シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Wホテル広州(W Guangzhou) 宿泊記


もうかれこれ1年半以上も前に泊まっていたWホテル広州の写真が当時使っていた携帯電話のメモリから発掘された。残念ながらラウンジ飯情報が取れなかったのでW広州ネタはお蔵入りにしようと思っていたが、折角なんで覚えてる範囲で宿泊記を残しておこうと思い直してみようと思う。ラウンジ飯は食べれなかったけど、Wホテルだけあって特にハード面で中々印象深いホテルだったんでね。



場所は高層マンションや近代的オフィスビルが立ち並ぶ珠江新城地区で、リッツカールトンやフォーシーズンズなんかの高級ホテルと同地区にある。古都広州の歴史風情を感じられる場所や庶民的な商店が近くにない点には留意が必要か。

ひだり みぎ
並木のように左右に聳える高層ビルに囲まれた通りを冒険気分で歩くのも面白いですけどね。無機質なノッポビルだけでなく、個性のある建物も多いんで。

Wホテル広州は世界で44件目のWホテルとして2013年に開業。ファッション・デザイン・ミュージックをコアなブランドコンセプトとしつつ、それぞれのホテルの設計に独特のストーリー性を盛り込むのがWホテルのスタイルで、ここW広州は「伝統的文化と現代的革新」というストーリーをコンセプトの柱にデザインされたのだと。まあありがちなストーリーですね。
ひだり みぎ
もっとカントンカントンしたシノズワリーなテイストを全面に押し出してくるかと思いきや、外観は角ばったフォルムが特徴的な全面ガラス張り建物という超モダン仕様。なんかマンハッタンやロンドンファイナンシャルセンターあたりにある最新鋭ホテルを彷彿とさせる。

ひだり みぎ
エントランスを入ると壁の色が様々に変化するスペースに続いていて、いきなりWOW!となる。やっぱりWは他のホテルにない唯一無二のデザインコンセプトが魅力的。どこのWに行ってもやっぱり奇抜なデザインにWOWっちゃいますね。


ひだり みぎ
このスペースを抜けると、これまたアバンギャルドなラウンジバースペースに続く。周りを見渡すとスタッフも利用客も中国の感度の高い若者たち。建物自体のシャレオツ感もそうなんだけど、中にいらっしゃる皆さんもほんとお洒落に着飾った美男美女ばっかりで、オッサンは少々場違い感を味わいそうになる…。

ラウンジスペースを入って左に折れると、今度は天井まで伸びたカラーガラスの格子アートが強烈なインパクトを放つレセプションが目の前に現れる。


パリッとしたブラックスーツに身をまとったヌルヌル氏こと秋山成勲のようなガン黒銀髪のチャラそうなスタッフによりチェックイン手続きがなされる。正規のチェックインより早い正午過ぎに着いちゃったけど、アップグレードなしで最安値のワンダフルルームなら部屋の用意があるとされ、今回はどうせ寝るだけだしアップグレード無しのアーリーチェックインで手を打った。

ひだり みぎ
エレベーターホールやホールウェイにもブランドコンセプトが徹底されていて、部屋へと近づくにつれテンションが高まっていく。「おっしゃー!今日はまったりホテルステイを楽しんだるぞー」と決意を新たにした矢先、別所でのディナーのお誘いが…。普段の週末は暇なのに、こんな楽しみにしていた日に限って急な予定が入ってしまうのだからついてない。

部屋:ワンダフルルーム


個性を押し殺してさっぱりとした部屋。もっと嶺南様式が取り入れられたりみたいな感じで尖がったデザインと思ったけどな。上品なんだけど、ちょっと無難に纏め過ぎた感がある。


Wホテルにしては尖がってないデザインだけど、やっぱり落ち着けないとレビューで低評価する人もいるんですよね。予めホテルコンセプトを下調べせずに泊まっておいてホテルの感性にケチつけるのはちょっと…。こじゃれた洋風フュージョン料理屋のテーブルでなんで中華料理が無いんだ!とクレームつけるくらいのもんなんで、Wホテルを利用される方は、予約する前にホテルのコンセプトを下調べしてから予約ボタンをポチられた方が宜しいかと。

ラウンジ


ひだり みぎ
チェックイン直後にちょこっと顔を出すだけになってしまったけど、一応は26階にラウンジも完備。背が高くすらっとした妖艶なスタッフ揃いです。あー、W広州のイブニングカクテル楽しみたかったなー。

ひだり みぎ
夜、外での会食を終えホテルへと帰還。楽しみにしていたWホテルの宿泊日に限って外での食事にお呼ばれされちゃうんだもんなー。自分の悪運と、「ちょっと今日は都合が…」と嘘をつけなかった自分の馬鹿正直さを呪うね。


なんとも派手なホテルエントランス。一角がレジデンス棟になっていて、何人かのイケイケ金融マン的なパリッとした白人男性がエントランスの奥へと消えていった。こんなとこ自分も住んでみたいわ。



夜はしっとりとしたムードのラウンジバー。落ち着いた雰囲気の中で飲むには良いでしょう。

逆に、アゲアゲ気分で飲むにはFei Barというディスコバーへどうぞ。音楽ガンガンイケイケノリノリなムードの中、若者たちで賑わっています。


チャラい!そしてモヒートのグラスの中身は殆どクラッシュアイスで殆どモヒート自体は入っとらん!

プール


ラウンジバーで見かけたような美女はおらず、オッサンしか利用してなかったw

次の日も朝6時にチェックアウトして白雲空港に向かったので、ホテル内で過ごした時間は僅か7時間足らず。まぁでもやっぱりロビーフロアやディスコバーを中心にWホテルらしさが味わえたので記憶には凄く残ったホテルではあった。こんな短時間の滞在でホテルを評価するというのも烏滸がましくはありますが、部屋自体のデザインはWホテルにしてはとげとげしてないので、奇抜系ホテルが苦手な方にもそこまで抵抗感なくお泊り頂けるのではないでしょうか。正統派な高級ホテルをお求めでしたら、近くのリッツカールトンをご利用下さい。

Wホテル広州(W Guangzhou)


Booking.com


公式ウェブサイト:こちら
住所:広東, 広州 26 Xian Cun Road, Pearl River New Town, Tianhe District
電話:(86)(20) 6628 6628
SPGカテゴリー:4
チェックイン/チェックアウト:15:00/12:00


Booking.com

Related posts (関連記事):

言い訳
今日は香港へ出張。朝は通常通りオフィスに寄り、ミーティングを済ませてから中山港へ向かいました。中山から香港は珠江をフェリーで下るのが最短ルートで、中山港から1時間ちょいで香港に到着します。 オフ...
国技-中国の卓球事情
各国には国技と呼ばれるスポーツが存在します。カナダのアイスホッケーやオセアニア諸国のラグビーなどは地域社会に密着に根付いていて国内での競技人口も多く、国際大会に出ても優秀な成績を収めています。 ...
キャセイパシフィックのステータスでホテル特典を受けてみる
ユーガァタァメイル。1月12日、マルコポーロクラブから一通のメールが届いた。フォーシーズンズ香港と業務提携関係となったらしい。………え???とっくの昔から提携してたと思ったんだけど…。どうやら自分の勘...
中国南方航空 シンガポールー広州 A319 ビジネスクラス搭乗記 チャンギdnataラウンジ
シンガポール出張を終え、南方航空にて広州へと移動する。 広州-シンガポールは一日平均8便(シンガポール航空=2便・スクート=2便・南方航空=4便)飛んでるんだけど、広州での仕事終わりに飛べる夜便は南...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする