香港に続き、マカオも出入国スタンプが廃止に…

魅惑の都市マカオ…
先週末は累計40万元弱(約640万円)もの大金をマカオのカジノに“投資”したと痛々しい表情ながらも胸を張って語る広州在住30代のお客さんとカジノ遠征に行ってきたのですが、マカオに着いてびっくり、何と香港に続いてマカオの出入国スタンプの押印が廃止されたそうです。

*カジノへの遠征結果は後日アップ予定。

DSC_1888
2013年7月10日より、マカオに出入国する際にパスポートに押印していたスタンプと出入国カードによる管理体制を廃止したとのお触れ書きが至る所に張り出されています。

入国審査ではパスポートのみを提示。
DSC_1937
すると、パスポート番号や氏名、入国日、滞在期限などが書かれたQRコード付きの紙と一緒にパスポートが戻ってきます。(ポイっと投げ返されます)先に施行された香港での出入国手続き簡素化の流れを受けての措置であるが、マカオのイミグレは元々から香港と比べ物にならない程に早かった。よく言えばスムーズ、悪く言えば検査官がパスポートを全く見ていない。入国手続き一人の当たり1分もかかっていなかったのだが、今回は簡素化の効果か、何と30秒足らずで手続きが終わった。珠海ゴンベイのイミグレは年々混雑が醜くなる一方なので、これを機に中国側のイミグレもスピードアップを図ってほしい。

DSC_1938
入国管理カードの裏面。この紙はマカオ滞在中に入国日と滞在期限を証明する書面となりますので大切に保管する必要があると思いきや、別に無くしても出国できなくなる訳ではないみたいです。

今回の措置ではパスポートの査証蘭が節約できて助かる一方、旅の記念がまた一つ失われることを嘆く一般旅行者も数多いることだろう。近い将来には磁気記憶装置と指紋照合だけの出入国管理がデフォルトになるかもしれないが(割と本気でそう思う)、日本の自動化ゲートみたいに希望者にはスタンプを押してくれるようにしてもらいたいものだ。

*9月8日追記:出国時にイミグレでこの紙を渡さなくても問題無く出国できることを身を持って確認しました。

Related posts(関連記事):

巨大カジノリゾートが立ち並ぶマカオのコタイを歩く
せっかくコタイのシェラトンマカオに来ているので、ホテル周辺の巨大リゾートホテル巡りでもしてみることに。 今でこそ大規模な超高級カジノリゾートが立ち並ぶコタイだが、ここは元々はタイパ島とコロアン島の間の穏やかな海だった。それが1980年代に入り、人口過密問題の解消策として宅地開発の為に埋め立てられた。これで人口密度の問題が解決されたと思いきや、どういうわけか当初の社会問題は忘却の彼方へと葬り去...
マカオ観光地巡り
マカオ観光旅行1日目終了。天候的には湿気が高くジメジメとして不快でしたが、無事、計画通りに初日の観光地回りを終えてきました。歩き過ぎで足がパンパン!!腕と首裏が日焼けでヒリヒリ!!寝不足でウトウト。満身創痍で明日も一日頑張ります。 *各地の詳細情報は明日以降追って更新していきたいと思います。 ●戦利品 各博物館から持ち帰ったパンフレットの一部。読み物が大量過ぎてこれからの復習作業...
ソフィテルマカオ@ポンテ16( Sofitel Macau at Ponte 16)クラブフロア宿泊記
この日は付き合いで弾丸マカオ旅行に駆り出されることに。日曜日午前中のフェリーでマカオに向かい、月曜日早朝06:15発のフェリーで香港に戻ってからのエクストリーム出社という強行日程でマカオ観光に挑む。 マカオへはターボジェット(噴射飛航)と呼ばれるフェリーで香港から55分。香港側のフェリー乗り場は香港国際空港に一箇所・市内に二箇所(九龍側の尖沙咀・香港島側の上環)の計三箇所あり、今回は最も便数...
マカオで学ぶキリスト教 仁慈堂博物館と天主教芸術博物館
マカオって、かつてキリスト教布教活動の中心拠点だったこともあってキリスト教関連の記念館やら博物館が多いんですよね。自分自身はキリスト教徒ではないですが、せっかくなんでキリスト教にまつわる博物館を巡ってみることにしました。 仁慈堂博物館 先ずはセナド広場のすぐ横にあるコロニアル風の建物2階にあるこじんまりとした仁慈堂博物館へ。名前からしていかにもですよね。英語だともっといかにもで、Macau H...