中山市⇒香港国際空港

今日はオフィスで資料作成をしてからフェリーで香港国際空港(以後HKIA)へ。

中国大陸からフェリーで直接HKIAに乗り入れる場合、空港到着後のフライトチェックイン時にこういったタックスリファンドのクーポン(レシートのような紙切れ)が貰えます。
IMG_6165

荷物検査を通過したところにある赤い看板のところでクーポンを提示すれば120香港ドル(1,200円強)還元されます。
IMG_6166

チェックイン受付の担当によってはクーポンの発行を忘れることもあるので要注意!荷物検査後に気づいても後の祭りなので、チェックイン時に確実に貰うようにして下さい。

ここからキャセイラウンジのWINGへ移動。今朝作った書類をプリントアウトして、遅い昼食を取りながら打ち合わせの最終段取を済ませる。日本がお盆休みに入ったからか今日はメールも電話も少なくて仕事が捗ります。

本日のホットミール。
ひだり みぎ
魚の白身の焼き茄子和えと夏野菜のバター炒め。

IMG_3869
揚州炒飯。

HKIA内のキャセイラウンジ3箇所の中ではWINGのホットミールが一番充実していると思う。他空港のラウンジと比較をしても、個人的には成田のサクララウンジに次ぐお気に入りだ。

Japanese Udon
IMG_6666
具がしょっぼいビーフからエビにグレードアップ。

IMG_6171
ノンアルコールドリンクもMint Frappeが追加されていました。シャーベットのような感じで飲みやすくてクセになります。

フライトは19:05発とまだまだ時間が有る。うどんあと3玉、ハーゲンダッツ3個は最低のノルマとして自分に課したい。

と思っていた矢先に照り焼きチキンラーメンに浮気。
IMG_6172
味付けは可も無く不可も無くといったところでしたが、麺がいけてない。
さて、出発までまだ3時間以上ある。仕事の段取りも終わったし腹も必要以上に膨れたし、明日のジャカルタ観光の計画でも立てることにしよう。

中国大陸各地⇒香港国際空港のフェリー便(1011年12月現在)
●深セン蛇口発(所要時間30分 260元)
07:45
08:45
10:00
11:15
12:15
13:30
14:30
15:30
16:30
17:30
18:30
19:30
20:15
21:00
●中山発(所要時間70分 310元)
10:30
17:00
●東莞虎門発(所要時間80分 290元)
08:15
10:15
12:00
14:45
16:00
17:35
●珠海発(所要時間60分 280元)
09:30
12:40
15:30

Related posts(関連記事):

エネルギッシュな香港の魅力
東南アジア特有の喧噪と煌びやかでちょっぴり怪しいネオンが爛爛と輝く下町繁華街に、国際金融都市としてのメタリックカラーな近代的高層ビル群、そして大阪のおばちゃん顔負けのエネルギッシュな人々…中華都市としての喧々たる雰囲気と国際都市としての秩序が同居する香港はいつもほとばしる活力が渦巻いていてエナジー全開! 【九龍半島のネオン街】           【香港島の高層ビル群】 左右のビルか...
広深港高速鉄路で深セン福田から広州南へ
出張先で週末を一人で過ごす時は極力アクティブに動き回ろうと決めていた2017年、この日もちょこっと遠出してみることに。 さあてどこに行こうか…と考える時に先ずは適当にホテルを検索してしまうのがホテラーの悲しい性。 この日は広州のウェスティン琶州が605元(≒10,000円)とお手頃価格になっていたので、滞在先の深センから広州まで足を延ばしてみることに。 深センから広州への移動手段...
荃湾の高層マンション群に見る香港住宅事情
前回からの続き。 荃湾駅の駅ビル食堂で値段に惹かれてセットものを2つも頼んでしまった為に胃が重く、これ以上の散歩は断念。駅前から二階建てバスにて荃湾西駅へ向かおうとするも、余りのバスの種類の多さにたじろぐ…『36』と数字だけの路線、『948P』といった数字の後ろにローマ字を従える路線があったかと思えば今度は『N237』…。『234A』『234B』などといった同一数時+異なるローマ字による攪乱...
JWマリオット香港 エグゼクティブルーム宿泊記
去年、香港のホテル代が超高騰し、どこもかしこも吐き気を催すような強気価格を設定してた頃に泊まったJWマリオット香港。たまたま香港での週末の予定が急にぽっかりと空いてしまったので、当日にラウンジアクセス付きのエグゼクティブルームをポチって即ホテルへと移動した。シングルベッドだけの極狭モーテルですら1万とかする狂気の香港でマリオットも多聞に漏れずにお高かったが、ちょうど前週に大きなプロジェクトを完遂し...