期健康検査

今年もやってきました。年に一回の定期健康診断。身長・体重など基本的な身体測定から血液検査やレントゲン検査などコアな検査検診まで半日かけて大々的に検査してきました。中国に来てからというものの暴飲暴食を繰り返し、出張中は衛生基準を満たしていないであろう安食堂での食事を続けてきた私にとっては検査前から気が気ではありませんでした。

今日は恐る恐る病院に直行。
ひだり みぎ
清潔感のある病院で少し安堵します。

そして意外にハイテク!
IMG_1983
この計りの横に立ったらセンサーにより身長と体重と脂肪率が瞬時にモニターに弾き出されます。やるじゃん!

全項目のチェックが終わると院内レストランで軽食が振る舞われます。
IMG_1987
シャンデリア!!?病院のくせにレストラン経営にも精を出しているのか!ってくらいの豪勢さ。

ひだり みぎ
芸術品やピアノが展示されたりもしています。

正式な検査結果は1週間後に頂けるそうですが、小心者の私は直ぐに結果が知りたかったので、各検査が終わった後に問題無いか聞いて回りました。問題無し問題無しと続き、耳鼻咽喉科へ。おばさん医師は私の口の中を覗くやいなや目を真ん丸にして『アイヤ~~。』と発言。英語的には『oh my god』的な発言ですよね!日本語では『あっちゃ~』的な感じ!??すると不吉な発言に戸惑っている私に補足をしてくれました。

『Bian Tao Xian(扁桃腺)が大きく、喉の腫れに起因する発熱や頭痛のリスクが高い。水を意識的に多く飲んで下さい。』のようなことを言ってる。あぁ、これは確か去年も言われたわ。日常生活に支障を来すレベルでは無いので何にも対処していないですが。

一番重要であろう血液検査と尿検査の結果は未だ分からないですが、レントゲン、血圧検査は問題無し。とりあえず一安心しました。中国の病院の杜撰な対応などがよくネタにされていますが、こと、今日御世話になった病院は先進的な設備に驚かされてしまうくらい立派でしたし、医師の方達も無難に業務をこなしていました。もちろん変な袖の下を要求したりもしてこなかったですよ!やればできるじゃん!

Related posts(関連記事):

中国南方航空 CZ367 広州ーホーチミン B738ビジネスクラス
本日は広州市内での打合せ後、20:05発ホーチミンシティ行きのCZ367で移動する。 打合せが長引いてしまった為に時間ギリギリのチェックイン。チェックインカウンターに着いた時はフライト1時間前。こっちは冷や汗もんに焦っていたが、受付は全然慌てる様子も動じる様子も無く、普通に「ゲートは○○番なんで。では行ってらっしゃい。」的な事務処理で終了。そうだよな、この国ではフライト1時間前のギリギリ...
世界遺産の麗江古城を探索 雲南省旅行10
トンパ文化博物館で麗江文化に関する予習を済ませ、いよいよ満を持して雲南省が誇る世界遺産、「彩雲の南の城」こと麗江古城の探索を開始する。 麗江古城は宋代末から元代初期にかけナシ族により築かれたされた都城である。城壁も濠も無いという防御力皆無の脆弱なオープンスタイルが特徴的な城なんだけど、これはなんでも当地を統治していた木氏が「『木』を『口(城壁)』で囲むと『困』となって縁起が悪いやんけ!」と無...
永陵博物館で見る前蜀開祖・王建の墓 楽山・成都旅行7
成都一日目、宿泊先のJWマリオットに荷物を下ろして身軽になった後に成都での行動を開始。先ずはタクシーで永陵博物館を目指す。 永陵は中国五代十国時代(907年-960年)に勃興した王朝の一つで、成都を中心に今の四川省一帯に支配体制を築いた前蜀の開国皇帝・王建の帝陵になる。全国唯一の地上皇帝の墓として知られ、もちろん全国重要文化財にも指定されている成都を代表する観光地の一つである。王建って学生時...
宋都御街・龍亭公園 開封日帰り旅行2
鄭州からの開封日帰り旅行。夏の禹王を祀った禹王台公園の見学を終え、8路のバスで開封市街地へ。次なる目的地は宋代の宮廷画家・張択端の画巻『清明上河図』に描かれた風景・風俗を再現した古都開封市内の歴史文化テーマパーク・清明上河園。 中国北宋の都・開封の都城内外が賑わい栄えた様を描いた清明上河図。残念ながら1305年の黄河の氾濫により宋の都・東京は地中深く埋もれてしまったこともあり、清明上河図は当...