ユダヤ教徒食 再び

ベトナムから解放されて中国に戻ってきました。

午前中にホーチミンの半日観光を楽しでから空港に向かい、チェックイン。すると受付担当が『Did you made a request for kosher meal? (ユダヤ教徒食をリクエストされました???)』と口走ったではないか。

んんん…
忘れてました。てっきり忘れてました。往路便でユダヤ教徒食をリクエストしたのは先のブログエントリーでお伝えさせて頂いた通りですが、復路便にもこのリクエストが適用されるんだ…当然と言えば当然だが、急な出張でバタバタしていたので復路便の機内食のことまで頭が回っていなかった。またアレをが出てくるのか!(ユダヤ教の方、申し訳御座いません)

ただ、受付は『リクエストされましたよね?』と聞いているだけである。今からでも通常機内食に切替えてもらう余地はあるのではないか。

考える為の時間を稼ぐために聞き直す私。
私『sorry?(え、何ですか?)』
受『You made a request for kosher meal, correct? (貴殿はユダヤ教徒食をリクエストされましたよね?)』

…暫し悩む私。リクエストしたかしてないか聞かれてるのだから、『NO!』と言ってしまえば逃れられるのではないか。

考えた末、心の葛藤の末、自白する私。
私『はい。ユダヤ教徒食を頼みました。頼んだのは私です。

自分で希望してわざわざロンドンに本社に置くユダヤ教徒食製造業大手のHermolis社から調達してもらったのだ。今さら『やっぱ要りません』などと言っては良心が痛む。
そして搭乗を済ませると前回同様の確認攻め。『ユダヤ教徒食を頼みましたよね?箱空けていいですか?』

ただでさえ乾燥しきっている機内にあのパッサパサした食事だ。フライトアテンダントも心配しての念押し作業なのだろう。

腹を括り、ユダヤ教徒食を持ってきてもらう私。
前回同様にHermolis社の梱包箱が運ばれ、箱の裏のシールに記されていたメニューを確認。
IMG_3656
Hors-doeurve(オードブル)にLiver Pate(レバーパテ)、フルーツサラダに林檎のクランブルケーキ。前菜系は全体的に、おフランスっぽい感じがする。メインコースにはChicken MEATYと書いてある。 meatyとは肉々しいとか肉っぽいとか肉味溢れるみたいな意の英単語であり、何故か大文字で強調されている。どんな肉々しい料理なんだろうか。

少しの期待と大きな不安を胸に、いざ開封!











IMG_3657
左上から時計回りにフルーツサラダ・クランブルアップルパイ(銀紙に隠れてる)・パンとビスケット・Chicken MEATY・レバーパテになります。前回よりは若干マシだが、やっぱりパッとしない外観。

主食。
IMG_3659
風味付きのぱさぱさタイ米に香辛料をふんだんに使ったチキンカレー風のルー。前回の無味な料理から一転、今度は味付けがが強すぎて喉が渇きます。

レバーパテ。
IMG_3663
パッサパサ。私はレバーは食べれないので一口食べて断念。

ビスケットにパン。
IMG_3662
パッサパサ。真ん中にあるのはバターやマーガリンではなく、何故かマスタード。マスタードの袋の画のようにホットドッグにならマスタードは合うが、ホットドッグを構成する為の重要部材であるソーセージはどこにも見当たらない。

個人的には前回のような極薄な味付けよりは極濃の今回の方が多少は良かったとおもうが、やっぱりやはり全体的に口に合わない。

ただ、食事内容的にはユダヤ教徒食を選択したことを大いに悔やんでいるが、異文化に触れるという意味では収穫であったと考えたい。キャセイパシフィックさん、わざわざkosher mealを調達して頂きありがとうございました。

Related posts(関連記事):

カタール航空QR1142 A320ビジネスクラス搭乗記~オマーン入国
ドーハ名物のアルサファファーストクラスラウンジでの短すぎる滞在を終え、いよいよオマーンへのフライトへと乗り込んでいく。 カタール出発が1:45でサラーラ着が5:25のカタール航空1142便。今日は深夜便で夜が明ける前にサラーサまで移動し、休むことなく朝一で謎の失われた古代都市ウバールを攻める計画を立てている。荒涼としたルブアルハリ砂漠に埋もれた砂漠のアトランティス・ウバール。数千年前の古文書...
ガルーダ航空国内線ビジネスクラス B737-800
定刻通りに搭乗開始となったジョグジャカルタ行きGA202。外は未だ真っ暗闇の中、ボーディングブリッジを通り機内へと進む。初のガルーダ・インドネシア航空だ。社名の「ガルーダ」は、言わずもがなインドネシアの国章でもあるヒンドゥー教の神鳥ガルーダに由来するもの。ヴィシュヌ神を乗せ、炎のように光を発しながら天空を駆け抜けたと言われている伝説の鳥・ガルーダだが、今日では神ではなく普通の一般客を運ぶ役割へと都...
JAL 名古屋-バンコク線 ダブルFLY ON ポイントキャンペーンで行くタイ旅行
今年はJALのダイヤモンドステータスを獲得するとネットで公言してしまった為、JALのFOPキャンペーの収集に必死なポンズです。 JALの公式サイトに拠ると様々なキャンペーンが行われているようだが、その中で小生が利用できそうなのは標記にある「名古屋(中部)-バンコク線 おかげさまで就航1周年記念 ビジネスクラス ダブルFLY ON ポイントキャンペーン(JAL公式ページに飛びます)」か。ついこ...
ルンビニ日帰り旅行を終え、イエティ航空便でカトマンズへ
無事に(?)仏教四大聖地の一つであるルンビニの見所周りを終え、少々予定より早いがカトマンズへと引き返すことに。もう少しルンビニにいたら悟りを開けてたと思うんですけどね。今必要なのはニルヴァーナよりもスリープなもんで。 先ずはルンビニからバイラワ空港へ向かうバスのターミナルへ、相変わらず歩いた方が速いようなゆっくりペースで凸凹道を走る。この細身でか弱いご老人、職業と自身の能力がマッチしてな...

「ユダヤ教徒食 再び」への2件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS:
    >pikkari pikarinさん
    >pikkari pikarinさん
    いや、優しいというか気弱というか。こっちにきて物事を大胆に言うようにはなりましたけど、自分の発言や行動には責任を持ちたいので、かなり無理して詰め込みました(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。