マカオで学ぶキリスト教 仁慈堂博物館と天主教芸術博物館

マカオって、かつてキリスト教布教活動の中心拠点だったこともあってキリスト教関連の記念館やら博物館が多いんですよね。自分自身はキリスト教徒ではないですが、せっかくなんでキリスト教にまつわる博物館を巡ってみることにしました。

仁慈堂博物館

先ずはセナド広場のすぐ横にあるコロニアル風の建物2階にあるこじんまりとした仁慈堂博物館へ。名前からしていかにもですよね。英語だともっといかにもで、Macau Holy House of Mercy Museum。ホーリーハウスの慈悲博物館。
IMG_1369
1569年にドンベルキオール・カーネイロ氏によって建てられた慈善福祉施設の2階を使って運営されているキリスト教がモチーフの博物館だそうです。確かにホーリー感ある建物です。

IMG_1484
正面口ではなく、横の小道に面したドアが入口。建物の規模にしてはえらい地味なエントランス。建物正面口はなんかの役所につながっていて、間違えて入ったらスーツを着用したビジネスマン風の方たちに冷たい目を浴びせられてしまいました。

ドアを開けるとカーネイロ主教の像がお出迎えしてくれます。
IMG_1485
初代マカオ司教でもあり、マカオ発展の立役者だそうです。

IMG_1487
館内ではこれでもか!ってくらいにジーザスが全面に押し出されています。

IMG_1493
スカートを捲って挑発している?

IMG_1496
右上のフィギュアは何か違う気がする。

IMG_1491
会議室の中央にはカーネイロ氏の巨大肖像画と頭蓋骨!!!こんなところで故人の頭蓋骨を拝むことになるとは…何かが吹っ飛んでます、この博物館。

IMG_1490
壁には歴代の司祭の方々の肖像画やら遺影(!?)やらが並んでいて、正直ホーンテッドマンションのような雰囲気で、ゆっくりと時間をかけてみて回りたいような博物館ではありません…

会議室の横からはバルコニーに出られます。
IMG_1488
オシャレ!

IMG_1489
バルコニーからはセナド広場が見下ろせて、一服するには丁度良いです。

う~ん、この博物館、バルコニーからの景色が一番楽しめたかな…

仁慈堂博物館
住所:中国マカオ仁慈堂右巷2号
電話:853-28562708
時間:10:00~13:00・14:00~17:30
料金:MOP 5.0

天主教芸術博物館

続いて、聖ポール天主堂跡裏にある天主教芸術博物館に向かいます。こちらはキリスト教美術の宝庫で、かつてペンニャ教会、聖ローレンス教会、聖ドミニコ教会、聖ヨセフ聖堂などに納められていた16~19世紀の美術品や、羅針盤座・聖骨箱聖杯・舟形香入れ・丸皿などの礼拝式用の銀製容器のコレクションが展示されています。

こちらが有名な聖パウロ天主堂跡。
IMG_1449
1582年にキリスト教普及活動の拠点として建てられたが、相次ぐ火災被害で大部分を焼失。その度に立て直しが図られたが、1835年の台風⇒火災被害に止めをさされ、現在はファサードのみが保存されているといういわくつきの建物です。

ファサード自体は建築当初、16世紀後半に建てられ、キリシタン禁令後に祖国日本を捨ててマカオまで宗教亡命(?)してきた日本人と現地の職人によって1620年代に複雑な彫刻作業がなされた。

聖ポール天主堂跡のファサードを抜け、更に直進して地下へとおります。
IMG_1440

天主教芸術博物館、別名を宝物室というみたいです。
IMG_1442

確かに宗教的にも歴史的にも価値の高い宗教美術の最高傑作品が展示されています。
IMG_1444
『動物に説教する聖フランシスコ』17世紀末の油絵作品。鳥に対してもアツくなる聖フランシスコ氏。何に対して説教をしているのか気になるところです。

IMG_1447
『清貧を受け入れ両親からの富を拒む聖フランシスコ』こちらも17世紀末の油絵作品。富に見向きもしない潔い聖フランシスコ氏に対し、皆さん『Why!?』と驚きを隠しきれません。

ひだり みぎ

博物館の反対側の部屋は地下納骨堂となっています。
IMG_1451
地下納骨堂は、1835年の大火災で崩壊した教会の旧跡地に建っていて、側壁のガラス製の聖遺物箱にはキリスト教の弾圧から逃れてきた日本人やベトナム人殉教者たちの遺骨が安置されています。

天主教芸術博物館
住所:聖ポール天主堂跡
電話:853-28562708
時間:09:00~18:00
料金:無料

Related posts(関連記事):

意外に楽しめるマカオのドッグレース
行ってきました!澳門ドッグレース場!! ドッグレースとは、マカオの華やかなカジノの裏で小規模ながら続いてる老舗賭博の一つ。その名の通り、このレース場ではお犬様の走り具合が賭けの対象になります。 ここで活躍するお犬様たちは最速の犬種の一つとも称されるハウンドドッグの中でもエリート中のエリート。鍛え抜かれたお犬様たちのアツい走りが客を引き付けます。 第一レース開始は午後7時30分...
庶民の為の要塞跡・モンハの砦
さて、拱北イミグレを抜け、最初に目指す先はモンハの砦、アヘン戦争後に関係が悪化した清からの攻撃を恐れたポルトガル軍が海抜62メートルの望廈小山の山頂に築いた要塞です。1849年に建てられ、その後、1866年に修復工事が落成する。当地にはアフリカ植民地からの兵士が多く配員されていたことから、『黒鬼山』とも呼ばれていたそうです。当時の土着民はポルトガル統治に対してどう思っていたのでしょう。現在の日本の...
巨大カジノリゾートが立ち並ぶマカオのコタイを歩く
せっかくコタイのシェラトンマカオに来ているので、ホテル周辺の巨大リゾートホテル巡りでもしてみることに。 今でこそ大規模な超高級カジノリゾートが立ち並ぶコタイだが、ここは元々はタイパ島とコロアン島の間の穏やかな海だった。それが1980年代に入り、人口過密問題の解消策として宅地開発の為に埋め立てられた。これで人口密度の問題が解決されたと思いきや、どういうわけか当初の社会問題は忘却の彼方へと葬り去...
ミシュラン掲載店? マカオのポルトガル料理屋 アントニオ(安東尼奥)
元気ですかー!!?ということで、2019年ゴールデンウイーク初日の夜は、マカオのミシュランレストラン“アントニオ”でポルトガル料理を食べることに。2日後にはポルトガルに行くんですけどね、どうしても胃袋が待ちきれませんでしたw ということでアントニオへと移動。巨大カジノ施設が立ち並ぶコタイ地区の中でも、タイパビレッジと呼ばれるマカオ風情満点の下町へ。 タイパビレッジの細~い...