中国での定期健康検査

今年もやってきました。年に一回の定期健康診断。身長・体重など基本的な身体測定から血液検査やレントゲン検査などコアな検査検診まで半日かけて大々的に検査してきました。中国に来てからというものの暴飲暴食を繰り返し、出張中は衛生基準を満たしていないであろう安食堂での食事を続けてきた私にとっては検査前から気が気ではありませんでした。

今日は恐る恐る病院に直行。
ひだり みぎ
清潔感のある病院で少し安堵します。

そして意外にハイテク!
IMG_1983
この計りの横に立ったらセンサーにより身長と体重と脂肪率が瞬時にモニターに弾き出されます。やるじゃん!

全項目のチェックが終わると院内レストランで軽食が振る舞われます。
IMG_1987
シャンデリア!!?病院のくせにレストラン経営にも精を出しているのか!ってくらいの豪勢さ。

ひだり みぎ
芸術品やピアノが展示されたりもしています。

正式な検査結果は1週間後に頂けるそうですが、小心者の私は直ぐに結果が知りたかったので、各検査が終わった後に問題無いか聞いて回りました。問題無し問題無しと続き、耳鼻咽喉科へ。おばさん医師は私の口の中を覗くやいなや目を真ん丸にして『アイヤ~~。』と発言。英語的には『oh my god』的な発言ですよね!日本語では『あっちゃ~』的な感じ!??すると不吉な発言に戸惑っている私に補足をしてくれました。

『Bian Tao Xian(扁桃腺)が大きく、喉の腫れに起因する発熱や頭痛のリスクが高い。水を意識的に多く飲んで下さい。』のようなことを言ってる。あぁ、これは確か去年も言われたわ。日常生活に支障を来すレベルでは無いので何にも対処していないですが。

一番重要であろう血液検査と尿検査の結果は未だ分からないですが、レントゲン、血圧検査は問題無し。とりあえず一安心しました。中国の病院の杜撰な対応などがよくネタにされていますが、こと、今日御世話になった病院は先進的な設備に驚かされてしまうくらい立派でしたし、医師の方達も無難に業務をこなしていました。もちろん変な袖の下を要求したりもしてこなかったですよ!やればできるじゃん!

Related posts(関連記事):

中山市の公共チャリレンタルサービス 
光化学スモッグや河川汚染など中国の環境問題が国内外で取りだたされて久しいですが、中山市では慎ましやかながらも汚染の少ない低炭素社会の確立に向けた対策が立案・実行され始めています。 その中の一つが昨年に始まった公共自転車レンタルサービス。大気汚染を促すモータリゼーションの流れに待ったをかけるべく、急ピッチで公共チャリの普及、浸透化に励んでいます。 チャリレンタル場。(孫文記念館前) ...
中国南方航空 B777-300ERビジネスクラス 搭乗記
さー、飛んできますよ、中国南方航空で上海まで。 南方航空の「年度評価」で去年と今年の飛行実績の比較を見ると、今年は全然飛べてないのは一目瞭然。去年は中国地方都市への週末弾丸旅行を実績を稼いだこともあり15の都市へと飛んだのに、今年の南方航空での渡航先は3都市のみ。散々たる状況である。 年次評価を突き付けられた後は何度か乗ったんだけど、それでも対昨年度比では大きく搭乗数を落としている...
中国のSMSサービスと振り込め詐欺
中国では携帯電話によるSMS(ショートメッセージサービス)の普及率が高く、歩きながらポチポチ、運転しながらポチポチ、小便しながらポチポチと、何処に行っても携帯でメッセージを打つ中国人の姿を見かけます。こうしたSMS人気に商機を見出した各企業によるショートメッセージサービス等も充実しており、私自身もSMSによる銀行口座の出入金記録の通知や、天気情報のお知らせ等でSMSを活用しています。また、民間だけ...
帝政ロシアによる都市計画の名残り 大連・中山広場
大連の中山広場はかつて日本の統治時代には大広場と呼ばれた大連を象徴する場所であり、どのガイドブックにも載せられる大連の定番観光スポットだ。 大連国際貿易中心ビルの展望室から撮られた写真を見るとよく分かるが、直径213メートルの円形広場を中心にラウンドアバウトになっていて、10本の道路が放射線状に伸びている。パリを模して大連の都市開発にあたった帝政ロシアによる設計であり、当時はロシア二世...