中山城・中国景区/米国景区/英国景区

以前の続き。中山城の日本景区から中国景区経由で米国景区・英国景区を目指します。

≪中国景区≫
孫文が革命を目指したのは清朝が疲弊しきった19世紀後半から20世紀前半のこと。
IMG_4247
荒廃しきった感じが建物の様子が当時の状況をよく物語っています。

雲呑麺のレストランなど当時の商店。
IMG_4254

ひだり みぎ
日本景区でも感心したことですが、建築物自体の再現力は非常に高く、タイムトリップをした感覚すら覚えます。

中心広場。
IMG_4251
漢方薬商・靴磨き商の建物などが軒を並べている他、広州蜂起団の指令部や革命烈士の墓地などもこの地区にあります。

ひだり みぎ
中国景区からこの橋を渡った先が米国景区。

IMG_4259
橋の向こうには何故かローマのコロッセウムが。

≪米国景区≫
米国景区の入り口にある公園ではアメリカ文化の象徴であるディズニーの・ミッキーマウスがお出迎え。
ひだり みぎ
なんだか顔色がすっきりしませんが、口紅を塗りたくってご機嫌な表情。左乳を露出して中指を立てているような気がしないでもない。

マンハッタンの街並み。
ひだり みぎ
いくら20世紀前半とはいえこれはちょっと閑散としすぎじゃ…

チャイナタウン
ひだり みぎ
中華街はアメリカ50州のうち実に35以上の州にあると言われています。江門市の五邑華僑博物館の訪問記でも触れたかとは思うが、華僑の海外進出は清国の苦境と米国西部のゴールドラッシュが重なった19世紀後半に急増した。移民として海を渡った彼らが新たな生活の拠点として各地に中華街を築いていきました。

西部の街並み。
IMG_4291

ひだり みぎ
1800年代中盤から後半はゴールドラッシュに沸いていた米国西部。西部開拓当時の雰囲気が伝わってきます。

西部スタイルのログハウスバー。今にもウェスタンハットとド派手なスタッド付きのベルトを装備した毛深いガンマン達が出てきそう。
IMG_4294
パンフレットに『露店酒?・西部酒店』と記されていたので実際に酒場が経営されていると思ったのですが、残念ながらレプリカのみ。他にも折角レストランのセットとかあるんだから実際にビールやら軽食やら販売したり射的場を出したりしたらもっと儲かると思うのに…

IMG_4293
ビールへの欲望が強烈に駆り立てられます。

≪英国景区≫
テーマパークの一番奥に位置する英国景区は申し訳程度、面積的にも内容的にも他地区と比べると力の入れ具合が弱いです。テーマパーク建造中に敷地が足りなくなって断念してしまったのかと勘ぐってしまうほど。

IMG_4283
英国景区なのにマカオ警察治安局。

IMG_4272

IMG_4273
英国景区なのに中国国内の鉄道駅。

ひだり みぎ
鉄道駅なのに中は監獄。ハチャメチャになってきました。

こちらは宋家3姉妹の上海での住まい。
IMG_4278

ひだり みぎ
名家出の3姉妹、長女は孔子の子孫である(と自称する)大財閥の当主と、次女は中華民国建国の父である孫文と、三女は蒋介石と結婚し、「一人は金と、一人は権力と、一人は国家と結婚した」と後に評されています。
あんま英国関係ないよね!

≪その他≫
戻る途中、黄埔軍官学校で国民党による北伐戦争の再現ショーが行われていました。
無題
中国統一を目指して勢い良く飛び出していく北伐軍。本日3度目のショーだと言うのに疲れをみせないプロ。これぞ本物のショーマンシップ。

ズーム機能にトライしたらボケてしまった。そろそろデジカメを持ち歩くようにしようかな。
IMG_4956
手前が軍官学校で、馬4頭と軍人十数人が軍旗を掲げて奥の山に攻め込んでいきます。戦い自体は5分前後、崖から飛び落ちるスタントマン(?)などがいて軍人役のお兄さん達は炎天下で頑張っていますが、如何せん舞台が遠方すぎるのと砲台からの白煙が拡散されてよく見えません…

そんなこんなの中山城。当時の街の再現度は予想以上に高く楽しめました。

後はバーやらレストランを出してほしいというのが細やかな希望。売店や休憩所すら少ないのでぶっ通しで歩きっ放し。夏に訪問される方は飲み物を各自持参された方が良いかと思います。

中山城
住所:广省中山市翠亨村翠亨大道
電話:(0760)85501112
料金:50元

Related posts(関連記事):

珠海市への週末小旅行
先週末はお隣珠海市まで一泊二日の小旅行にでかけてきました。元々は土曜日出勤予定であったが、幸い金曜日の時点でその必要が無くなったので、急遽、段取無しの週末小旅行を決行してきた次第です。 珠海市は、丁度マカオと中山市の中間に位置しているのでマカオ観光の度に何度か立ち寄っているが、毎度毎度マカオ入国を急ぐばっかしに珠海市はスルーしてしまっていたので、珠海市の主要観光スポットに関する情報は一切把握...
中国旧正月③獅子舞
今日の夕方には日本へのフライトが控えているが、今朝は強烈な爆竹の炸裂音と人々の雄叫びによって早くから叩き起こされたので、出発までの時間はたっぷりある。帰国準備を整えた後、街歩きに出かけた。例年は民族大移動とも形容される中国人の旧正月帰省ラッシュの前に中国から避難していたが、今年は仕事の関係で逃げ遅れてしまったので、旧正月三が日を中国で過ごすのは初めてのことだ。 朝早いからか、外に出てみると商...
中国南方航空 B777-300ERビジネスクラス 搭乗記
さー、飛んできますよ、中国南方航空で上海まで。 南方航空の「年度評価」で去年と今年の飛行実績の比較を見ると、今年は全然飛べてないのは一目瞭然。去年は中国地方都市への週末弾丸旅行を実績を稼いだこともあり15の都市へと飛んだのに、今年の南方航空での渡航先は3都市のみ。散々たる状況である。 年次評価を突き付けられた後は何度か乗ったんだけど、それでも対昨年度比では大きく搭乗数を落としている...
南疆鉄道でカシュガルからクチャへ
  カシュガルでの短すぎる滞在を終え、南疆鉄道にて次なるシルクロード沿線都市・クチャを目指す。 南疆線は新疆ウイグル自治区を東西に走る鉄道路線。天山山脈の南麓・タクラマカン砂漠北縁の間を走り抜け、トルファンからカシュガルまでの1,445キロを繋いでいる。元々はほぼ往年のシルクロード(天山南路)に沿って敷設された路線だが、2015年に天山山脈を越える従来の路線が廃止され、山脈を...

「中山城・中国景区/米国景区/英国景区」への6件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS:
    >すぐりさん
    コメント有難うございます!
    何か子供たちを誘拐していく悪玉ピエロ的な怪しさを感じますよね@@でも中国ではこのくらいのレベルは序の口です^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。