ジャカルタ北部のホテルとマンガドゥアモール

今回の滞在先はジャカルタ北部のマンガドゥアにあるLe grandeurというホテル。マンガ ドゥアはローカル色の強いショッピング街で、ホテル近辺もちょいとゴミゴミしていて下町感に溢れている。

●利点
①Mangga Dua Mallというショッピングモールに直結している。このモールは更にITC MANGGA DUAという道路を隔てた反対側のモールにも連結橋で繋がっており、買い物には至極便利。

IMG_0763
Mangga Dua Mall。その様子はまるで秋葉原。小規模個人経営系の家電、オーディオ、偽DVD屋が所狭しと立ち並んでいる。イメージガールみたいな美女がいたりするのもどこか秋葉原っぽい。

IMG_0765
ITC Mangga Dua。Mangga Dua Mallとは道を隔てた対面にある。行ってみると夕方6時にも関わらず殆ど店じまいをして驚くほどの閑散ぶり。

IMG_0777
↑朝は意外と早くからやっている。1階は鞄メイン、2階は眼鏡メイン。3階~6階は服メイン。常夏のジャカルタだが、ダウンジャケットなども売っていた。とにかく狭い通路が人で埋め尽くされている。

ひだり みぎ
1階では所狭しと鞄が置き売りにされていて、激安品の取り合い戦争のような状況を呈している。

卸売価格で安いため、ここで調達して他所に売りさばくという、せどり的なことをする商人も多数いるらしい。Tシャツとかは300~400円程度からと確かに安い。一方で、ポロシャツやカーディガンは1000円以上した。(外国人価格?)

IMG_0784
『コリアンデザインベリーグー』とシツコク進められたカットソーを約2000円で掴まされる。タグ表示は300 RMB(≒4000円)と書いてあるので中国向け輸出品が流れ着いてきたのであろうが、価格的には得をした。また、合わせてMontblancのパチ物ベルトを1000円で購入。中国よりは安いかな。美人に購入を迫られると断りきれない自分が情けない。

他に下着が足りなくなってしまったので男性用下着のお店も覗いてみたが、殆どがピッチピチのブーメランパンツばかり。インドネシア人の下着嗜好に衝撃を受ける。
IMG_0780
・Mangga duaには他にも近くにカルフールやMangga Dua Squareというモールがあり、『Jakarta’s Shopping Haven(ジャカルタのショッピング天国)』の名に偽りなし。

②ジャカルタのホテルには珍しくバスタブ付き!
出張で疲れた体を癒すにはバスタブが重要。

③部屋からの眺めが良い!
画像では伝わりきらずに残念だが、部屋から眺める大都会・ジャカルタの景色を満喫できる。
IMG_0770

●難点
①インターネットが有料である。殆ど出先にいてホテルにいる時間が少ない私は1時間単位でネット通信料を払っていたが、ロビーのレストランでドリンクを頼んでネットに繋げた方が安いので、メール送受信はロビーで行った。そう、私の財布の紐は硬いです。ちなみにwifiは24時間で130000(≒1300円)

②バスタブはあるがシャワーのヘッドは固定で水圧も弱し。

DSC_2146
部屋の様子。深夜00:30とチェックインが遅れたこともあり、ツインを予約したにも関わらずダブルしか空きが無いと言われた。

IMG_0768
ロビーは広々としていて快適。

一泊7000円程度ですのでコスパは非常に高いかと思います。

Related posts(関連記事):

インドネシア全土の定番土産物が揃うパサラヤデパート
土産の買い物ならここ!!というのがブロックMにある有名なパサラヤデパート。下層階は極一般的な庶民派モールですが、上階の3フロア位はひたすらインドネシア特産品が並ぶ一大土産物市となっています。量も種類も豊富なので、はっきり言ってインドネシア土産なんて何を買えば良いのか分からない!!!という方には最適な土産調達先である。 ブロックMバスターミナルから見える白く高い建物がパサラヤ百貨店だ。 ...
コタ駅~ファタヒラ広場
コタ駅に到着です。写真を取りながらだったので、ここまでホテルから1時間近くかかってしまった。やっぱりアジアの街歩きは面白い。ジャカルタとジャワ島各地とを結ぶ鉄道の始発点であるこのコタ駅は半円筒アーチ型の天井が特徴で、1870年に『南バタヴィア駅』としてオランダ人設計者によって建設されました。 狭~い門口に薄暗~い駅構内…ちょっと薄気味悪いですが入ってみます。 チケット売り場に...
ガルーダ航空国内線ビジネスクラス B737-800
定刻通りに搭乗開始となったジョグジャカルタ行きGA202。外は未だ真っ暗闇の中、ボーディングブリッジを通り機内へと進む。初のガルーダ・インドネシア航空だ。社名の「ガルーダ」は、言わずもがなインドネシアの国章でもあるヒンドゥー教の神鳥ガルーダに由来するもの。ヴィシュヌ神を乗せ、炎のように光を発しながら天空を駆け抜けたと言われている伝説の鳥・ガルーダだが、今日では神ではなく普通の一般客を運ぶ役割へと都...
深夜便 CX753でジャカルタへ
新年明けて間もない1月13日、インドネシアから一本の電話が入る。 この担当者様とは新年挨拶の電話で話したばっかりだが…嫌な予感。そして、嫌な予感は大体当たる。 「新年早々だが、新規プロジェクトで問題発生の兆し有り。関係各社も集合させるので、明日の午前中に来訪されたし。」来れますか?ではなく来なさい。質問ではなく強制。しかも問題解決するまで軟禁状態になりそうな雰囲気なので、予定していたシンガ...