香港⇒ジャカルタのキャセイ便でインボラ

さて、ぼちぼち時間になったので搭乗口へ。係員にチケットを手渡すと、『We’ll bump you up to biz class if it’s ok for you (貴殿さえ宜しければビジネスクラスにランクアップします)』!!!来た~!!!俗に言うインボラだ。4ヶ月ぶり5度目の幸運。

ジャカルタ着は中国時間23:45を予定。香港からは4時間40分のフライトです。棺桶タイプとはいえ座席がリクライニングしてソファーみたいになるので仮眠を取るにはちょうど良いが、ここで寝るとホテルに着いてから寝れなくなる…

本日の機内食
IMG_0411
普段、機内では利尿性のあるアルコールやコーヒーは飲まないようにしているが、今日はめでたきインボラ記念日を一人で虚しく祝うべくシャンペンを頼んでしまった。

IMG_0413
肉!!!ラウンジでがっつり食べた後でしたが、勿体ないので気合で胃袋に詰め込みました。

食後は眠気との格闘を続けながら地図を眺めていたり今回のお供本である十八史略を読んでいたら、予定より早く到着。1冊は往路で読み終へる目論見であったが、結局半分も読み終えず。

スカルノ・ハッタ国際空港。深夜だというのにこの行列!ここでUS$25と引き換えに到着ビザを受け取ってからイミグレに向かいます。

IMG_6668
看板の『品物損害クラーム』の誤字を見るとインドネシアに来たという実感が湧く。
ビザ申請⇒イミグレ⇒荷物ピックアップ⇒荷物検査で1時間かかりました。

IMG_6670
荷物検査を終え、タクシーを手配。夜中だというのに両替商やタクシー・ホテル斡旋商の人たちは非常に元気に声をかけてきます。

両替を済ませると、貰った金額がレシートに記載された額に対してIR100,000(≒1,000円)少なかったので抗議をしていると、他の日本人が『気をつけた方が良いですよ』と一言だけ言って後ろを通り過ぎていった。結局レシートの金額通りの額を受け取ることができましたが、確認しなければお金が足りないことに気が付きませんでした。皆様お気を付け下さい。

タクシーは今回もAVISを利用。市内まで高速代込みでIR 200,000 (≒2,000円)です。バスですと1階到着ロビー出口のGate Fを出て左側のところから市内までIR 20,000で行けるみたいですが、最終便は23:30とのことで、イミグレで私の後ろに並んでた白人バックパッカー集団は空港で夜を明かして明日の朝にバスで市内に向かうと言っていました。ただ、安全を考えるとやはり市内までの移動はSilver Bird 若しくはAvisなど名の知れたタクシー会社を利用した方が良いかと思います。
IMG_6672

代金を支払うとボーイさんが外で待機しているタクシーまで誘導してくれます。
IMG_6674
ボーイに連れられ真夜中の暗がりを抜け…

IMG_6675
黒塗りの車(AVISが契約してる白タク)に乗せられます。周りには個人営業の白タク運ちゃんがワンサカいます。

AVISでは毎回毎回フレンドリーな運ちゃんにあたる。『いつまでジャカルタにいるんだ?どこに行くんだ?』と質問攻め。営業熱心で明日以降の出張でも自分を使ってくれと必死にアピールしてくるのだ。凄くフレンドリー。

IMG_6673
ただ、今回の運ちゃんはフレンドリーすぎ!時速120キロで走行中、律儀にこっちの目を見て話さないでいいから!

Related posts(関連記事):

中国東方航空 広州-上海 ビジネスクラス MU B737-800 搭乗記 
超短期な週末広州滞在を終え、中国東方航空で上海へと戻る時間がやってきた。機材は往路のA321と異なりB737-800だけど、共にナローボディー機なので大差は無いだろうと期待はせん。 空港へは市内からエアポートバスでサクッと移動。 [table id=66 /] 北京・上海浦東に次ぐ中国第三の巨大空港だけあって、エアポートバスが路線数・運行頻度共に充実。市内便以外にも珠海・中山・東莞・深セ...
マスカット⇒ドーハ カタール航空 マスカット国際空港Majan Lounge
年末年始の休暇で過ごした愛しのオマーンとも今日でお別れで、カタール航空便にて先ずはマスカットからドーハへと移動する。 そもそもオーマンのマスカットと聞いてピーンと来る人は余程の中東マニアか中学生の時に地図帳でオマーンを見つけて大喜びして調べた人かのどちらかと思うが、マスカットは中東のUAEの隣にあるオマーン国の首都。UAEの先にあるカタールのドーハまでも近く、本日は17:05にマスカット...
中国南方航空A321 ビジネスクラス 広州ーホーチミン市 搭乗記
今年が中国系キャリア修行に打ち込める最後のチャンスなんではないかと思い、勢いだけで始めたCZ修行。最上級のゴールドに必要な40セクターを目指して今日も飛ぶ。40セクターはIクラス20搭乗分…頂きは高いが、漸く山の中腹に差し掛からんとするところまでは登り詰めてきたぞ~。 空港へはエアポートバスで移動。空港に入る前に対テロ対策として超絶ヌルい爆発物探知機によるセキュリティチェックが行われるよ...
ユダヤ教徒食
仕事で急遽ベトナムに来る羽目になり、ブログの更新や確認が滞ってしまいました。一昨日の木曜日にホーチミン入りし、日曜日戻りとなった為、端午節3連休の計画が完璧にオジャンになってしまいました。 木曜日は中山港から香港国際空港に直接乗り入れるフェリーで空港まで移動し、キャセイ便でホーチミンへ。今日はキャセイ便の機内食に関してのお話をしようと思います。 実はキャセイ便、通常の機内食ではなく、予...

コメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    >ノンタブリーさん
    コメント有難うございます!
    今回はキャセイでした。やっぱりインボラは何度体験しても良いものですね^^私も一度、飛行中のコックピットの中の様子を見てみたいなーっていつも思ってるのですが、中々キャセイはしっかり戸締りしてるのでね(笑)