ローカルバスでベトナムのディズニーランドへ

今日は土曜日だ。仕事が半日で終わったので、一旦ホテルに戻ってから観光にでかけてきました。

行先は客先からの勧めがあったスイ・ティエン公園だ。ベトナムのディズニーランドと評されている巨大テーマパークらしい。

スイ・ティエン公園へはベンタン市場から19番のバスで行けると聞いて、先ずはベンタン市場へ。20回も来ているであろうベトナムで初めてのローカルバス乗車である。

ベンタン市場前の大通りを超えたところにあるバスターミナルへ向かいます。交通量の多さと道路の広さで道を渡るのに一苦労。

迫りくる無数のバイクと車を縫うように道を渡り切り、無事にバスターミナルで19番のバスを発見。
IMG_5462
『スイ・ティエン公園に行きますか?』と英語で聞くと大きく頷く運転手。料金を払おうとするも着席を促される。運賃の支払いは下車時なのだろうか。

車内の様子。バスの中は中国に比べて一回り古いといった印象。外が35℃だというのにクーラー無し。車内温度は50℃にも感じられました。
IMG_5463
こんなにも暑いのに皆さん車内でも長袖にマスク着用なのは何故だ。

目も眩むような暑さの中10分は待ったであろうか。運転手がエンジンをかけるとエアコンが強烈なカビの匂いと共に稼働し始めました。
IMG_5465
臭いけどエアコンがあって救われた!すると出発するとこの画像のお兄さんが各乗車客から料金を徴収して回ります。ベンタン市場からスイ・ティエン公園まではVND5,000(≒20円)らしく、現金を渡すとVND5,000の領収書を手渡してくれました。ローカルの方々は回数券みたいなものを渡していました。

ベンタン市場を出たバスは市内を通り抜けてサイゴン川を渡り…
ひだり みぎ

錆びついたトタン屋根が続くローカル色の強い地域へ。
ひだり みぎ
こういったローカルな街並みを45分ぐらい眺めていると…

突如として周囲の景観と一致しない人工的な山が!
IMG_5482
ようやくテーマパークに到着するようです。周りの乗客のテンションも上がってきましたよ!

そして…到着!
IMG_5483
ベンタン市場からはバスで1時間強かかりました。

流石にベトナムのディズニーランドとも称されるだけあって、入り口から何だか面白い事になっています。
ひだり みぎ

IMG_5487
イチゴマンにカボスマン?濃い~顔にものすごい内股。何でこんなキャラが採用されたんだ。

ひだり みぎ
中々に立派な門の左右にはインパクト大な飛龍が2匹、客引きとして頑張っています。龍の鱗に興味をもったのか軍人(?)たちがやたらと鱗を剥がそうとしていました。
何か中国の匂いがするな~。と思いながら入場チケット(VND 70,000≒ JPY 280) を購入。いざ入園です。

IMG_5492

スイティエン公園
住所:Tan Phu Ward, District 9, HCMC, Vietnam
電話:84-8-3896-0260
時間:(月-金)8:00-17:30、(土-日)8:00-18:00、(祝日)6:30-22:00
料金:大人7万ドン、子供3万5,000ドン 

Related posts(関連記事):

ベトナムホーチミンのバックパッカー街・ブイビエン通りで胃袋を満たす
時系列ぐっちゃぐちゃだけど、ホーチミンのプルマンサイゴンを再訪した時のメシネタ。 こちらは前回滞在時の宿泊記。アコーホテルズは2017年度末プラチナステータスから陥落してしまい、最安値部屋だとラウンジアクセスが付かなくなったのが痛い…。 ラウンジでの乞食活動ができないので、休日昼下がりに飯を求めて近くのドヤ街をぶらついてみた。 ホーチミン一のバックパッカー街は市街地の西側にあ...
政治臭の強い歴史博物館&革命博物館
ホアンキエム湖から南東へ少しいったところにある歴史博物館。フランス領事館の跡地で、1874年にハノイで初めてフランスに割譲されたとされる屈辱の地に建っています。建物自体はフランス極東研究所の博物館として1932年に完成されたそうで、大変な歴史を誇る建築物のようです。 インドシナ建築様式と呼ばれる東洋と西洋の様式が混じり合った独特の建物で、外装や窓枠はアールデコ調の装飾が施されいる。一見、...
メコンデルタの玄関口・ミトーの街とカオダイ教ミトー支部
標高5,200mのチベット高原を水源に、中国雲南省、そしてミャンマー・ラオス、タイ・カンボジアを経由して約4千Kmの旅をする超大河のメコン川は、旅の最後にベトナム南部のメコンデルタ地帯へと豊かな水の恵みを運び、南シナ海へと注ぎ出る。その旅の終着地点のちょい手前にミトーという町がある。マンゴーや竜眼、ランブータンなど豊富な果物の名産地として名を馳せる小都市で、ミトーメコン川のリバークルーズも楽しめる...
ホーチミンで買うベトナム土産 マルゥチョコレート・フックロンコーヒー
くっそ暑い日曜昼下がりのホーチミン市。冷房の効いたホテルでだらだらまったりと過ごしたいところだけど、頼まれ物の土産品を調達すべく殺人的日光が照り付ける灼熱地獄へと出ていくことに。 大粒の汗を垂らしながら先ず向かった先はPHUC LONG(フックロン)、地場のコーヒーチェーンである。ベトナム語でハッピードラゴンという意味らしいので、漢字表記だと福龍になるのかな。公安(コンアーン)・注意(チュー...

コメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    >reikorabiさん
    ローカルバス、一度乗ってみると案外面白くて、今もこれからローカルバスで中華街に行ってこようかと思ってます。Myマスクも昨日買ってしまいました(笑)