偽ブランドタクシー【インドタクシー】

ジャカルタでのタクシー事情に関しては以前にも書かせてもらいました。

ジャカルタでは依然としてタクシートラブルが絶えず、インドネシアのタクシー会社最大手で信用のおけるブルーバード、若しくはそのグレードアップ版であるシルバーバードでの移動が比較的安全であるとの考えが一般的。最近ではブルーバード社の信用力にあやかることで自社の売上高を達成しようとしてか、ブルーバード社の車体デザインを真似たパクリブランド品ならぬパクリタクシーがジャカルタ市内で暗躍し回っているそうです。

その中の一つであろうタクシーがこれ。
IMG_7172
『インドタクシー』と、いかにも…といった名前である。

Blue_Bird
インドタクシーに対して本家ブルーバード。ロゴも似ているし、遠くからでは判別がつかないレベルで、前回のジャカルタの市内観光の際にモナスからマンガドゥアへの帰りの足を探していたところ、見事にインドタクシーを捕まえてしまいました。ババ抜きでピンポイントでババを掴んだ時のような心境になったが、まぁ昼間だしメインストリートをちょっと走るだけなので大丈夫だろうと、インドタクシーの御世話になることに。

乗車し、ドアを閉める前に『マンガドゥア、メーター オーケー?』とメーターを指さして確認。と思ったらメーターが無い!!ちょっと焦ったが、『メーター オーケー』と運転手が指差した先を見ると、メーターがバックミラーの上に設置されていました。そんなとこにあんのかよ!!メーターが初乗り料金に戻されているのを確認した上で安心してドアを閉めて乗り込みます。
IMG_7297
初乗りはRP 5,000 (≒50円)。ブルーバードのそれがRP 6,000だったと思うので、意外にちょっと安い。その後は走行距離と時間に応じてRP 250づつ上がっていき、マンガドゥアまではRP 30,000弱で着きました。コタ⇒モナスとモナス⇒マンガドゥアの距離差を考えると往路のブルーバードより安く済んだ計算だ。特にチップなどを要求してくるわけでもなくすんなり解放してくれましたし。昼間で短距離ならそこまで危険では無いのかなとも思います。ただ、私が言うのもなんだが、どんな些細な事でトラブルに巻き込まれるかも分からないので、インドネシアに限らず外国のタクシーに一人で乗られる場合(特に女性)は絶対に注意して頂きたい。

Related posts(関連記事):

JL720 ジャカルター成田 スカイスイート767 ビジネスクラス搭乗記
ジャカルタからの帰国はJL720のスカイスイート767で。朝04:30にホテル出発し、ジャカルタ名物・暴走狂ドライバーによる荒~い運転で夜闇に包まれたスカルノハッタ航空へと移動する。 空港到着後の荷物検査を経てC客専用のプレミアラウンジ直通プライオリティチェックインカウンターへ。 しかし、JALはプライオリティカウンターが使えないとのことで敢え無く撃退され、せっかく空港の端っこまで来た...
インドネシアの到着ビザが値上
やられた。当方の確認不足が原因だが、今までUS$25だったインドネシアのアライバルビザがいつの間にかシレッとUS$35に値上されていた。 深夜着のキャセイ便を下りるとアライバルビザの窓口に長蛇の列が!!只でさえ到着が遅いのに勘弁してよ!と毎度思うが、ジャカルタ空港のイミグレオフィサーは処理効率が悪い為、時間帯によってはしばしば長蛇の列ができる。ただ、それにしても今日の列は本当に酷い。どうやら...
カフェ・バタビアで中世バタビアの上流階級の優雅な生活を偲ぶ
先日、客先にバンコクでスーツを仕立てた際の話をしたら、ジャカルタの仕立て屋さんのレベルの高さを小一時間に渡って熱く語られた。マンガドゥアのモールの一角に軒を構える個人経営店らしいのだが、シングルもダブルもタックもノータックも、シルクもウールもとにかくお好みのままに仕上がってくると言ってはばからない。途中、10回くらいは唾が飛んくるくらいにアツく熱弁をふるわれ、その流れで、じゃあ「紹介してあげる」と...
戦闘機触り放題なインドネシア空軍博物館
ジョグジャ5日目の博物館巡り、〆はインドネシア空軍宇宙中央博物館。博物館周囲ではタクシーを拾えない且つ公共交通機関もないので、滞在先前の幹線道路を走る流しのタクシーをチャーターして行くことに。相場が分からなかったので何台かと交渉にあたったところ、初めの3台は100,000ルピア以上の言い値で折れてくれなかったが、4台目でシェラトン⇔空軍博物館のチャーター1時間で70,000ルピアと控えめな運転手に...

「偽ブランドタクシー【インドタクシー】」への9件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS:
    >ぼれかさん
    確かに身ぐるみ剥がされるなんて物騒な話も出回ってますもんね~。でも渋滞で大した速度で走らないし、人通りの多い幹線道路を走っただけなんで大丈夫かなと判断しちゃいました。運ちゃん、結構いいやつそうでしたよ。インドネシア語が一切できない私に対してしょっちょうう笑顔で何だか話しかけてきました(笑)でもやっぱり危険な噂がある以上はリスクはできるだけ取らない方が良さそうですね^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。