中山市の公共チャリレンタルサービス 

光化学スモッグや河川汚染など中国の環境問題が国内外で取りだたされて久しいですが、中山市では慎ましやかながらも汚染の少ない低炭素社会の確立に向けた対策が立案・実行され始めています。

その中の一つが昨年に始まった公共自転車レンタルサービス。大気汚染を促すモータリゼーションの流れに待ったをかけるべく、急ピッチで公共チャリの普及、浸透化に励んでいます。

チャリレンタル場。(孫文記念館前)
IMG_4724
去年の秋口にサービス開始したばかりですが、何だか最近チャリのレンタル場をよく見るな~と思ったら、一年足らずの間に市内180箇所に設置されたらしい。全て中山の地場企業製のチャリ4000台超が投入されました。

Suicaの様なICカードで利用する仕組み。
ひだり みぎ
一日平均13,500回も利用されているそうです。

下はレンタルスポット設置場所の地図
無題kkkk
ありすぎ!!!既に中山市内を覆いつくしている自転車レンタル場だが、更に今年度中にレンタルスポットが倍増されるらしい。立案されてから実行に移すまでの速さは民主国家には真似できません。

このようなカードをレンタルスポットの機会に翳すと自転車のロックが外れる仕組み。
zhongshan ka
これは昨年発行された辛亥革命100周年記念カード。昨年発行した時は何種類かカードが選べました。

辰年記念カード。
zhongshan ka2
中々かっこいいデザインです。

●カード発行の仕方
・条件:14歳から70歳の健康な男女で、熟練のチャリ能力を備えた者。

・持ち物:パスポートとパスポートのコピー・現金最低245元(200元のチャリ保証金・20元のカード発行料金・25元の最低チャージ額。保証金はカードを戻すときに返ってくるので、領収書を保管しておく必要有り)

・場所:上記を持参の上で下記9箇所のいづれかでカードを発行してもらいます。“中山記念堂”・“竹苑壹加壹(コンビニ)”・“假日広場”・“博?病院”・“中山バスターミナル”・“北区公園”・“人民病院”・“西区郵便局”・“南区市場”。

・営業時間:午前8:30-12:00・午後14:00-17:30

このICカードはチャリレンタルだけでなく、市内公共バスや主要スーパー、マックなどでも使用可能なので、中山に住まわれている方は余分にチャージしても使いっぱぐれる心配はないかと思います。

最後に気にるレンタル料金ですが、最初の一時間は無料で、以後1時間~2時間目が1元、3時間目からは1時間3元。安っ!!!

Related posts(関連記事):

農科奇観
途中で道草食ってしまいましたが、ようやく農科奇観に到着。 普陀寺に向かうバスで大量の乗客がここで下車していたので、普陀寺の帰り際に寄ってみようと決めていました。 国家農業工高技術示範とかかれているのが、農園なのか?菜園なのか? はたまた農業に関するテーマパークなのか?色鮮やかな野菜オブジェがワクワク心を刺激します。 テーマパークで大人一人のチケットを買うのももう慣れた今日こ...
キングオブ世界遺産 敦煌の莫高窟
この日、朝一で向かう先は、かの有名な莫高窟。莫高窟、その名をまるっきし聞いたことがないという方は少ないのではないだろうか。敦煌を代表する観光地、いや、世界を代表する観光地で、もちろん世界遺産にも登録されている。それも、当時、世界文化遺産の登録基準6項目全てを満たして世界遺産に登録されたというパーフェクト遺産・キングオブ世界文化遺産なのである。一つでも基準を満たせば世界遺産への申請資格を得る中で、全...
唐代の安西都護府跡 亀茲古城
クチャ王府を出て、亀茲古城を目指す。唐代の安西都護府跡である。 648年、西域支配の拡大を続ける唐は亀茲(現クチャ)に都督府安西都護府を設置。東は現・敦煌郊外の陽関や玉門関から西は中央アジアまでを包括する広大な西域地域を管轄する重要拠点として亀茲国は栄えた。クチャ出身の三蔵法師・玄奘は大唐西域記で7世紀の亀茲国について「東西千余里、南北六百余里、大都城は周囲十七、八里」と伝えているくらいなん...
広州1日目 太古匯でパウラナー
広州の知り合いは皆こぞって正月休暇で日本に帰省してしまったので、取り残され組みの小生は一人で寂しく広州をうろつくことに。午前中~昼はホテル近くをブラブラ、夜は太古匯を徘徊してみることに。夕食のレストランは決めてないが、太古匯はでっかいショッピングモールとオフィス・コンプレックスの複合施設なんで、行けばなにかしら美食にありつけるだろう。因みにこの太古というのは名前はダサイが、泣く子も黙る超巨大コング...

コメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    >masahiro020さん
    ですね^^チャリは旅行者の大きな味方ですね。私も昨日お隣の珠海市に観光に行って首の裏を日焼けで真っ赤にして戻る途中、公共チャリのレンタルサービスを発見しました(涙)
    中山市の場合は借りたチャリは借りた場所以外のレンタルスポットでも返却可能です。中心街ではレンタルスポットが密に張り巡らされているので市内観光の大きな武器になりますよ^^