ユダヤ教徒食 再び

ベトナムから解放されて中国に戻ってきました。

午前中にホーチミンの半日観光を楽しでから空港に向かい、チェックイン。すると受付担当が『Did you made a request for kosher meal? (ユダヤ教徒食をリクエストされました???)』と口走ったではないか。

んんん…
忘れてました。てっきり忘れてました。往路便でユダヤ教徒食をリクエストしたのは先のブログエントリーでお伝えさせて頂いた通りですが、復路便にもこのリクエストが適用されるんだ…当然と言えば当然だが、急な出張でバタバタしていたので復路便の機内食のことまで頭が回っていなかった。またアレをが出てくるのか!(ユダヤ教の方、申し訳御座いません)

ただ、受付は『リクエストされましたよね?』と聞いているだけである。今からでも通常機内食に切替えてもらう余地はあるのではないか。

考える為の時間を稼ぐために聞き直す私。
私『sorry?(え、何ですか?)』
受『You made a request for kosher meal, correct? (貴殿はユダヤ教徒食をリクエストされましたよね?)』

…暫し悩む私。リクエストしたかしてないか聞かれてるのだから、『NO!』と言ってしまえば逃れられるのではないか。

考えた末、心の葛藤の末、自白する私。
私『はい。ユダヤ教徒食を頼みました。頼んだのは私です。

自分で希望してわざわざロンドンに本社に置くユダヤ教徒食製造業大手のHermolis社から調達してもらったのだ。今さら『やっぱ要りません』などと言っては良心が痛む。
そして搭乗を済ませると前回同様の確認攻め。『ユダヤ教徒食を頼みましたよね?箱空けていいですか?』

ただでさえ乾燥しきっている機内にあのパッサパサした食事だ。フライトアテンダントも心配しての念押し作業なのだろう。

腹を括り、ユダヤ教徒食を持ってきてもらう私。
前回同様にHermolis社の梱包箱が運ばれ、箱の裏のシールに記されていたメニューを確認。
IMG_3656
Hors-doeurve(オードブル)にLiver Pate(レバーパテ)、フルーツサラダに林檎のクランブルケーキ。前菜系は全体的に、おフランスっぽい感じがする。メインコースにはChicken MEATYと書いてある。 meatyとは肉々しいとか肉っぽいとか肉味溢れるみたいな意の英単語であり、何故か大文字で強調されている。どんな肉々しい料理なんだろうか。

少しの期待と大きな不安を胸に、いざ開封!











IMG_3657
左上から時計回りにフルーツサラダ・クランブルアップルパイ(銀紙に隠れてる)・パンとビスケット・Chicken MEATY・レバーパテになります。前回よりは若干マシだが、やっぱりパッとしない外観。

主食。
IMG_3659
風味付きのぱさぱさタイ米に香辛料をふんだんに使ったチキンカレー風のルー。前回の無味な料理から一転、今度は味付けがが強すぎて喉が渇きます。

レバーパテ。
IMG_3663
パッサパサ。私はレバーは食べれないので一口食べて断念。

ビスケットにパン。
IMG_3662
パッサパサ。真ん中にあるのはバターやマーガリンではなく、何故かマスタード。マスタードの袋の画のようにホットドッグにならマスタードは合うが、ホットドッグを構成する為の重要部材であるソーセージはどこにも見当たらない。

個人的には前回のような極薄な味付けよりは極濃の今回の方が多少は良かったとおもうが、やっぱりやはり全体的に口に合わない。

ただ、食事内容的にはユダヤ教徒食を選択したことを大いに悔やんでいるが、異文化に触れるという意味では収穫であったと考えたい。キャセイパシフィックさん、わざわざkosher mealを調達して頂きありがとうございました。

Related posts(関連記事):

荃湾の高層マンション群に見る香港住宅事情
前回からの続き。 荃湾駅の駅ビル食堂で値段に惹かれてセットものを2つも頼んでしまった為に胃が重く、これ以上の散歩は断念。駅前から二階建てバスにて荃湾西駅へ向かおうとするも、余りのバスの種類の多さにたじろぐ…『36』と数字だけの路線、『948P』といった数字の後ろにローマ字を従える路線があったかと思えば今度は『N237』…。『234A』『234B』などといった同一数時+異なるローマ字による攪乱...
広州ーバンコク 南方航空B737-800 広州で国内線⇒国際線乗り継ぎ
この日は中国国内線で他都市から広州まで飛んでからのトランジットでバンコクへと移動。広州空港での乗継時間は1時間超。乗継便を逃したら次の便が来週になるみたいな僻地に行くわけではなく、仮に国内線が遅れて乗継便を逃したとしても同日発のバンコク行き次便に振り替えてもらえるようなので、まぁ国内線の広州着が遅れてもなんとかなるでしょう。 結局、広州行き便中国国内線は定刻通りに到着、遅延によるトランジット...
中国南方航空 シンガポールー広州 A319 ビジネスクラス搭乗記 チャンギdnataラウンジ
シンガポール出張を終え、南方航空にて広州へと移動する。 広州-シンガポールは一日平均8便(シンガポール航空=2便・スクート=2便・南方航空=4便)飛んでるんだけど、広州での仕事終わりに飛べる夜便は南方航空しかないので、広州からシンガポールに飛ぶ際にはいつも糞機材(A320・A319・B737)を飛ばす南方航空の利用を余儀なくされている。南方航空は良い機材も多数保有してるんだけど、東南アジア路線は...
VN175 HAN⇒DAD ベトナム航空国内線ビジネスクラス
香港からのVN593は定刻通り15:30にハノイに到着したものの、沖止めされた機体からターミナルへのマイクロバスの手配が遅れているようで、機内にて足止めを食らうことに。CA「あっはっはー。これだからランドスタッフはねぇー」じゃないぜ!何でそんなに他人事なんだい、まったく!ベトナム到着からほんの数分でベトナムクオリティーをまざまざと見せつけられる。はぁ…ここでの時間のロスに加え、去年の大晦日に国際線...

コメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    >pikkari pikarinさん
    >pikkari pikarinさん
    いや、優しいというか気弱というか。こっちにきて物事を大胆に言うようにはなりましたけど、自分の発言や行動には責任を持ちたいので、かなり無理して詰め込みました(笑)