中国での定期健康検査

今年もやってきました。年に一回の定期健康診断。身長・体重など基本的な身体測定から血液検査やレントゲン検査などコアな検査検診まで半日かけて大々的に検査してきました。中国に来てからというものの暴飲暴食を繰り返し、出張中は衛生基準を満たしていないであろう安食堂での食事を続けてきた私にとっては検査前から気が気ではありませんでした。

今日は恐る恐る病院に直行。
ひだり みぎ
清潔感のある病院で少し安堵します。

そして意外にハイテク!
IMG_1983
この計りの横に立ったらセンサーにより身長と体重と脂肪率が瞬時にモニターに弾き出されます。やるじゃん!

全項目のチェックが終わると院内レストランで軽食が振る舞われます。
IMG_1987
シャンデリア!!?病院のくせにレストラン経営にも精を出しているのか!ってくらいの豪勢さ。

ひだり みぎ
芸術品やピアノが展示されたりもしています。

正式な検査結果は1週間後に頂けるそうですが、小心者の私は直ぐに結果が知りたかったので、各検査が終わった後に問題無いか聞いて回りました。問題無し問題無しと続き、耳鼻咽喉科へ。おばさん医師は私の口の中を覗くやいなや目を真ん丸にして『アイヤ~~。』と発言。英語的には『oh my god』的な発言ですよね!日本語では『あっちゃ~』的な感じ!??すると不吉な発言に戸惑っている私に補足をしてくれました。

『Bian Tao Xian(扁桃腺)が大きく、喉の腫れに起因する発熱や頭痛のリスクが高い。水を意識的に多く飲んで下さい。』のようなことを言ってる。あぁ、これは確か去年も言われたわ。日常生活に支障を来すレベルでは無いので何にも対処していないですが。

一番重要であろう血液検査と尿検査の結果は未だ分からないですが、レントゲン、血圧検査は問題無し。とりあえず一安心しました。中国の病院の杜撰な対応などがよくネタにされていますが、こと、今日御世話になった病院は先進的な設備に驚かされてしまうくらい立派でしたし、医師の方達も無難に業務をこなしていました。もちろん変な袖の下を要求したりもしてこなかったですよ!やればできるじゃん!

Related posts(関連記事):

鄭州から開封日帰り旅行1 禹王台公園と繁塔
鄭州から高速鉄道でやってきた古の都・開封。西安や洛陽といった都城の東に位置していたことから東京と呼ばれ、北宋の時代には世界最大級の都市として栄えた古都である。 主な開封の観光名所は以下の通り。 ・清明上河園(『清明上河図』に描かれた街並みを再現したテーマパーク) ・龍亭(明代に建てられた宮殿) ・禹王台(夏の禹王を称えて作られた廟) ・繁塔(974年建立の仏塔) ・宋都御街(宋代の...
広州ウェスティンで点心食べ放題@紅棉
広州二日目、今日が正月休暇の最終日だ。朝方に散歩だけして後はチェックアウトまでホテルでまったりと休むことにした。ランチも引き籠ってホテル内でテキトーに済ます。魔性のヘブンリーベッドの魅力に憑りつかれてしまったので、少しでも長くベッドで安らいでいたいのだ。このベッド、大枚はたいて買ったろか、とすら思ってる。 北島康介似の長身コンシェルジェにホテル内のランチベニューについて伺ったところ、ウェステ...
カシュガル班超記念公園 
果てしない無限の砂の中を駱駝の隊商の列が往き、勇ましく逞しい騎馬隊が旗を掲げて疾駆…。地上の万物を焼き焦がすような強烈な日差し、湖を凍てつかせる程の酷寒…。厳しい自然の中で繁栄と滅亡が繰り返され、今日でも所々で古代西域諸国の城跡や町跡が残るロマン満点の中国西域地帯。そんな西域ロマンに憑りつかれ、後世を西域運営に捧げた男が今から2000年も前に存在した。後漢時代を生きた軍人・班超だ。 歴史関連...
シェラトン東莞ホテル宿泊記/Sheraton Dongguan Hotel
今年も飲み会の季節がやってきた。今週は飲み飲み飲みと酒の席が続いており、今日もアウェーの地・東莞で忘年会に参加するためにシェラトン東莞ホテルに宿泊することに。既に肝臓が悲鳴を上げているが、追い打ちをかけるように来週はベトナムとタイで忘年会ラッシュ。そろそろ肝臓の悲鳴が聞こえてきそうだが、当地での飲みの席では容赦無い。次から次へと一気飲みの「干杯」を求められ、楽しむというよりはどちらが多く飲めるかの...