マカオで学ぶキリスト教 仁慈堂博物館と天主教芸術博物館

マカオって、かつてキリスト教布教活動の中心拠点だったこともあってキリスト教関連の記念館やら博物館が多いんですよね。自分自身はキリスト教徒ではないですが、せっかくなんでキリスト教にまつわる博物館を巡ってみることにしました。

仁慈堂博物館

先ずはセナド広場のすぐ横にあるコロニアル風の建物2階にあるこじんまりとした仁慈堂博物館へ。名前からしていかにもですよね。英語だともっといかにもで、Macau Holy House of Mercy Museum。ホーリーハウスの慈悲博物館。
IMG_1369
1569年にドンベルキオール・カーネイロ氏によって建てられた慈善福祉施設の2階を使って運営されているキリスト教がモチーフの博物館だそうです。確かにホーリー感ある建物です。

IMG_1484
正面口ではなく、横の小道に面したドアが入口。建物の規模にしてはえらい地味なエントランス。建物正面口はなんかの役所につながっていて、間違えて入ったらスーツを着用したビジネスマン風の方たちに冷たい目を浴びせられてしまいました。

ドアを開けるとカーネイロ主教の像がお出迎えしてくれます。
IMG_1485
初代マカオ司教でもあり、マカオ発展の立役者だそうです。

IMG_1487
館内ではこれでもか!ってくらいにジーザスが全面に押し出されています。

IMG_1493
スカートを捲って挑発している?

IMG_1496
右上のフィギュアは何か違う気がする。

IMG_1491
会議室の中央にはカーネイロ氏の巨大肖像画と頭蓋骨!!!こんなところで故人の頭蓋骨を拝むことになるとは…何かが吹っ飛んでます、この博物館。

IMG_1490
壁には歴代の司祭の方々の肖像画やら遺影(!?)やらが並んでいて、正直ホーンテッドマンションのような雰囲気で、ゆっくりと時間をかけてみて回りたいような博物館ではありません…

会議室の横からはバルコニーに出られます。
IMG_1488
オシャレ!

IMG_1489
バルコニーからはセナド広場が見下ろせて、一服するには丁度良いです。

う~ん、この博物館、バルコニーからの景色が一番楽しめたかな…

仁慈堂博物館
住所:中国マカオ仁慈堂右巷2号
電話:853-28562708
時間:10:00~13:00・14:00~17:30
料金:MOP 5.0

天主教芸術博物館

続いて、聖ポール天主堂跡裏にある天主教芸術博物館に向かいます。こちらはキリスト教美術の宝庫で、かつてペンニャ教会、聖ローレンス教会、聖ドミニコ教会、聖ヨセフ聖堂などに納められていた16~19世紀の美術品や、羅針盤座・聖骨箱聖杯・舟形香入れ・丸皿などの礼拝式用の銀製容器のコレクションが展示されています。

こちらが有名な聖パウロ天主堂跡。
IMG_1449
1582年にキリスト教普及活動の拠点として建てられたが、相次ぐ火災被害で大部分を焼失。その度に立て直しが図られたが、1835年の台風⇒火災被害に止めをさされ、現在はファサードのみが保存されているといういわくつきの建物です。

ファサード自体は建築当初、16世紀後半に建てられ、キリシタン禁令後に祖国日本を捨ててマカオまで宗教亡命(?)してきた日本人と現地の職人によって1620年代に複雑な彫刻作業がなされた。

聖ポール天主堂跡のファサードを抜け、更に直進して地下へとおります。
IMG_1440

天主教芸術博物館、別名を宝物室というみたいです。
IMG_1442

確かに宗教的にも歴史的にも価値の高い宗教美術の最高傑作品が展示されています。
IMG_1444
『動物に説教する聖フランシスコ』17世紀末の油絵作品。鳥に対してもアツくなる聖フランシスコ氏。何に対して説教をしているのか気になるところです。

IMG_1447
『清貧を受け入れ両親からの富を拒む聖フランシスコ』こちらも17世紀末の油絵作品。富に見向きもしない潔い聖フランシスコ氏に対し、皆さん『Why!?』と驚きを隠しきれません。

ひだり みぎ

博物館の反対側の部屋は地下納骨堂となっています。
IMG_1451
地下納骨堂は、1835年の大火災で崩壊した教会の旧跡地に建っていて、側壁のガラス製の聖遺物箱にはキリスト教の弾圧から逃れてきた日本人やベトナム人殉教者たちの遺骨が安置されています。

天主教芸術博物館
住所:聖ポール天主堂跡
電話:853-28562708
時間:09:00~18:00
料金:無料

Related posts(関連記事):

港珠澳大橋のバスを利用してみた 香港からマカオ・珠海へのアクセス向上?
時系列的にはぐっちゃぐちゃになっちゃいますが、ツイッターでお問い合わせを頂きましたので、先日つぶやいた港珠澳大橋に関するエントリーを先にアップさせて頂くことにします。 港珠澳大橋とは 港珠澳大橋とは、その名が示す通り、香港と珠海・澳門を結ぶ橋のこと。 中国共産党が主導するベイエリア(大湾区)経済圏構想の中の中核インフラプロジェクトとして、1,100億元(≒1兆7,000万円)もの工費と9年も...
ソフィテルマカオ@ポンテ16( Sofitel Macau at Ponte 16)クラブフロア宿泊記
この日は付き合いで弾丸マカオ旅行に駆り出されることに。日曜日午前中のフェリーでマカオに向かい、月曜日早朝06:15発のフェリーで香港に戻ってからのエクストリーム出社という強行日程でマカオ観光に挑む。 マカオへはターボジェット(噴射飛航)と呼ばれるフェリーで香港から55分。香港側のフェリー乗り場は香港国際空港に一箇所・市内に二箇所(九龍側の尖沙咀・香港島側の上環)の計三箇所あり、今回は最も便数...
マカオの魅力(マカオ関連記事は当ページ最下部から)
1999年に香港の影に隠れてひっそりと中国に返還されたマカオ。当時は世界の観光シーンの中でも『香港のオマケ』的な位置付けに甘んじていました。そんな香港の引立て役に転機が訪れたのが2001年。 カジノ産業への外資参入が認可され、マカオのカジノ業界は外資資本による空前の開発ブームに。マカオ中に大型カジノリゾートが乱立し、早くも2006年には収益額で本家ラスベガスを抜き、世界一のカジノタウンの称号を獲...
展示品充実 マカオ博物館
モンテの砦の頂きに位置するマカオ博物館では、マカオの歴史や文化が幅広い観点から紹介されています。 モンテの砦の頂上に位置しますが、麓からもエスカレーターで昇ってこれるようです。私は炎天下に徒歩で頂上まで上り詰めてからエスカレーターの存在を知りました。 15パタカを支払い入場すると、兵馬俑が厳つい顔でお出迎え。思わず引き返したくなるほどの威圧感。 『秦の始皇帝:兵馬俑』と書かれ...