お詫び

ここ数日の間ぺタが返せず申し訳御座いませんでした。外出続きで忙しく…なんてありきたりな言い訳をかましてみます。

21日(土):東莞市虎門でアヘン戦争関連の跡地・博物館巡り⇒香港
22日(日):香港⇒バンコク
23日・24日:タイ(バンコク・アユタヤ)の顧客回り
25日:バンコク⇒ホーチミン

22日と23日はホテルに早く戻って今や日課となったブログ更新と他の方々のブログ拝読、ぺタ返しに勤しもうと思っていたのですが、バンコクの夜は長かった(苦笑)バンコク出張は接待が付き物なので…

今日は接待無く解放されましたが、一人で歩き回るスタミナも無く…明日からのホーチミン出張に備えて早寝します。

読ませて頂きたいブログが山ほどあるし、書きたいことも沢山あるのに時間が追い付かんわー。

Related posts(関連記事):

あ、あ、あけましておめでとうございます…
ご無沙汰をしております。 久しぶりの投稿、先ずは懺悔からということで…。平素からご愛読くださっている読者様、当過疎ブログにコメントを残して頂いた心優しい通りすがりの皆様方、この度は半年ほどブログを放置してしまい大変申し訳ございませんでした。 行きたいところ、食べたいもの、やりたいこと、やらなければいけないことが多すぎて、ブログでのアウトプットが全く追いつかない忙しい状態が長らく続いてしまいまし...
チャイナタウンのど真ん中に建つヒンドゥー寺院 スリ・マリアマン寺院
続いて、アモイストリートフードセンターの脇から階段を上ってアンシャン・ヒルを越え、チャイナタウンへと向かう。 小さな丘を越えて丘の向こう側のアンシャン・ロードに入ると、小洒落たバーやカフェが軒を並べる西洋的で閑静な雰囲気に早変わり。先に続く「Club Street(クラブ ストリート)」までお洒落なショップハウスのレストランやバー・ショップが連なっていて、夜な夜なシンガポール在住の若者...
宿泊記 温泉付きの部屋が素晴らしい マリオット南紀白浜
JALのぶっ飛びカード旅行第二弾は南紀白浜。 白浜といえば真っ先に思い浮かぶのはアドベンチャーワールドのパンダだけど、流石におっさん一人でのパンダ詣では厳しすぎるので、今回は温泉のある南紀白浜マリオットホテルでステイケーションを満喫することに。社畜業をこなす自分への褒美というか、今後も仕事を頑張ってもらう為の自分に対するご機嫌取りみたいなもんですな。南紀白浜も伊豆の修繕寺や琵琶湖同様に201...
銃を持つ民主主義
『銃を持つ民主主義』 共同通信社のワシントン支局長などを歴任され、現役引退後も精力的にフリーランスのジャーナリスト活動を続けられている松尾文夫氏の代表著書の一つである。松尾氏は1945年、疎開先の福井県での被爆体験の衝撃から、一生涯をかけてジャーナリストとしてアメリカを追い続けてきている執念の人だ。昨年、偶然にも小生の日本出張からの帰路便(成田⇒広州)で、その松尾氏と隣の席に乗り合わせました...

コメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    >masahiro020さん
    東莞の虎門大橋はアヘン戦争の舞台になったところなので、アヘン戦争関連の記念館が密集しています。ただ、仰る通り他には工場とマッサージ屋ばかりなので、短期滞在ですと立地的にどうしても後回しにせざるを得ないかも…