中国でも楽しめるロマンチックなナイトクルージング

引越しなどでバタバタしていて更新がだいぶ滞ってしまいました。

荷物の搬送も終わり落ち着いたところで、今日は孫文故居・中山城に続く中山の観光の目玉・岐江クルージングをご紹介させて頂こうと思います。岐江とは中山市の市街地を二分するように流れる河川の名前で、岐江の中腹にある岐江公園内にクルージング乗り場があります。

シェラトンホテル(喜来登酒店)側から公園に入り、直進して1~2分。

IMG_4377
岐江公園内には中山美術館もひっそりと入ってます。

ひだり みぎ
IMG_4785
この船舶のモニュメントがクルージング乗り場の目印。

ひだり みぎ
チケット売り場は華々しく光り輝いき群衆が押し寄せているので、遠目からでも直ぐに発見できます。

これでもか!というインパクトのある発光はチケット売り場からだけではなく、川の両岸の建物からも力強く放たれています。
ひだり みぎ
中山市の観光強化プロジェクトによって発足したこのクルージングイベントですので、行政が資金面でも全面的にバックアップしているようで、豪華爛漫な照明設備が突っ込んだ資金額の大きさを感じさせます。その他、水路の浚渫・浄化や両岸の緑化も政府主導で行われており、ここ2年でも両岸の景観が大きく改善されました。

建物だけではなくクルージング船もケバく眩い光を放っています。
ひだり みぎ
IMG_4794
船の名前は孫文号やら博愛号、慶齢など中山市らしいネーミングになっていて、中国建設銀行などのスポンサー名が船名文字より大きく表示さられています。

私が乗ったのは20:20発の孫文2号。基本は15:00~21:00の間1時間に1本ですが、週末は増便しています。
IMG_4898
14人乗りのミニ観覧船。2010年11月のプロジェクト開始直後はナイトクルージングの予約は一杯だったみたいですが、この日は土曜日にも関わらず19:40にチケット売り場に行って20:20のチケットを入手できました。値段は30元。

船上の様子。後部にはデックも設けられていて、同時に5人まで外に出ることが出来ます。
IMG_4808
クルージングはガイド付き。普通語若しくは広東語での説明かを出航前に決めます。多数決での決定かと思いきやここは中国。そんな民主的な取り決めがなされるはずがなく、結局一番声のでかいオッサンの意見が採用され、普通語でのガイドとなりました。声の大きさと図々しさは中国で生活する上で必須です。

運行ルートは乗場をスタートして北上、岐江橋で折り返して今度は中山二橋まで南下。Uターンをして戻ってくるといったもので、所要時間は約40分。
20110502200413732
オフィシャルサイトから無断借用しちゃいました。スンマソン。

さて、ガイドのお姉さんの音頭で出航します。
IMG_4807
天宇埠頭。1912年、中華民国の臨時大統領であった孫文が首都の南京から香港経由で故郷の中山市に帰郷した際にこの埠頭に下りたちました。

IMG_4792
商業大楼と水汲み用の水塔(手前の白いの)。これは出航前に公園から撮った写真です。

River Side Hotel.
IMG_4784
引越し先が見つかるまでの2日間はここに滞在しました。

中山一橋。
IMG_4817
手前のピンクに発色している“羽”は辛亥革命100周年を記念して造り付けられたものです。

この橋を渡ったところにある藍波湾では噴水ショーが行われています。毎晩19:30/20:30/21:30に催されるイベント、20:20発のクルーズに参加すると丁度このイベントを船上から楽しむことができます。
IMG_4861
リズミカルなラテン調の音楽に合わせて水が色や形を変えてダンスをしています。

ひだり みぎ
ひだり みぎ
ひだり みぎ
後ろのパネルは横53メートル高さ22メートルなので中々の規模。気持ちの良い夜風に音楽、そして夜景が織り成す何とも心地よく、どこか神秘的な雰囲気。あと足りないのはビールだけ。

IMG_4889
戻る途中、反対側の岸の江辺公園では大勢の人が音楽に合わせて盆踊りのようなダンスに興じていました。日中は日差しが強くクソ暑いですが、夜の川辺は夜風が気持ち良く非常に快適です。クロージングなので船の速度もゆ~っくりで、船の揺れも気になりません。大声でぺちゃくちゃとしゃべってる他の乗客はムードキラーでしたが…

まぁ値段もお手頃ですし、中山市観光の鉄板スポットだと思います。中山に来られる方がいましたら是非おススメです!
中山岐江旅游有限公司ホームページ

Related posts(関連記事):

インターコンチネンタル上海浦東 宿泊記
近年まれに見る強烈な寒波が襲ったという今年の上海。凍てつく冬の夜の上海をインターコンチネンタル上海浦東(上海錦江湯臣洲際大酒店)へと向かう。前回のインタコEXPOに続き、上海のインタコは今年二発目だ。 4路線もの地下鉄が乗り入れるターミナルステーション・世紀公園駅で降り、張楊路を煌びやかで活気ある黄浦江方面へ歩く。気温氷点下⁺狂風で鬼のような体感温度。 駅から歩くこと5分。極...
マンゴー泥棒(?)
昼休みに気分転換を兼ねて外食に出かけた時のこと。 公道で何やらしきりに木の上を覗き上げている挙動不審なおばさんを発見。 木の上には人影が。子供が木登りでもしてるのかな~と思ったら… ひゃ~何か降ってきた~。大量の固形物がおばさんを直撃。子供のいたずら?脱糞だとしたら性質(たち)の悪いいたずらだ。 慌てて落ちてきた物を大事そうに拾い上げるおばさん。 この時点で糞...
中国のネットカフェデビュー
今日は出張中にどうしてもメールの送受信をしないといけない事態となってしまった為、 隙間時間に車の運転手とネットカフェに行くことになった。思わぬネットカフェ休憩にはしゃぐ運転手。『妻とチャットしよう』と珍しく愛妻家的な発言が飛び出します。 中国には大都市から農村まで至る所にネットカフェが点在しています。中国全土で14万6000件のネットカフェが存在するようで、ここ深センの某工業区も例外ではなく...
カシュガルのバザールで防寒具を調達する
中国の中の異国、カシュガル。 辺りに立ち込めるワイルドな羊肉と強烈な香辛料の匂い、どこからともなく聞こえてくる楽し気な民俗音楽、町を行き交うエキゾチックな顔立ちのトルコ系の人々にロバ、そして各所に配備された武装治安維持隊。複雑な事情を抱えた実に異国情緒に溢れる町である。 残念極まりない内容で痛く失望させられたカシュガル地区博物館より、寧ろカシュガルの町を歩いていた方がウイグルの生活の息吹が感...

コメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    >pikkari pikarinさん
    いや~私は引越しといっても結局同じマンションコミュニティーの別の棟に移っただけで済みました^^これでも悪戦苦闘して引越し族の方々の苦労が身に染みて経験できました。。。