シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホッピング修行に便利 エレメントホテル佛山 宿泊記


今日の宿はアロフト佛山の真隣に開業したエレメント佛山(源宿酒店佛山)。これで今年もSPGの全ブランドに泊まったことになる。今年はSPGの全ブランドを制覇しても何ら獲られるボーナスものがないのに自発的に全ブランドを攻めていくとか物数奇にも程があるわ。別に佛山に用事があったわけでもないのに佛山の南海くんだりまでホテルに泊まりに来ちゃったわけですからw

佛山の中でも西の外れの南海区獅山県にあり移動が本当に面倒で、インターコンチネンタルやクラウンプラザがある佛山の市街地からだとタクシーでも30分強(運賃≒90元)かかる。また、ちょっと歩くし時間もかかるけど、南海快1路のバスでも乗り換えなしで移動可能。



広州空港からは車で1時間と思ったよりは遠くない。広州空港から複数人で来られる場合は、ホテルのトランスポーテーションサービスを使うのが良いと思う。
広州空港⇒エレメント: RMB 350 net / 4 seats car
エレメント⇒広州空港: RMB 280 net / 4 seats car
+86 757 89958888に電話か、element.foshan@elementhotels.comへのメールで予約可能。

そんな苦労をして辿り着いたエレメント佛山。お隣のアロフトは道路を隔てた先にあり、SPGのバジェットブランドのホッピングで滞在数を稼ぎたい方には絶好の穴場スポットであると言えるだろう。


共にSPGカテゴリー1で宿泊費も安いし、何より隣同士という修行僧の為を思ったホッピングのし甲斐がある立地が良いじゃないですか。

市街地からタクシーで移動したんだが、運転手は案の定アロフトもエレメントも認識していなかった。そういう場合にはアロフトの隣の「博愛路的獅山鎮政府(博愛路の獅山県政府)」言えば大体通じる。
ひだり みぎ
そんな移動中の苦労を我慢して漸く辿り着いたエレメント。訪問時は未だソフトオープン中だったらしく、建物の一部分は思いっきり建設途中で、半裸のオッサンがタバコ吸いながらかったるそうに作業にあたってたw


大通りから小路に入った先にエントランスを発見。

ひだり みぎ
どこか人工的な造りで静寂に包まれたロビーでは女性スタッフがやることもなく一人で俯き一点を見つめていた。ドアが開いても下を向いたまま微動だにしないスタッフ。あれ?マネキンかな?営業中ですよね、ここ?

ひだり みぎ
ロビー脇にはエレメント蘇州と同じくミニショップが儲けられ、軽食や各種ドリンクがそこそこ手頃な価格で売られてる。

ひだり みぎ
もしかして小生が記念すべきエレメント佛山初の宿泊客なのでは?と思うくらい手際の悪いチェックインを終え客室フロアに向かうと、どうもえらい暗い。環境保全を強く意識するグリーンなエレメントホテルだけあって節電でもしてるんかなw

部屋:Studio Suite


ドアを入って正面。いきなり冷蔵庫/冷凍庫と厨房があってワンルームマンションの部屋みたい。

ひだり みぎ
ひだり みぎ
キッチン・ベッドルーム・リビングスペース・デスクスペースが一体となったスタジオルームは全体的に照明暗め。ダークブラウンで統一された家具が余計に暗さを引き立てる。


うーん、ちょっと暗いなーと思ってカーテンを開けたら直ぐ外で鳥が息絶えてて草w

ひだり みぎ

キッチンは浄水器付き。家電はどれもピッカピカで、もしかしたら本当にエレメント佛山のファーストゲストなのかもと思い始めてきた。


アイロン・アイロン台も新品同様。


ひだり みぎ
水周りもピッカピカで快適だし、このエレメントのバスアメニティは結構好き。ロビーの売店で売ってたら買って帰るのに。

朝食

エレメントはラウンジが無いので朝は朝食会場で。ここも何ともガラーンとしきっていて、中にはスマホで動画を見る男のスタッフ1名のみで利用客はゼロ。

ひだり みぎ
ひだり みぎ
アロフト佛山の朝食酷すぎワロたw いや、期待はしてなかったんだけどさ、元々。


グローバルチェーンのホテルでホリデイインエクスプレスより酷い内容の朝食は久しぶり。

プールやジムもオープンしてなかったし、今回は失敗しちゃったな。プールは2017年11月30日に完成予定らしいけど、まともなホテルになるには時間がかかるかな。お隣のアロフトと絡めた安価SPG修行先としてしか利用価値は無さそう。

エレメントホテル佛山/Element Hotel Foshan


Booking.com


ウェブサイト:こちら
住所:広東省佛山市獅山県博愛路57号
電話: +86 757 8995 8888
SPGカテゴリー:1


Booking.com

Related posts (関連記事):

ノボテルセンチュリー香港(世紀香港酒店)クラブフロア宿泊記
香港出張中の週末にオフの時間が取れたので、今回はノボテルセンチュリーとインターコンチネンタルに泊まってみることに。先ずは出張中の宿泊先から近く移動が楽だった香港島のノボテルから。40%オフのアコープラ...
シェラトン長沙 クラブフロア宿泊記
気紛れCZ週末修行でやって来た中国湖南省の省都・長沙。日本での知名度はイマイチだが、湖北省の武漢に次ぐ華中エリア第二の工業都市でバリバリの都会である。三菱自動車とかフィアットとかボッシュとか、特に自動...
バガンでの宿 Royal Bagan Hotel(ロイヤルバガンホテル)
夜行バスでヤンゴンからバガンへと移動し、バガンに着くなりバイタクでホテルへと直行した。 バガンの宿泊エリアはニャウンウー(Nyaung Oo)、オールドバガン(Old Bagan)、ニューバガン...
宿泊記 ルネッサンスリゾート鳴門(現アオアヲナルトリゾート)
タフな一週間を乗り切った自分へのご褒美にJALのぶっ飛びカードでの空の旅を。偶然引き当てた縁もゆかりも無い阿波国へとぶっ飛びますよ~。 鳴門のルネッサンスがマリオットから脱退する前に泊まっておき...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする