中国の郵便局での不在時荷物預かりサービス

中国では簡単な手続きとかも一々難しく(というか面倒くさく)なってしまう。

今回は不在郵便物の受け取りで思わぬ苦戦をする羽目に。

普通だったら、届けてもらう時間を指定して荷物を届けてもらう。ただこれだけの話だ。

ところが中国ではそうは問屋が卸しません。

先々週、輸送業者(郵便局?)から電話がありました。『荷物を届けに来たので、アパートの入口のパスワードを教えてほしい』と。平日のお昼過ぎの突撃訪問。当然ながら仕事中であり、後で来てもらうようにしていた。

私『今、仕事中です。土曜日の午前中に来れますか?』

広東省の輸送業者(中国全土?)は土曜日終日と日曜日の午前中も宅配してくれるのだ。

郵『じゃあ次に行ける時間が決まったら電話する。』

私『いや、だから土曜日午前中は?平日は仕事なのでずっと不在です。』

郵『じゃあ、時間が決まったら電話する。』

相手の在宅時間より、自分が行ける時間で押し通そうとする。

サービス業の担当者とは言えど、相手の都合など二の次。いつものパターンです。

まあでも向こうが電話してくると言ってたので、待つことにしていました。

しかし、当然の如く先週の土曜日は連絡が無い。無しの礫。その後も一向に電話がかかってこないので、今朝、痺れを切らせてこちらから問い合わせてみました。

すると、電話が繋がらない…圏外って一体どこの境地まで荷物を届けに行ってるんだ!!

ネットで最寄の郵便局の番号を調べて電話することにする。

私『○○に住む○○です。荷物を届けに来てくれることになっているはずです。』

郵『荷物はありません!登録番号は?』

確認をする前に荷物は無いと自信満々に即答する郵便局員。

私『不在届けも頂いてないので登録番号もありません。先週、この番号の宅配担当から電話があり…』

と経緯を説明する。

すると…

郵『ここには無い。保管期限が切れたので物流会社に戻したかもしれない。○○物流会社まで行ってみてくれ。』と物流会社の住所を教えられる。最悪の場合、発送主まで送り返されている可能性もあるみたいなことをぬかしやがるので、不安になって急いで物流会社まで向かう。

こっちは宅配担当員からの連絡を待っていただけなのに、荷物を送り返されてしまうかもしれないこの不条理さ。チャイナミステリー。

物流会社に到着し、また一から経緯説明。

物『物は戻ってきてない。多分まだ郵便局にあるんじゃないの。』

私『郵便局の人からは、郵便局では保管されていないので、物流会社に戻したかもしれない。と言っていた』と。

物『分からない。』

物流会社に匙を投げられてしまう。

どうしていいか分からないが、とりあえず郵便局まで行って、またまた担当者に経緯説明。

郵『住所を教えてくれ。宅配先別に保管してあるから。』

私『○○です。身分証明書(パスポート)も持参しましたので、あるなら今日持って返りたい。』

待つこと5分くらい。

郵『おーあったあった。これだろう!』

と見せられた郵パックの箱には母の名前が。

何だよ、あるじゃん!と一安心。

多分いつもの援助物資(食べ物とかつまみとか)かな。書類にサインをして一件落着。。。

って、待てよ!!!!

最初に郵便局に電話した時に『ここには無い!』って断言した奴!!!!あるじゃないか!!!

たらい回しにしやがって!!

『あー土曜日だし荷物探すのめんどくせーし宅配手配もかったりーわ。』⇒

『取り敢えず俺は何もしたくないから物流会社を当たってもらうか。』的な思考回路なのであろうか?

というか宅配担当は何処にばっくれたんだ!

外食産業などでは外資資本が入ってきた為に地場企業も多少は洗練されてきた感がありますが、相当郵便事業は国有の中国郵政が独占しちゃってるので、サービスという概念が浸透していません。中国国内で投函した普通郵便のうち33%が紛失されるとのデータも中国中央テレビから発表されているくらいの体たらくぶり。産業の成長には競争が不可欠と、トコトン思い知らせてくれます。

簡単なことでも一々面倒くさくなるのがここ中国です。

Related posts(関連記事):

標高4,500mの世界 藍月山谷風景区と石卡雪山 雲南省旅行4
ナパ海から車を走らせる。向かうは香格里拉市内の外れに聳える石卡雪山の藍月山谷風景区だ。 道中、モクモクと煙が立ち込めていたので炊煙かと思ったら、なんと鳥葬による煙というではないか。鳥葬とか、外国人が日本にまだ忍者がいると考えているくらいのもんで過去の風習かと思ってたけど、未だにチベット文化圏では鳥葬が最も一般的な葬儀方法になっているらしい。断片化した死体を鳥葬台に安置し、香木に火を点してハゲ...
敦煌の砂漠で遊ぶ 月牙泉と鳴沙山
敦煌到着日はフライトの遅延で万里の長城の最西端とされる玉門関まで足を運ぶ時間が無くなってしまったので、代わりに近くの砂漠で遊んできた。 敦煌はシルクロード上のオアシス都市として栄えた古都。周囲一帯には無限の砂漠が広がっており、街から僅か5Km程のところには鳴沙山という有名な砂丘が存在するというので行ってみた。 市街地からは鳴沙山へはバスで移動。街によってバスの種類や乗り方はマチマチだが...
白雲空港への移動に便利なクラウンプラザ広州 花都ホテル 宿泊記
翌日の早朝便で広州を発つ予定だったので、この日の宿泊先は広州白雲空港に近いクラウンプラザ広州花都(広州花都皇冠假日酒店)を選択。広州白雲空港近辺で外資系ホテルに泊まりたい場合、クラウンプラザ花都以外にもう2種類の選択肢があったのだが、今回はIHGのターゲットオファー攻略目的でクラウンプラザを選択した。 ホテル名 系列 費用目安 空港までの距離 プルマン広州白雲空港 ...
シェラトン外高橋 クラブルーム宿泊記 Sheraton Waigaoqiao
今回の上海出張の宿泊先はシェラトン外高橋。場所はアレだがハードは良いので今までSPGカテゴリー1でポイント宿泊する分にはお値打ち感があったのだが、残念ながら2015年度の改定でカテ2に見直されてしまった。それでもカテアップに釣られて宿泊費が上がったというわけでもなく、今回もクラブフロアで税込RMB600中盤。まだまだ良心的な価格が維持されている。 CX364で香港から飛び、浦東でのイミグ...

コメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    >笑笑生さん
    初めまして。ご声援ありがとうございます!こっちにきて、非常に打たれ強くなったと実感していますが、まだまだタフにならなければ中国では生き抜いていけなそうです。頑張ります!