香港に続き、マカオも出入国スタンプが廃止に…

魅惑の都市マカオ…
先週末は累計40万元弱(約640万円)もの大金をマカオのカジノに“投資”したと痛々しい表情ながらも胸を張って語る広州在住30代のお客さんとカジノ遠征に行ってきたのですが、マカオに着いてびっくり、何と香港に続いてマカオの出入国スタンプの押印が廃止されたそうです。

*カジノへの遠征結果は後日アップ予定。

DSC_1888
2013年7月10日より、マカオに出入国する際にパスポートに押印していたスタンプと出入国カードによる管理体制を廃止したとのお触れ書きが至る所に張り出されています。

入国審査ではパスポートのみを提示。
DSC_1937
すると、パスポート番号や氏名、入国日、滞在期限などが書かれたQRコード付きの紙と一緒にパスポートが戻ってきます。(ポイっと投げ返されます)先に施行された香港での出入国手続き簡素化の流れを受けての措置であるが、マカオのイミグレは元々から香港と比べ物にならない程に早かった。よく言えばスムーズ、悪く言えば検査官がパスポートを全く見ていない。入国手続き一人の当たり1分もかかっていなかったのだが、今回は簡素化の効果か、何と30秒足らずで手続きが終わった。珠海ゴンベイのイミグレは年々混雑が醜くなる一方なので、これを機に中国側のイミグレもスピードアップを図ってほしい。

DSC_1938
入国管理カードの裏面。この紙はマカオ滞在中に入国日と滞在期限を証明する書面となりますので大切に保管する必要があると思いきや、別に無くしても出国できなくなる訳ではないみたいです。

今回の措置ではパスポートの査証蘭が節約できて助かる一方、旅の記念がまた一つ失われることを嘆く一般旅行者も数多いることだろう。近い将来には磁気記憶装置と指紋照合だけの出入国管理がデフォルトになるかもしれないが(割と本気でそう思う)、日本の自動化ゲートみたいに希望者にはスタンプを押してくれるようにしてもらいたいものだ。

*9月8日追記:出国時にイミグレでこの紙を渡さなくても問題無く出国できることを身を持って確認しました。

Related posts(関連記事):

展示品充実 マカオ博物館
モンテの砦の頂きに位置するマカオ博物館では、マカオの歴史や文化が幅広い観点から紹介されています。 モンテの砦の頂上に位置しますが、麓からもエスカレーターで昇ってこれるようです。私は炎天下に徒歩で頂上まで上り詰めてからエスカレーターの存在を知りました。 15パタカを支払い入場すると、兵馬俑が厳つい顔でお出迎え。思わず引き返したくなるほどの威圧感。 『秦の始皇帝:兵馬俑』と書かれ...
マカオの水上スペクタクルショー 水舞間 ハウスオブダンシングウォーター
今更ですが、マカオ観光の定番ショー、ハウス・オブ・ダンシング・ウォーターを見てきました。 “サーカスでも、オペラでも、ミュージカルでもない全く新しいタイプのエンターテインメントショー”というような表現で紹介され始めたのが10年ほど前っすか。 初演から10年もの長きに渡って世界中からの観光客を魅了し続けてる、色々と規格外な水上スペクタクルショーっす。 20億香港ドル(250億円)の工費...
高所恐怖症にはちと怖い・マカオタワー
マカオ半島最南端の埋め立て地に2001年12月19日にオープンしたマカオタワー。 地上233mの地点にある展望台は、晴れて澄んだ日なら中国本土は勿論のこと、遠く55Km先の香港までも視界の先に捉えることができる絶景スポットだ。また、ギネス記録にもなっている世界最高地点(地上233メートル)からのバンジージャンプなどの刺激的なスカイアトラクションが楽しめるほか、レストランやカフェ、映画館や会議施設も...
マカオで学ぶキリスト教 仁慈堂博物館と天主教芸術博物館
マカオって、かつてキリスト教布教活動の中心拠点だったこともあってキリスト教関連の記念館やら博物館が多いんですよね。自分自身はキリスト教徒ではないですが、せっかくなんでキリスト教にまつわる博物館を巡ってみることにしました。 仁慈堂博物館 先ずはセナド広場のすぐ横にあるコロニアル風の建物2階にあるこじんまりとした仁慈堂博物館へ。名前からしていかにもですよね。英語だともっといかにもで、Macau H...