インターコンチネンタル上海NECC 宿泊記

本日泊まるはインターコンチネンタル上海NECC。え?NEC?いえ、日本電気株式会社ではなく、NECC=ナショナル・エキシビション・コンベンション・センター即ち国家会展中心のこと。故にインターコンチネンタル上海NECCの中国語名は国家会展中心上海洲際酒店と堪らなく格好良い字面になる。「今日どこ泊まってるの?」⇒「国家会展中心上海洲際酒店っすわ」…なんかただただこれを言いたいが為だけに泊まりたくなるじゃないっすかw


虹橋空港からも西へ5km程度と近く、地下鉄で空港から二駅の徐徑東駅が最寄り駅。空港からはタクシーに乗ろうと思うと近すぎて運転手といざこざになる可能性があるくらいの近距離なので、地下鉄で移動した方が良いかもしれん。タクシーだと空港とNECCを迂回することを考えると地下鉄の方が安い上に早く着くかもしれんし。



徐徑東駅からは徒歩3分。

ひだり みぎ

千鳥足気味で地下鉄駅からホテルの方面に向かって歩いていると、コンベンションセンターの一部かと思うくらいのくっそでっかい建物が見えてきた。横長に波打ったような形の10階建ての建物で、中には536もの部屋が入っているらしい。

ひだり みぎ

ひだり みぎ
2016年9月に開業したばかりだけあってピッカピカピッチピチの館内。上海のインターコンチネンタルはインターコンチネンタルEXPOインターコンチネンタル浦東と泊まってきたが、ハード面はここNECCが一番だと言えるであろう。

フロントスタッフは上海の他のホテルからの移籍組の為、新しいホテルではあるが対応も至極まとも。

フロントにはIHGの会員レベルごとのベネフィット一覧表が掲示されていて、スパイア会員で有償宿泊の貴方はアップグレードを受ける資格があるとの説明を受ける。
それにしても、IHGはロイヤルアンバサダー様でも特典宿泊時にはラウンジアクセスは付かないんですね。ラウンジ大好きな乞食系ホテラーな自分にはやっぱりSPG・マリオットの方が向いてるわ。

部屋:デラックスコーナー

コーナールームにアップグレードしましたんでぇ!と爽やかにお伝え頂き、ロビーから滅茶苦茶離れた建物の一番奥の奥までエスコートを受けて移動する。

チェックインを担当してくれた女性がわざわざ部屋まで付いてきてくれて上海のIHG事情等々を教えてくれたのはポイント高い。


部屋の扉を開けると、正面にベッドルーム、右手にウォークインクローゼット、左手にバスルームという部屋割りになっている。

ひだり みぎ
広々としたウォークインクローゼット。

翌朝、ワイシャツにアイロンをかけようと思ったら見当たらない。インターコンチネンタルクラスのホテルでアイロンが無いのはありえないのでフロントに問い合わせると、クローゼットにあるから探してみてくれとのこと。
ひだり みぎ
5分程探した後、壁の黄色がかった部分が開くことを発見。中にアイロンが収納されていた。この収納スペースの扉は壁と同化していて分かりずらいわ!

ひだり みぎ
ひだり みぎ
バスルームについては新しければ新しいほど好ましいと考える派なので、開業してから日の浅いこちらのホテルのバスルームには大満足。むっちゃ綺麗っす。

ひだり みぎ
ベッドルームはコーナールームだからか歪な形だけど、やっぱりベッドも家具も新しいって良いですよね。ベッドはフカフカだし、リネンもすっべすべでもう最高。ベッドにエルボースイシーダ(今は亡き三沢光晴オリジナルの飛び技)をかますくらいの勢いで飛び込んでやりました。

ひだり みぎ
ひだり みぎ
スパイアアンバサダーギフト。ホテルオリジナルギフトだけでなく、ドリンククーポンと120元分のバウチャーまで貰える中国大陸のインターコンチネンタルはほんと神だわ。ほぼほぼ同じくらいの宿泊費のクアラルンプールのインターコンチネンタルなんて熊のぬいぐるみだけだったんでエルボースイシーダをかましてやりたくなったわ。今年になってからホテルによって会員特典に差が出始めた印象を受ける。


ということでバウチャーを使ってワッフルを注文。120元分のクーポンで上限ギリギリいっぱいの118元まで消費できて何だかちょっとした満足を感じることができたのだが、このペラペラなワッフル4枚で118元(≒2,000円)とかバカ高いにも程がある。食感的にイケてないし速攻で運ばれてきたから朝食会場で作り置かれた在庫を回してきたっぽいし。ここのシェフにもエルボースイシーダだな。

ロビーバー


この日はもう呑めんわ~って千鳥足状態でチェックインしたのに、ドリンククーポン貰ったんでついつい気分良くロビーバーに顔を出してしまった飲んだくれな私。


ウェルカムドリンクのメニュー。ビールは青島と朝日の二種類。

翌朝は朝食を食べずに09:00にホテル発。
ひだり みぎ
ホテルから虹橋空港と鉄道駅へは毎時間シャトルバスが運行しているので、帰りはこちらのサービスを利用させて頂いた。

所感

ホテル周辺に観光要素は全くなく、国家会展中心か虹橋空港・鉄道駅を利用する人向けに特化したホテルなのでしょう。空港行きのシャトルバスも06:30から出てるし、翌朝出発便の為の前泊なら全然アリだと思う。RMB712++~という今の価格なら全然アリ。

インターコンチネンタル上海NECC/ 国家会展中心上海洲際酒店


Booking.com



ホームページ:https://www.ihg.com/intercontinental/hotels/jp/ja/shanghai/shgic/hoteldetail
住所:中国上海国家会展中心3号門


Booking.com

Related posts(関連記事):

宿泊記 アジア未進出マリオット系ホテル ACホテルイスタンブール マッカ
イスタンブルでの宿はマリオット系列ながらアジア未進出で馴染みの薄いACホテル。 モダンでスタイリッシュなライフスタイルホテルブランドで、2020年にはアジア初のACホテルとしてACホテルバイマリオット銀座東武が開業予定となっているそうですが、果たしてどういったコンセプトのホテルなのでしょうか。 一応、マリオット公式情報では、“スタイリッシュなデザインが特長の若者を中心としたビジネス店レ...
タマディアホテル羽田 宿泊記 羽田空港利用の前泊後泊に
この日は翌日早朝にフライトが控えていたので羽田に前泊。気分転換で、いつものホテルJALシティ羽田ではなく、2016年3月18日に新しくオープンしたばかりというタマディアホテル羽田を利用してみることに。Tama Dear Hotel…住宅メーカーであるタマホームの完全子会社「タマホテルズ」が運営するビジネスホテルの記念すべき第1号店なんだと。 果たして、同社のCMでみのもんたの言う通り「タマホ...
宿泊記 リッツカールトン アブダビ グランドカナル
アブダビでのお宿は、アブダビの象徴シェイク・ザイード・グランドモスクの対面に建つリッツカールトン アブダビ グランドカナル(Ritz Carlton Abu Dhabi Grand Canal)。 立地的にはアブダビの中心地からは離れていますが、ドバイ寄りにあるので逆に車でドバイに向かうには便利。次の日の早朝にドバイ国際空港へと向かうことを考えて、こちらのホテルに泊まることにしました。 ...
JALシティ羽田東京ウエストウィング 宿泊記
この日は翌日早朝羽田発のフライトに備えての前泊で、2016年9月にホテルJALシティ羽田東京の近所にオープンしたJAL CityのWest Wingに泊まってみることに。なんかagodaのマイル付きポイントマックスプランがえらい安くて、ホテル公式が出すJALマイル付きJ-Smartプランよりも全然お得に泊まることができたんで。 開業間もない頃と比べて価格水準をえらい落としてきていて、今な...