中山市の公共チャリレンタルサービス 

光化学スモッグや河川汚染など中国の環境問題が国内外で取りだたされて久しいですが、中山市では慎ましやかながらも汚染の少ない低炭素社会の確立に向けた対策が立案・実行され始めています。

その中の一つが昨年に始まった公共自転車レンタルサービス。大気汚染を促すモータリゼーションの流れに待ったをかけるべく、急ピッチで公共チャリの普及、浸透化に励んでいます。

チャリレンタル場。(孫文記念館前)
IMG_4724
去年の秋口にサービス開始したばかりですが、何だか最近チャリのレンタル場をよく見るな~と思ったら、一年足らずの間に市内180箇所に設置されたらしい。全て中山の地場企業製のチャリ4000台超が投入されました。

Suicaの様なICカードで利用する仕組み。
ひだり みぎ
一日平均13,500回も利用されているそうです。

下はレンタルスポット設置場所の地図
無題kkkk
ありすぎ!!!既に中山市内を覆いつくしている自転車レンタル場だが、更に今年度中にレンタルスポットが倍増されるらしい。立案されてから実行に移すまでの速さは民主国家には真似できません。

このようなカードをレンタルスポットの機会に翳すと自転車のロックが外れる仕組み。
zhongshan ka
これは昨年発行された辛亥革命100周年記念カード。昨年発行した時は何種類かカードが選べました。

辰年記念カード。
zhongshan ka2
中々かっこいいデザインです。

●カード発行の仕方
・条件:14歳から70歳の健康な男女で、熟練のチャリ能力を備えた者。

・持ち物:パスポートとパスポートのコピー・現金最低245元(200元のチャリ保証金・20元のカード発行料金・25元の最低チャージ額。保証金はカードを戻すときに返ってくるので、領収書を保管しておく必要有り)

・場所:上記を持参の上で下記9箇所のいづれかでカードを発行してもらいます。“中山記念堂”・“竹苑壹加壹(コンビニ)”・“假日広場”・“博?病院”・“中山バスターミナル”・“北区公園”・“人民病院”・“西区郵便局”・“南区市場”。

・営業時間:午前8:30-12:00・午後14:00-17:30

このICカードはチャリレンタルだけでなく、市内公共バスや主要スーパー、マックなどでも使用可能なので、中山に住まわれている方は余分にチャージしても使いっぱぐれる心配はないかと思います。

最後に気にるレンタル料金ですが、最初の一時間は無料で、以後1時間~2時間目が1元、3時間目からは1時間3元。安っ!!!

Related posts(関連記事):

マンゴー泥棒(?)
昼休みに気分転換を兼ねて外食に出かけた時のこと。 公道で何やらしきりに木の上を覗き上げている挙動不審なおばさんを発見。 木の上には人影が。子供が木登りでもしてるのかな~と思ったら… ひゃ~何か降ってきた~。大量の固形物がおばさんを直撃。子供のいたずら?脱糞だとしたら性質(たち)の悪いいたずらだ。 慌てて落ちてきた物を大事そうに拾い上げるおばさん。 この時点で糞...
ウェスティン広州 ヘブンリーベッドで癒される/Westin Guangzhou
タイからの帰還ついでにウェスティン広州に2泊し、タイ旅行で溜まった体の垢をスッキリ洗い落として2015年の仕事始めに向けて完全リフレッシュを図ることに。広州ではシェラトンをお気に入りの定宿としているが、今回は無性にヘブンリーベッドに包まれたくなったので、初めてのウェスティン広州を選んでみた。シェラトンのスイートスリーパーも捨て難いが、ことベッドの寝心地に関してはヘブンリーベッドの方に軍配が上がるか...
龍門石窟 洛陽・鄭州・開封旅行4
洛陽での宿泊先・ホリデイインエクスプレス洛陽シティセンターで荷物を下ろし、身軽になってから今回の旅行の目玉の一つである龍門石窟へと向かう。 龍門石窟は敦煌の莫高窟・大同の雲岡石窟と並ぶ言わずと知れた中国三大石窟の一つ。 [table id=127 /] 三大石窟の中で着工は一番遅く、北魏の孝文帝が大同から洛陽に遷都した494年に掘削が始められ、以来400年以上をかけ、一応の完成に至ったと...
大理の代名詞的存在・崇聖寺三塔 雲南省旅行18
大理古城を満喫した後は、大理のアイコン的観光地として世界中の観光客を惹き付ける大理崇聖寺三塔へと移動する。 三塔は古城からも歩いて行ける範囲にあるけれど、ヘタレな自分は古城西門から三塔専線という公共バスにて移動。着くなり駐車場に停まるミニバンや観光バスの多さに早くも驚かされた。なんたって国家AAAAA級の景区ですからね。実際のところA*5の格付がどれくらい凄いか分かりませんが、権威主義的社会...

コメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    >masahiro020さん
    ですね^^チャリは旅行者の大きな味方ですね。私も昨日お隣の珠海市に観光に行って首の裏を日焼けで真っ赤にして戻る途中、公共チャリのレンタルサービスを発見しました(涙)
    中山市の場合は借りたチャリは借りた場所以外のレンタルスポットでも返却可能です。中心街ではレンタルスポットが密に張り巡らされているので市内観光の大きな武器になりますよ^^